--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.10.29

キク科1/08年、路傍にて104。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_10_28.JPG
さて、コセンダングサと蝶。
そうです。いよいよ秋のキク科に突入です。



【シオン】
紫苑。キク科シオン属。中国原産。

2メートル近くありました。実は、初登場です。
9月27日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01sion_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02sion_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03sion_08_10_28.JPG


【アキノノゲシ】
秋の野芥子。ウサギグサ(兎草)、チチクサ(乳草)、ケシ(芥子)とも、キク科アキノノゲシ属。ヨーロッパ原産。

こんなに盛大な個体は初めてです。これが本来の姿ですね♪
10月4日〜20日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05akinonogesi_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06akinonogesi_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07akinonogesi_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08akinonogesi_08_10_28.JPG


【ブタクサ】
豚草。キク科ブタクサ属。北米原産。

所用の折り箱根仙石原にて。そこら中ブタクサだらけでした。
でも、とうとう雌花を発見できませんでした……。
初登場。8月20日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09butakusa_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10butakusa_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
27fujimaru_08_10_28.JPG.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
11butakusa_08_10_28.jpg


【シュウメイギク】
秋明菊。キセンギク(貴船菊)、キブネギク(貴船菊)とも。キンポウゲ科アネモネ属。日本、中国原産。

秋明菊は、絵になるので見かけるたびに撮っていました。
お寺の境内に、ピタッとはまります♪
8月31日〜10月13日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
12shumei_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
13shumei_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
14shumei_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
15shumei_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
16shumei_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
17shumei_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
18shumei_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
19shumei_08_10_28.JPG


【アメリカセンダングサ】
亜米利加栴檀草。キク科センダングサ属。北米原産。

花の周囲に、細い葉がつくのが亜米利加さんです。
10月4日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
20amesen_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
21amesen_08_10_28.JPG

【コセンダングサ】
小栴檀草。キク科センダングサ属。北米原産。

亜米利加がつかなくても、北米原産。
全体像を比べると、少し印象が違いますかね?
10月4日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
22kosendan_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
23kosendan_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
24kosendan_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
25kosendan_08_10_28.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
26kosendan_08_10_28.JPG










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/298-1dd8da48
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
年中何かしらの花が咲いているキク科ですが、やっぱり秋はキク科の本舞台ですね。

大きなシオン、ここ2年ほど見ていないんですよ。
例の公園のシオンは、1mほどしかありませんのでね。
花付きといい、立派なシオンに出会いましたね。

アキノノゲシも立派だこと。
次世代もたくさん旅立っちゃいますね~~

ブタクサの雌花、残念でしたね。
少し遅れて出現するようですよ。

富士丸登場~~
こちらでは初お目見えですよね。
富士丸はブタクサの花粉、大丈夫でしたか?

センダングサのお仲間さんたちも、元気に伸びていますね。
アメリカさんには、なかなかお目にかかれません。
気付いていないだけかもしれないけど(笑)。
Posted by goro’s at 2008.10.30 00:57 | 編集
シュウメイギクはうちも今咲いていますが、1輪、2輪だと風情があっていいのですが、一斉に咲き出すと品が無い
感じがしてしまいます。

コセンダングサの花をアップで見たのは初めてですが、花の中に花があるのですね。不思議です。

ブタグサは、体調が悪い時は目が痒くなるので近くには行きたくないでが、散歩コースにたくさんあります。

アキノノゲシは、花よりタネのフワフワ感が秋を感じます
来年はどこで咲くのでしょう。

Posted by ロッキーママ at 2008.10.30 07:05 | 編集
おや!間に何気に富士丸君と穴澤さんが。時々覗きにいって楽しんでます。

うちの近辺では、シオンってありそうでいてあまりないという花です。
実際、遠目に1ヶ所くらいでしか見ていません。あれ?それってどこだったかしら?
同様にアキノノゲシも、ありそうで滅多にありません。ハルノノゲシはうじゃうじゃあるのに。
アキノノゲシも株はかなり大きくなりますが、花の感じが優しげなので好きです。

シュウメイギク、いぱいですね。こんなにたくさん咲き乱れている様子には
会ったことがありません。青くシルエットになっているお写真に、青い月の光を
思い出しました。幻想的ですね。

箱根はブタクサだらけだったのですか?花粉症のヒトには辛いですね。
うちの近所では最後に登場のコセンダングサが猛威を振るっていますよ。
昨年、増えたなぁと感じていたら今年はさらに…。ひっつき虫にならなければ
なんとも思わないのですが。昨日もクックがいつの間にか落ちた種を踏んづけて
いたようで、足の飾り毛に10本くらいつけてました 涙
そのコセンダングサたち、時折り白い舌状花を付けていいるのを見かけます。
Posted by ポージィ at 2008.10.30 11:17 | 編集
goro'sさん

