--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.11.14

弔いの十月桜/08年、路傍にて109。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_11_13.JPG

本日は、北鎌倉のお馴染み円覚寺境内、松嶺院のジュウガツザクラ。
毎年紹介してきましたが、今年も約3ヶ月に渡り、記録してきました。


【ジュウガツザクラ】
十月桜。バラ科サクラ属。日本原産。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01jyugatu_08_9_27_3274.JPG
9月27日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02jyugatu_08_9_27_3276.JPG
9月27日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03jyugatu_08_9_27_3280.JPG
9月27日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04jyugatu_08_9_27_3282.JPG
9月27日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05jyugatu_08_10_13_0274.JPG
10月13日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06jyugatu_08_10_13__0278.JPG
10月13日撮影。



【ハナカイドウ】
花海棠。カイドウ(海棠)、スイシカイドウ(垂糸海棠)とも。バラ科リンゴ属。中国原産。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10jyugatu_08_11_8_2021.JPG
11月8日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
11jyugatu_08_11_8_2024.JPG
11月8日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
12jyugatu_08_11_8_2027.JPG
11月8日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
13jyugatu_08_11_8_2032.JPG
驚きです。ハナカイドウが早咲きしていました。11月8日撮影。



↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07jyugatu_08_11_130495.JPG

せっかくですので、今回は松嶺院について少し。

これは松嶺院に隣接する墓地から眺めた景色。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08jyugatu_08_11_8_2034.JPG
手前の松嶺院の塀の内側には、各種野草が植えられ、主に春と秋だけ一般者が入れます。
当ブログでも、ここで撮った花がたくさん登場しました♪
奥に観えるのが、円覚寺山門。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09jyugatu_08_11_8_2037.JPG
これが、松嶺院に隣接する高台にある墓地脇のジュウガツザクラ。11月8日撮影。

この周りには、往年のスター(※敬称略)佐田啓二、田中絹代。漫画家の清水崑。作家の開口健。オウム真理教(現・アーレフ)、サリン事件で被害に遭われた坂本弁護士一家の墓などがあります。

松嶺院は、有島武郎が、一ヶ月ここにこもり代表作「或る女」を執筆した場所としても有名。

因に昨年11月初旬。偶然、坂本弁護士一家の18回忌だったことがあり、1989年の事件当時、盛んにマスメディアに登場した坂本弁護士シンパの方々が墓参していたのを目撃したことがあります。

日本の文化に貢献された方々、不幸な被害に遭われた方。
僕はそんな著名人の象徴として、毎年このジュウガツザクラを眺めています。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04jyugatu_08_11_8_2040.JPG
11月8日撮影。











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/303-6eaa16e8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ジュウガツザクラ、花数が増えてきましたよね。
週末にでも、青空バックのジュウガツザクラの花が撮れたらいいと思っておりますが、天気はどんな具合になるやら。

野草が多く植えられている松嶺院の庭って、こんな風だったんだ。
以前ワレモコウのとき、塀の高さが気になっているとコメントしたとき、別写真を見せていただきましたよね。
なんとなく分かった気になっておりましたが、塀の外がこんなに高い石垣だったとは。
いえね、低い塀だと通行人が通りすがりに覗いて行くんじゃないかとね、そう思ってしまってました。
覗かれると興醒めでしょう?
この高さじゃね、有り得ませんね(笑)。
Posted by goro’s at 2008.11.14 04:00 | 編集
あ、もうユリカモメが飛来しているのですね。冬が近くなったと感じます。

弔いの十月桜 のタイトルにちょっとドッキリしたのですが、
記事を拝見して納得。そういうお気持ちで毎年この十月桜を見ていらっしゃるのですね。
私も今回は気持ちを改めて拝見しました。静かでしっとり咲く花のたたずまいが
手向けの花に見えてきました。花の少なくなる季節に、慰められるといいですね。

松嶺院へは行ったことがないのですが、高い石垣と巡らされた塀に、お城のような印象を
受けました。この塀沿いの野草がnoodlesさんにも、ブログを拝見する私たちにも
多くを与えてくれたのですね。感謝です。
Posted by ポージィ at 2008.11.14 11:51 | 編集
goro'sさん

>ジュウガツザクラ、花数が増えてきましたよね。
週末にでも、青空バックのジュウガツザクラの花が撮れたらいいと思っておりますが、天気はどんな具合になるやら。

週末、残念な天候でした。
曇天バックでしたが、フユザクラを撮ってきました。

>野草が多く植えられている松嶺院の庭って、こんな風だったんだ。
以前ワレモコウのとき、塀の高さが気になっているとコメントしたとき、別写真を見せていただきましたよね。
なんとなく分かった気になっておりましたが、塀の外がこんなに高い石垣だったとは。
いえね、低い塀だと通行人が通りすがりに覗いて行くんじゃないかとね、そう思ってしまってました。
覗かれると興醒めでしょう?
この高さじゃね、有り得ませんね(笑)。

そうなんです。
こんな具合なんです。
春など、塀の内側にびっしり様々な野草たちが咲きます。
墓を含め一周するのに、1時間はかかります(笑)。
Posted by noodles2 at 2008.11.18 11:40 | 編集
ポージィさん

>あ、もうユリカモメが飛来しているのですね。冬が近くなったと感じます。

このイメージカットのみ、鶴岡八幡宮の池です。
花もほとんどないので、カモメと鴨をひたすら撮影していました。。

>弔いの十月桜 のタイトルにちょっとドッキリしたのですが、
記事を拝見して納得。そういうお気持ちで毎年この十月桜を見ていらっしゃるのですね。
私も今回は気持ちを改めて拝見しました。静かでしっとり咲く花のたたずまいが
手向けの花に見えてきました。花の少なくなる季節に、慰められるといいですね。

この墓に眠る方々は、僕にとって遠いと置い存在の方ばかりですが、花を撮るようになって、思わぬ身近な存在になりました。

>松嶺院へは行ったことがないのですが、高い石垣と巡らされた塀に、お城のような印象を
受けました。この塀沿いの野草がnoodlesさんにも、ブログを拝見する私たちにも
多くを与えてくれたのですね。感謝です。

僕にとっても、ここで唯一の草花も多々あるんで、お世話になっている場所の一つです〜♪
Posted by noodles3 at 2008.11.18 11:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。