--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.11.07

お蔵入り救出作戦(1)/08年、路傍にて107。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_11_7.JPG
今回は画像倉庫の整理。



まずは、クマツヅラ科。
今年も2ヶ月弱。時間もないので、花木も混ぜちゃいました。

【ダンギク】
段菊。カリオプテリスとも。クマツヅラ科カリガネソウ属。日本、台湾、朝鮮、中国原産。

名前通り、何段にも重なって咲く様子が圧巻でした♪
初登場。9月27日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01dangiku_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02dangiku_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03dangiku_08_10_28.JPG


【クサギ】
臭木。クマツヅラ科クサギ属。日本原産。

すみません。とっくに花季は過ぎております……。
8月23日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04kusagi_08_11_7.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05kusagi_08_11_7.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06kusagi_08_11_7.JPG


【ランタナ】
ランタナ。クマツヅラ科ランタナ属。中南米、南欧原産。

これは8月初旬の撮影ですが、ほぼ一年中咲いています。
8月9日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07kobanoran_08_11_7.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08kobanoran_08_11_7.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09kobanoran_08_11_7.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10kobanoran_08_11_7.JPG


続いて、ヒユ科を2つ。

【センニチコウ】
千日紅。ヒユ科センニチコウ属。熱帯アメリカ原産。

これはまだ咲きはじめの初々しい頃。
9月1日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
12sennitikou_08_11_7.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
13sennitikou_08_11_7.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
14sennitikou_08_11_7.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
15sennitikou_08_11_7.JPG


【センニチコボウ】
千日小坊。ヒユ科 アルテルナンテラ属。南米原産。

センニチコウにボの字を入れただけのネーミングですが、花の様子、大きさはかなり違います。
9月27日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
16sennitikobou_08_11_7.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
17sennitikobou_08_11_7.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
18sennitikobou_08_11_7.JPG


ラスト。シソ科です。

【セキヤノアキチョウジ】
関屋の秋丁字。シソ科ヤマハッカ属。日本原産。

撮りにくい花ですが、楚々とした秋の美人さん。
10月13日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
19sekiyano_08_11_7.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
20sekiyano_08_11_7.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
21sekiyano_08_11_7.JPG


【ジャコウソウ】
麝香草。シソ科ジャコウソウ属。日本原産。

覚えていますか?
昨年、北鎌倉円覚寺境内(トップ・イメージ画像)で発見した不明花
22jyakousou_08_11_4.JPG
↑画像クリックで、正規サイズになります♪

あれは蕾ではなく、実だったことが判明。今年はタイミング良く花と実の両方がついていました♪
23jyakousou_08_11_4.JPG
↑画像クリックで、正規サイズになります♪

24jyakousou_08_11_4.JPG
↑画像クリックで、正規サイズになります♪

25jyakousou_08_11_4.JPG
↑画像クリックで、正規サイズになります♪

花冠が落ちた後、萼と4つに別れた子房が発達した実。
26jyakousou_08_11_4.JPG
↑画像クリックで、正規サイズになります♪

27jyakousou_08_11_4.JPG
↑画像クリックで、正規サイズになります♪

和名の由来は、茎や葉を揺するとほのかなジャコウ鹿の香りがすることから。
撮っているときは知らなかったのもありますが、とりあえず周囲に香りは漂ってはいませんでした。
とりあえず初登場。10月13日撮影。









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/301-bc2f939e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ダンギクって名前には聞き覚え(見覚え?)がありましたが、初めてみました。
キクと名乗ってはいても、クマツヅラ科なんだ。
その上、カリガネソウの仲間なんですね。
勢いのある、華やか花ですね。

クサギの青い実、スタンバイ中です(笑)。

あれれ、こちらのランタナは、「コバノ」が付かないほうですよ。
「コバノは」花色も限られていますし、実がまったく違います。
ご再考を。

センニチコウは、アップに耐える花ですよね。
肉眼だと小さな花が見えません~~

センニチコボウは、今年も縁がありませんでした。
セキヤノアキチョウジも然り。
キンポウゲ科のジロボウエンゴサクを思い出しちゃいました。
可愛いです。

ジャコウソウでしたか。
取り敢えず不明花がひとつ解決してよかったですね。
まったく憶えていませんでした(笑)。
へえ、そう、こんな花なんだ。
サルビアの仲間に通じるところがありますね。
Posted by goro’s at 2008.11.08 01:47 | 編集
これはこれは!お蔵入りのままにするには惜しい画像の数々。
たっぷり楽しませていただきました。

ダンギク、綺麗な紫ですね。でも、紛らわしいので名前にキクと
付けないで欲しかったなと思います。
 
クサギ、私もそのうちアップします(^^)
花期はとっくに終わっているとお思いでしょうけれど、どっこい、
一昨日見たのは萎びた青い実の横でまた咲いていましたよ。
ちょっぴりでしたけれど。

