--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.10.06

イネ科の秋♪/08年、路傍にて93。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_10_6.JPG

すっかり秋です。
イネ科の植物は花そのものよりも、風景の一部として捉えると、何故か豊潤という言葉が浮かんできませんか?

それにしても、花画像のストックも潤い過ぎ。
今年中に完結できるのか? 「08年、路傍にて」シリーズ……。

【ススキ】
薄。オバナ(尾花)、カヤ(萱)とも。イネ科ススキ属。日本、東アジア原産。
今年は粘って色々な表情を撮ってみました。風流♪
9月23日〜10月4日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01susuki_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02susuki_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03susuki_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04susuki_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05susuki_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06susuki_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07susuki_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08susuki_08_10_6.JPG


【タカノハススキ】
鷹の羽薄。ヤハズススキ(矢筈薄)、トラフススキ(虎斑薄)とも。イネ科ススキ属。日本、東アジア原産。
ススキの園芸品種。
初登場。7月31日〜8月18日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09takanosusuki_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10takanosusuki_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
11takanosusuki_08_10_6.JPG


【パンパスグラス】
シロガネヨシ(白銀葭)とも。イネ科シロガネヨシ属。南アメリカ原産。
色のついたものは、初登場ムラサキシロガネヨシ(紫白金葭)という品種。
8月18日〜9月15日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
12panpa_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
13panpa_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
14panpa_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
15panpa_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
16panpa_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
17panpa_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
18panpa_08_10_6.JPG


【チカラシバ】
力芝。イネ科チカラシバ属。日本、東南アジア原産。
9月23日〜10月4日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
19tikarasiba_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
20tikarasiba_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
21tikarasiba_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
22tikarasiba_08_10_6.JPG


【ヨシ】
蘆、葦、芦とも。イネ科ヨシ属。北半球各地原産。
群生はススキに劣らず、風流♪
10月4日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
23yosi_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
24yosi_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
25yosi_08_10_6.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
26yosi_08_10_6.JPG










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/287-457c9005
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
イネ科の植物たちには出来るだけ近寄らないようにしておりますが、今回紹介してくれたものたちはわかります(笑)。

水辺のススキの群生も、風流ですな~~
枯れたススキは、ススキの簪~~♪です。
タカノハススキの斑、バッチシですね。
斑が入ったことで、なんだかとても上品になります。

パンパスグラスの赤花、ムラサキシロガネヨシですか、なかなかいいですね。
白花と混植されていると、余計素敵に見えます。
迫力が感じられます。

ヨシも大群落ですね。
普通にヨシが生える環境であって欲しいものです。
Posted by goro’s at 2008.10.07 01:49 | 編集
どれもこれも見ごたえたっぷり、秋の情緒もたっぷりの皆さんですね。
澄んだ青空バックに風に穂をなびかせてる様子好きです。
悟郎さんが仰ってるように、水辺ともよく合いますね。
パンパスグラスに赤花もあるとは初めて知りました。
へぇ~ 個人的な好みは白のほうですが、白とはひと味違う魅力ですね。
これだけたくさん群生していると見事です。脳裏には広々とした草原の
イメージが広がります。

>今年中に完結できるのか? 「08年、路傍にて」シリーズ……。
昨年末は、花が無いと、100まで行くかどうかを心配していらしたと
思いましたが、今年は反対ですね(^^)
Posted by ポージィ at 2008.10.07 11:13 | 編集
goro'sさん

>イネ科の植物たちには出来るだけ近寄らないようにしておりますが、今回紹介してくれたものたちはわかります(笑)。

知ってます(笑)。

>水辺のススキの群生も、風流ですな~~
枯れたススキは、ススキの簪~~♪です。
タカノハススキの斑、バッチシですね。
斑が入ったことで、なんだかとても上品になります。

ススキはどこにもありますから、日本で育った者の原風景ですね。
イネ科は風景のための植物だとさえ、思います。
接写しても、意味ないですもんね。

そうか!
枯れたススキの頃、風呂上がりに熱燗なのか!!
今更、詞の意味を理解しました(笑)。
中坊のころから、当たりまえのように歌ってましたが、当時は理解してないまま、ロックへ走ったからなあ(笑)。

>パンパスグラスの赤花、ムラサキシロガネヨシですか、なかなかいいですね。
白花と混植されていると、余計素敵に見えます。
迫力が感じられます。

白のは中目、混食は大船植物園です。
大船にも昨年までは、なかったです。無論直植えですが、白だけで貧弱でしたが、今年は混成でいきなり豪華になっていました。
そこいらへんが、植物園のマジックでしょうか。。

>ヨシも大群落ですね。
普通にヨシが生える環境であって欲しいものです。

はい!
久々に柏尾川に行ってきました。
治水工事で入れなかったものですから。
おかげさまで、またまたストックが増えました〜。。

アレチウリだらけだったところが、ヨシの群落となっていました。
Posted by noodles3 at 2008.10.07 23:37 | 編集
ポージィさん

>どれもこれも見ごたえたっぷり、秋の情緒もたっぷりの皆さんですね。
澄んだ青空バックに風に穂をなびかせてる様子好きです。
悟郎さんが仰ってるように、水辺ともよく合いますね。

ありがとうございます。
我が柏尾川の治水工事も一段落のようで、週末早朝から川沿いを歩き、大船でUターンしてきました。
久しぶりの柏尾川は、アレチウリが減少し、ススキも押さえられて、ヨシが生き生きしておりました。
花を追いかけて気がつきましたが、風景は刻々と変化しますね。

パンパスグラスに赤花もあるとは初めて知りました。
へぇ~ 個人的な好みは白のほうですが、白とはひと味違う魅力ですね。
これだけたくさん群生していると見事です。脳裏には広々とした草原の
イメージが広がります。

検索したら意外にポピュラーな存在でした。
とあるHPでは、ムラサキ〜の方のみ掲載で、パンパスグラスとしていたぐらいです。
ごめんなさい、白赤群生は。大船植物園でした(笑)。

>>今年中に完結できるのか? 「08年、路傍にて」シリーズ……。
昨年末は、花が無いと、100まで行くかどうかを心配していらしたと
思いましたが、今年は反対ですね(^^)

今回で既に93回ですから、今年は余裕ですね♪
ひとえにゴローさんから、中目の公園を教えていただいた賜物です。
おかげで張り合いがうまれますし、競うように通ったり、goro'sで同定したり、情報交換したり、非常に楽しい状態が続いております〜♪

ってか!
いやいや、百何回でもいいんでdすが、今年撮った分を年内に消化できるのか? ってのが目下のストレスです〜。。。
Posted by noodles3 at 2008.10.07 23:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。