--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.09.03

08年、路傍にて83。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_9_3.JPG

相変わらずの酷暑。湿度がたまらん……。
本日は汗だくで撮り貯めてきた、ユリ科を撮影順にまとめて披露します。


【ヤマユリ】
山百合、ヨシノユリ(吉野百合)、エイザンユリ(叡山百合)、ホウライジユリ(鳳来寺百合)とも。ユリ科ユリ属。日本原産。
とにかくでかい! これも倒れていましたが、すっくと立ち上がっているものが中々見られません。
7月5日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01yamayuri_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02yamayuri_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03yamayuri_08_9_3.JPG


【グロリオサ】
ユリグルマ(百合車)、キツネユリ(狐百合)とも。ユリ科グロリオサ属。熱帯アジア、アフリカ原産。
フラワーセンター大船植物園のものですが、野生化したものを見てみたいなあ。
7月6日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04guroriosa_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05guroriosa_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06guroriosa_08_9_3.JPG


【カサブランカ?】
ユリ科ユリ属。北半球の日本を含む亜熱帯~亜寒帯原産。
ヤマユリ、タモトユリなどを原種とするオリエンタルハイブリッドの一品種。
これも植物園で。色々な品種があるんですね。
7月6日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07kasabura_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08kasabura_08_9_3.JPG


【コオニユリ】
小鬼百合、スゲユリ(萓百合)とも。ユリ科ユリ属。日本、中国原産。
コオニは、ズームで撮ると峻烈なオレンジが和らいで綺麗です♪
7月9日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09kooniyuri_08_9_3.JPG


【オニユリ】
鬼百合、テンガイユリ(天蓋百合)とも。ユリ科ユリ属。中国原産。
曇天での接写は、峻烈過ぎますね……。
7月22日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10kooniyuri_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
11kooniyuri_08_9_3.JPG


【ヤブラン】
薮蘭。ユリ科ヤブラン属。日本、東南アジア原産。
これは、咲きはじめの初々しい頃♪
7月22日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
12yaburan_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
13yaburan_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
14yaburan_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
15yaburan_08_9_3.JPG


【ホトトギス】
杜鵑。ユリ科ホトトギス属。日本原産。
鎌倉の大功寺ですが、早々に咲いていました。例年撮ってきた場所では、いまだに咲いていないんですが……。
7月27日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
16hototogisu_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
17hototogisu_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
18hototogisu_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
19hototogisu_08_9_3.JPG


【カノコユリ】
鹿子百合。ユリ科ユリ属。日本、中国、 台湾原産。
いわゆるユリの中では、大きさ、色と、一番好みです♪
トップのものと後半のものとでは、微妙にピンクの色合いが違います。
白いものは、「峰の雪」という園芸種。
8月2日〜23日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
20kanoko_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
21kanoko_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
22kanoko_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
23kanoko_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
24kanoko_08_9_3.JPG


【タカサゴユリ】
高砂百合、タイワンユリ(台湾百合)、ホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)とも。ユリ科ユリ属。台湾原産。
実は昨年好評だった円覚寺の群生をもってして、一気に披露しよう! な〜んて企てていましたが天候その他で、叶いませんでした。一期一会です……。
8月31日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
25takasago_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
26takasago_08_9_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
28takasago_08_9_3.JPG











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/276-aed9a9e2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
綺麗ですねえ!!!

ユリって、アレンジ難しいですね。花に個性がありすぎて。
でも自然界で咲いている時は、どんな花も決して浮かないのよね。
Posted by 足屋のおネエ at 2008.09.03 22:32 | 編集
ユリ科大集合~~
むせ返るような香りが、こちらまで伝わってくるようですよ~~

改めてみると、ヤマユリはでっかいですね。
茎では支えきれないほど大きくなる意味が、分かりかねます。

グロリオサの花、直植えのものってみたことありません。
鉢植えもなしです。
切り花でしかみたことありません。
ふ~ん、こうやって誘引しながら育てるんだ。
野生化したものみてみたいけど、日本では無理でしょうね。

カサブランカは?かな。
プレート出てましたか?
オリエンタルハイブリッドの一品種でしょうが、花の付き方咲き方、それと葉っぱが、いわゆるカサブランカとは違うんですよね。