不明花、すっかり忘れていましたが名前が判明されて、おめでとうございます。
花は深みのある赤(臙脂)、そして面白い実、味のある植物ですね。
Posted by ポージィ at 2008.11.08 12:07 | 編集
ダンギクはピンクや白花もありますが、紫系が1番つよいですね。毎年増えて行きますが、背が伸びてだらしなくなってしまいます。

ランタナは実をつけてしまうと、次の花が中々咲かないのですよね。

センニチコウは縦に伸びますが、センニチコボウは横に広がりだらしない感じがします。ここ2年ぐらい、園芸種のセンニチコスズが出回っています。
白とピンクの混じった花ですが、意外と地味であまり人気がないです。

ジャコウソウは、花が地味ですが実は存在感がありますね

お蔵入りしてはかわいそうな写真ですね。
Posted by ロッキーママ at 2008.11.09 08:07 | 編集
goro'sさん

>ダンギクって名前には聞き覚え(見覚え?)がありましたが、初めてみました。
キクと名乗ってはいても、クマツヅラ科なんだ。
その上、カリガネソウの仲間なんですね。
勢いのある、華やか花ですね。

何にも知らないので、倉庫の分類分けをキク科にしてあって、危うくキク科シリーズで出すところでした(笑)。

>クサギの青い実、スタンバイ中です(笑)。

僕の撮ったクサギは、青い実を逃してしまいました。
期待してま〜す!

>あれれ、こちらのランタナは、「コバノ」が付かないほうですよ。
「コバノは」花色も限られていますし、実がまったく違います。
ご再考を。

ははは。しれっと修正しておきました(汗)。

>センニチコウは、アップに耐える花ですよね。
肉眼だと小さな花が見えません~~

あんまり真剣に撮ってなかったんですが。。
中目は常に咲いてるので、新鮮味がなくなっちゃって。。。

>センニチコボウは、今年も縁がありませんでした。
セキヤノアキチョウジも然り。
キンポウゲ科のジロボウエンゴサクを思い出しちゃいました。
可愛いです。

この2つは円覚寺でしか、僕もお目にかかれません。

>ジャコウソウでしたか。
取り敢えず不明花がひとつ解決してよかったですね。
まったく憶えていませんでした(笑)。
へえ、そう、こんな花なんだ。
サルビアの仲間に通じるところがありますね。

ええ〜っ?
覚えていてくれなかったんですか?(笑)
取りあえず、1年越しでつかえが落ちましたよ。。
Posted by noodles3 at 2008.11.10 20:02 | 編集
ポージィさん

>これはこれは!お蔵入りのままにするには惜しい画像の数々。
たっぷり楽しませていただきました。

そういっていただけると、アップし甲斐があります♪

>ダンギク、綺麗な紫ですね。でも、紛らわしいので名前にキクと
付けないで欲しかったなと思います。

ほんとですよ。
僕なんか、キク科と信じ込んでいて、危ういところでした(汗)。
よく見りゃ、わかるんですが。。。
 
>クサギ、私もそのうちアップします(^^)
花期はとっくに終わっているとお思いでしょうけれど、どっこい、
一昨日見たのは萎びた青い実の横でまた咲いていましたよ。
ちょっぴりでしたけれど。

そうでしたか!
う〜ん。青い実、まだ見つかるかな?

>不明花、すっかり忘れていましたが名前が判明されて、おめでとうございます。
花は深みのある赤(臙脂)、そして面白い実、味のある植物ですね。

ええ?
ポージィさんも忘れてた?
ひどいなあ(笑)。
なにはともあれ、一安心♪
Posted by noodles3 at 2008.11.10 20:07 | 編集
ロッキーママさん

>ダンギクはピンクや白花もありますが、紫系が1番つよいですね。毎年増えて行きますが、背が伸びてだらしなくなってしまいます。

ピンクや白花もあるのですか!
紫は強い印象ですが、ピンクや白だとまた雰囲気が違うでしょうね。

>ランタナは実をつけてしまうと、次の花が中々咲かないのですよね。

へえ。そうなんだ!勉強になります♪

センニチコウは縦に伸びますが、センニチコボウは横に広がりだらしない感じがします。ここ2年ぐらい、園芸種のセンニチコスズが出回っています。
白とピンクの混じった花ですが、意外と地味であまり人気がないです。

園芸の世界では、色々なはやり廃りがあるんでしょうね。
僕にとってもセンニチコボウは、センニチコウに比べ、もの足りない花です。

>ジャコウソウは、花が地味ですが実は存在感がありますね

昨年はいきなり実に出会ったので、今年は胸のつかえが落ちました!

>お蔵入りしてはかわいそうな写真ですね。

ありがとうございます。
Posted by noodles3 at 2008.11.10 20:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。