--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.09.05

08年、路傍にて84。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00hamayu_08_9_5.JPG

本日は、ヒガンバナ科です。
ごゆっくりどうぞ♪

【ハマユウ】
浜木綿、ハマオモト(浜万年青)とも。 ヒガンバナ科ハマオモト属。日本、中国、マレーシア、インド原産。
最初に撮ったのは6月末。満を持しての披露♪
6月31日〜7月22日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01hamayu_08_9_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02hamayu_08_9_5.JPG


【ナツズイセン】
夏水仙。ヒガンバナ科ヒガンバナ属。日本原産。
今年は出逢いも多く、クソ暑い日々の中、ずいぶん涼をもらいました♪
8月9日〜31日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03natuzuisen_08_9_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04natuzuisen_08_9_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05natuzuisen_08_9_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06natuzuisen_08_9_5.JPG


【キツネノカミソリ】
狐の剃刀。ヒガンバナ科ヒガンバナ属。日本、朝鮮原産。
ちょっと、状態が良くなかったです……。
8月23日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07kitune_08_9_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08kitune_08_9_5.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09kitune_08_9_5.jpg


【タマスダレ】
玉簾。ゼフィランサス、カンジダ、レインリリーとも。ヒガンバナ科ゼフィランサス属。南アメリカ原産。
いま正に旬。改めてこの花の美しさを噛みしめているところでございます♪
8月31日〜9月1日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10tamasudare_08_9_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
11tamasudare_08_9_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
12tamasudare_08_9_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
13tamasudare_08_9_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
14tamasudare_08_9_5.jpg


【サフランモドキ】
カリナタとも。ヒガンバナ科ゼフィランサス属。西インド諸島、メキシコの原産。
8月31日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
15safumodo_08_9_5.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
16safumodo_08_9_5.jpg


最後に9月1日撮影のヒガンバナ?
まさか!
中目黒での撮影ですが、いくらなんでも早過ぎ。
フリルっぽい花弁の細さや、枝の途中で分岐して花がついてる様子を見ると、リコリス(ヒガンバナ科ヒガンバナ属の総称)の園芸種でしょうね。
それこそ紫陽花なみに、個人レベルの改良品種が無数にあって、とても同定できるような世界ではありません……。
こちらの記事も是非ご覧下さい
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
17higanbana_08_9_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
18higanbana_08_9_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
19higanbana_08_9_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
20higanbana_08_9_5.JPG









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/277-c8fe2eec
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
トップ画像のハマユウ、水滴がかかってなんとも涼しげです。
私は咲き始めのものをちらっと見たきり、今年は出会えませんでした。

ナツズイセンは、何株かが纏められているのがいいですね。
一株だけだと、なんだか物足りないんですよ。

キツネノカミソリは、確かにあまり状態がよくありませんね。
カミソリなのに、シャープさがイマイチ(笑)。
もっともカミソリの名前は、葉っぱの形からきているんでした(笑)。
私は、完全に花時期を外してしまいました。

そうそう、タマスダレたち、只今が見ごろですね。
2枚目の下からあおって撮ったショットが、最高です。
そんなに丈があるほうでもないのに、よくここまで潜れましたね~~

このヒガンバナ?はね…
私が撮ったのは31日の午後5時20分頃ですが、僅か10数時間後には、こんな花姿になってたんですね。
2本目はまだ開花していませんでしたよ。
これを見ると、ヒガンバナそのものなんだけどな。
それにしてもリコリスの仲間で茎の途中から枝分かれしているのは、かなり珍しいでしょうね。
Posted by goro’s at 2008.09.06 02:08 | 編集
ハマユウだ! 子どもの頃は毎年見ていた花なのに
この頃では滅多に見かけないので、こうして見せていただくと
懐かしさでいっぱいになります。花後にできた大きな実を
土に埋めておいたらちゃんと芽が出て咲いた、なんて思い出もありますし。

あ、悟郎さんが撮られたのと同じヒガンバナ(リコリス)なんですね。
咲く時期も分枝も不思議。来年どうなるかが今から楽しみです。
 
キツネノカミソリは、会ったことのない花です。
うちの近所の狭い範囲では見かけません~。
Posted by ポージィ at 2008.09.06 12:35 | 編集
goro'sさん

>トップ画像のハマユウ、水滴がかかってなんとも涼しげです。
私は咲き始めのものをちらっと見たきり、今年は出会えませんでした。

今年も西○山公園の滝(人口)のハマユウです。
毎年、滝に打たれたくなりながら、撮ります(笑)。

>ナツズイセンは、何株かが纏められているのがいいですね。
一株だけだと、なんだか物足りないんですよ。

ナツズイセンって、いわれてみればまとまって咲いているのって少ないですよね。紹介してる中に「こんなところに!」って感じで、青空駐車場の脇に咲いていたのもありました。
これなら、どんどん増えても嬉しい花ですね♪

>キツネノカミソリは、確かにあまり状態がよくありませんね。
カミソリなのに、シャープさがイマイチ(笑)。
もっともカミソリの名前は、葉っぱの形からきているんでした(笑)。
私は、完全に花時期を外してしまいました。

自然保護区内の唯一のキツネノカミソリです。
キツネがでそうな(笑)。

>そうそう、タマスダレたち、只今が見ごろですね。
2枚目の下からあおって撮ったショットが、最高です。
そんなに丈があるほうでもないのに、よくここまで潜れましたね~~

ありがとうございます。
お得意の、カメラ地面置きショットです〜(笑)。

>このヒガンバナ?はね…
私が撮ったのは31日の午後5時20分頃ですが、僅か10数時間後には、こんな花姿になってたんですね。
2本目はまだ開花していませんでしたよ。
これを見ると、ヒガンバナそのものなんだけどな。
それにしてもリコリスの仲間で茎の途中から枝分かれしているのは、かなり珍しいでしょうね。

でしょう!
この状態だと、ヒガンバナ?って思うよね?
でも、分岐がひっかりましたよ、僕も。
先ほど、また行ってきましたが、跡形もないほど枯れていました。
Posted by noodles3 at 2008.09.09 13:35 | 編集
ポージィさん

>ハマユウだ! 子どもの頃は毎年見ていた花なのに
この頃では滅多に見かけないので、こうして見せていただくと
懐かしさでいっぱいになります。花後にできた大きな実を
土に埋めておいたらちゃんと芽が出て咲いた、なんて思い出もありますし。

繁殖力は旺盛なんでしょうね。
先日、仕事で沼津港に行ったのですが、普通に咲いていて(あたりまえですが)、あまりありがたみを感じませんでした(笑)。

>あ、悟郎さんが撮られたのと同じヒガンバナ(リコリス)なんですね。
咲く時期も分枝も不思議。来年どうなるかが今から楽しみです。

これは、ゴローさんが日曜撮影、僕が翌日撮影だったんです。
で、その木曜にgoro'sで2人で話し合ったんです。
やはり分岐が不思議です。
変種なんだと思いますが。
今日、午前中にまた見てきましたが、やはりこの株だけで既に枯れ果てておりました。。。
 
>キツネノカミソリは、会ったことのない花です。
うちの近所の狭い範囲では見かけません~。

いつもの栄区の某自然保護区内です。
僕も今のところ、ここでのものしか確認しておりません。
Posted by noodles3 at 2008.09.09 13:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。