--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.10.23

タデ科4/08年、路傍にて101。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_10_23.JPG
この風景は、一年中通う田谷町の田畑。
土がむき出しの場所には、葉もの野菜が栽培されます。その向こうの田んぼ脇にはヒガンバナ。
春にはオオイヌノフグリ、ゲンゲ他にはじまり、ほんとうにお世話になっている場所。因に本日はタデ科弟4段タデ属。イタドリはこの水田脇で撮影したものです。



【アイ】
藍。アイタデ(藍蓼)、タデアイ(蓼藍)とも。タデ科タデ属。中国原産。

花も可愛らしいですが、葉もキュート。
古くは平安時代から、藍を発酵させて染料としたのが藍染め。
10月13日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01aitade_08_10_23.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02aitade_08_10_23.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03aitade_08_10_23.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04aitade_08_10_23.JPG


【イタドリ】
虎杖。痛取、スカンポ、ダンジ とも。タデ科タデ属。日本、朝鮮、中国原産。

9月15日〜10月4日撮影。
まずは、雄花から。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05itadori_08_10_23.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06itadori_08_10_23.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07itadori_08_10_23.JPG

ここからは、雌花。この場所では雄花より少し遅れて開花しました。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08itadori_08_10_23.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09itadori_08_10_23.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10itadori_08_10_23.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
11itadori_08_10_23.JPG

種子化してきました。
12itadori_08_10_23.JPG
↑画像クリックで、正規サイズになります♪

これは、ベニイタドリ♪
斜めに突き出している蔓は、アレチウリのもの。
14itadori_08_10_23.JPG
↑画像クリックで、正規サイズになります♪


【ボントクタデ】
ボントク蓼。タデ科タデ属。北アメリカ原産。

和名は、ポンツク(愚鈍者)から。辛味がないのでホンタデと比較し、役立たずってわけです。類似種のヤナギタデとの判別は、葉の班。
役立たずというには失礼な美しさがあります。
9月23日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
15pontoku_08_10_22.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
16pontoku_08_10_22.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
17pontoku_08_10_22.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
18pontoku_08_10_22.JPG










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/295-6eeee253
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
アイの花にも、お目にかかったことありません。
花も可愛いですけど、確かに葉っぱがチャーミングですね。
これがあの藍染めの原料とはね。
誰が、いつ、どんなきっかけ発見したんでしょうね?

イタドリ、雌花は同定できる気がするんだけど、雄花は未だ自信がありません。
こちらの写真だと、違いがはっきりわかりますね。

マイ花マップのボントクタデ、足元がグジュグジュで、撮影に難儀しました。
花もひとつも咲いていないし…
再撮予定ではおりますが、葉っぱは紅葉し始めていたしな、大丈夫でしょうかね。
ラストカットのような美しい姿は、きっと撮れないだろうな。
Posted by goro’s at 2008.10.24 04:12 | 編集
開けた田園風景の場所へ出ると、まずスーッと深呼吸したくなりませんか?
いろんな植物や昆虫といった自然が豊かな田畑には、草1本生えていない
畑より心が和むのですが、そんなこといったら怒る人もいるでしょうね…

藍もタデ科だったんですね。会ったこともなく調べたこともありませんでした。
そうですか、こんなに可愛らしい花が咲くのですね。さすがタデ科。
濃いピンクが綺麗で、この花からも何か染色が出来そうな気がしてしまいます。
葉っぱも丸っこくて可愛いですね。

ボントクタデは会ったことがあるやらないやらも分かりません~ あるのかな?(^^;)

Posted by ポージィ at 2008.10.24 12:07 | 編集
goro'sさん

>アイの花にも、お目にかかったことありません。
花も可愛いですけど、確かに葉っぱがチャーミングですね。
これがあの藍染めの原料とはね。
誰が、いつ、どんなきっかけ発見したんでしょうね?

日本に入る以前、既に中国で藍染めはあったようですね。
葉っぱがいいでしょう?!

>イタドリ、雌花は同定できる気がするんだけど、雄花は未だ自信がありません。
こちらの写真だと、違いがはっきりわかりますね。

毎年、そういうコメントいただいている気がして、今年も気合いを入れて撮りました(笑)。
僕の環境だと、むしろ雄花の方が多いんですけどねえ。
やっぱ、ゴローさんもルーペですよ!(笑)

>マイ花マップのボントクタデ、足元がグジュグジュで、撮影に難儀しました。
花もひとつも咲いていないし…
再撮予定ではおりますが、葉っぱは紅葉し始めていたしな、大丈夫でしょうかね。
ラストカットのような美しい姿は、きっと撮れないだろうな。

これはチャリで苦労して出かけた日。
ミゾソバと同じ日です。タイミングが良かったですね♪
Posted by noodles3 at 2008.10.28 16:25 | 編集
ポージィさん

>開けた田園風景の場所へ出ると、まずスーッと深呼吸したくなりませんか?
いろんな植物や昆虫といった自然が豊かな田畑には、草1本生えていない
畑より心が和むのですが、そんなこといったら怒る人もいるでしょうね…

この水田は合鴨農法を試みているようです。
深呼吸。
ぼくの場合、そんなゆとりはないんです(汗)。
この一帯を牛歩で、眼をさらにして数時間かけて歩き回ってます(汗)。

>藍もタデ科だったんですね。会ったこともなく調べたこともありませんでした。
そうですか、こんなに可愛らしい花が咲くのですね。さすがタデ科。
濃いピンクが綺麗で、この花からも何か染色が出来そうな気がしてしまいます。
葉っぱも丸っこくて可愛いですね。

花も使うという記述を見た気もします。
調度、花も開いていてラッキーでした♪

>ボントクタデは会ったことがあるやらないやらも分かりません~ あるのかな?(^^;)

ほんとは、ヤナギタデ?ホンタデ?に出逢いたいです。
そして、採取してきて自家製タデ酢を作るのが、夢です〜。。
Posted by noodles3 at 2008.10.28 16:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。