>年中何かしらの花が咲いているキク科ですが、やっぱり秋はキク科の本舞台ですね。

ですね。これからまた頭が痛みますね。。

>大きなシオン、ここ2年ほど見ていないんですよ。
例の公園のシオンは、1mほどしかありませんのでね。
花付きといい、立派なシオンに出会いましたね。

鎌倉の寺には、あちらこちらで眼にします。
2メートル以上のもありますよ。

>アキノノゲシも立派だこと。
次世代もたくさん旅立っちゃいますね~~

ほんとは最初のカットのが一番凄かったんですが、満開は逃してしまいました(悔)。。

>ブタクサの雌花、残念でしたね。
少し遅れて出現するようですよ。

来年こそ、ルーペでがん見して探します(笑)

>富士丸登場~~
こちらでは初お目見えですよね。
富士丸はブタクサの花粉、大丈夫でしたか?

まだ、咲き始めでしたから花粉もなかったです。
初の出逢いがロケだったんで、僕の中では一生「富士丸×ブタクサ」です(笑)。

>センダングサのお仲間さんたちも、元気に伸びていますね。
アメリカさんには、なかなかお目にかかれません。
気付いていないだけかもしれないけど(笑)。

たしかに亜米利加さんは少ないですね。
葉のギザギザ具合も違うようです。
Posted by noodles3 at 2008.10.31 20:35 | 編集
ロッキーママさん

>シュウメイギクはうちも今咲いていますが、1輪、2輪だと風情があっていいのですが、一斉に咲き出すと品が無い
感じがしてしまいます。

昨年までは僕も同感でした。
今年はずいぶん群生を見る機会がありまして。
それなりに撮ってみました〜。

>コセンダングサの花をアップで見たのは初めてですが、花の中に花があるのですね。不思議です。

百日草なんかも近い咲き方ですね。
接写向きです(笑)。

>ブタグサは、体調が悪い時は目が痒くなるので近くには行きたくないでが、散歩コースにたくさんあります。

僕の周りでは、山に入らないとないです。
このときは咲き始めだったんで花粉がまだありませんでしたが、後日別な場所で見て、びっくりしました!

>アキノノゲシは、花よりタネのフワフワ感が秋を感じます
来年はどこで咲くのでしょう。

アキノノゲシなら増殖大歓迎ですよね?
セイタカアワダチソウよりは可愛いかな?
Posted by noodles3 at 2008.10.31 20:40 | 編集
ポージィさん

>おや!間に何気に富士丸君と穴澤さんが。時々覗きにいって楽しんでます。

仙石原のロケにつき合ったときのです。
ブタクサとシシウドだらけでした。
後方で輝いているのが、まだ青いススキです。

>うちの近辺では、シオンってありそうでいてあまりないという花です。
実際、遠目に1ヶ所くらいでしか見ていません。あれ?それってどこだったかしら?
同様にアキノノゲシも、ありそうで滅多にありません。ハルノノゲシはうじゃうじゃあるのに。
アキノノゲシも株はかなり大きくなりますが、花の感じが優しげなので好きです。

僕の周りでは、アキノノゲシが確実に増えつつあります。
群生するとどんな感じなんでしょうね?

>シュウメイギク、いぱいですね。こんなにたくさん咲き乱れている様子には
会ったことがありません。青くシルエットになっているお写真に、青い月の光を
思い出しました。幻想的ですね。

集合カットも、それなりに見応えありますでしょう?
1〜2輪の風情のあるカットを撮る機会がありませんでした。

>箱根はブタクサだらけだったのですか?花粉症のヒトには辛いですね。
うちの近所では最後に登場のコセンダングサが猛威を振るっていますよ。
昨年、増えたなぁと感じていたら今年はさらに…。ひっつき虫にならなければ
なんとも思わないのですが。昨日もクックがいつの間にか落ちた種を踏んづけて
いたようで、足の飾り毛に10本くらいつけてました 涙
そのコセンダングサたち、時折り白い舌状花を付けていいるのを見かけます。

ああ、クックの毛にはしつこく絡みそうですね!
花探し3年目も終盤ですが、雑草の勢力図は刻々と変わりますよね。
来年はどうなるか、楽しみです。
終りがないです。。。
Posted by noodles3 at 2008.10.31 20:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。