コオニユリの写真、雰囲気が出てますよ。
オニユリとの違いが、よくわかります。

ヤブランたち、今まさに盛りですね。
代々木公園でも、あっというまにヤブランだらけになりました。
花の少ない時期だもんだから、目立つ、目立つ(笑)。

カノコユリには出会ったことありません。
日本を代表するユリのひとつですのでね、是非ともとは願ってますが、未だ叶わずです。
園芸種も含め、いろいろな表情があって、素敵ですね。

今年は円覚寺の群生したタカサゴユリは見られなかったってことですか?
残念です。
Posted by goro’s at 2008.09.04 02:28 | 編集
ヤマユリの巨大さにびっくりです。いつも小さな花に添えられた指が
大きく見えていたのに、今回はそのnoodlesさんの指ならぬ手が小さく見えます。
見事なユリですよね。倒れちゃうのがちょっとなんですが。

「カサブランカ」? とされているのは、カサブランカではありませんね。
カサブランカは白い花だけなのですよ。Casablancaはスペイン語で
Casa(家)blanca(白)の意味だそうでーす。
(悟郎さんへのコメントで白オオカミの「ブランカ」について書いたばかり。縁が続きました)

ヤブランにホトトギス、7月からもう咲いていたのですか?
びっくりです。近所のヤブランはやっと咲き始めたところ、
ホトトギスはまだ見かけていません~。

カノコユリ、綺麗ですね。こんな大きな株のはみたことがありませんよ。
タカサゴユリもふっくらしていて、今年はやせっぽちのわが家のとは
栄養や水が違うという感じです。
Posted by ポージィ at 2008.09.04 13:46 | 編集
足屋のおネエさん

>綺麗ですねえ!!!

ありがとうございます!

>ユリって、アレンジ難しいですね。花に個性がありすぎて。
でも自然界で咲いている時は、どんな花も決して浮かないのよね。

自然に咲いているものにハマると、切り花から興味が遠のきます。
確かにユリは強烈な香りと個性ですよね。
園芸種も多いですが、林の中で巨大なヤマユリを見つけたりすると、ああ、これが本当のユリなんだあ、ってちょっと感動したりします♪
Posted by noodles3 at 2008.09.05 19:10 | 編集
goro'sさん

>ユリ科大集合~~
むせ返るような香りが、こちらまで伝わってくるようですよ~~

ハマユウから、耐えに耐えて撮り貯めてきました〜〜

>改めてみると、ヤマユリはでっかいですね。
茎では支えきれないほど大きくなる意味が、分かりかねます。

養分がいきとどいてないわけでもないんでしょうね?
だって、花部はでかくしっかりしていますからね!

>グロリオサの花、直植えのものってみたことありません。
鉢植えもなしです。
切り花でしかみたことありません。
ふ~ん、こうやって誘引しながら育てるんだ。
野生化したものみてみたいけど、日本では無理でしょうね。

ウィキペディアで、 自然に咲いている写真があったんですよ。
こんな派手な花が野っぱらに咲いていたら感動しますよね〜?

>カサブランカは?かな。
プレート出てましたか?
オリエンタルハイブリッドの一品種でしょうが、花の付き方咲き方、それと葉っぱが、いわゆるカサブランカとは違うんですよね。

一応、植物園のサイトにお伺い中です(汗)。。

>コオニユリの写真、雰囲気が出てますよ。
オニユリとの違いが、よくわかります。

ありがとうございます。
ズームは空気感が出て、綺麗なんですが絞り値が上がってしまうんで、曇天では手振れで上手く撮れないって、欠点があります。
一長一短ですね。。

>ヤブランたち、今まさに盛りですね。
代々木公園でも、あっというまにヤブランだらけになりました。
花の少ない時期だもんだから、目立つ、目立つ(笑)。

そうですね〜!いまヤブランは美味しいとこ独り占めってとこですね(笑)。それにしても都内でも植栽などでかなり増えているような気がします。

>カノコユリには出会ったことありません。
日本を代表するユリのひとつですのでね、是非ともとは願ってますが、未だ叶わずです。
園芸種も含め、いろいろな表情があって、素敵ですね。

そうでしたね。
神奈川の僕が動き回るエリアでは、珍しくないんですよ!
普通に庭に植えているお宅っもありますし。

>今年は円覚寺の群生したタカサゴユリは見られなかったってことですか?
残念です。

週末の雨続きなどで、完全に期を逸してしまいました(残)。。
Posted by noodles3 at 2008.09.05 19:51 | 編集
ポージィさん

>ヤマユリの巨大さにびっくりです。いつも小さな花に添えられた指が
大きく見えていたのに、今回はそのnoodlesさんの指ならぬ手が小さく見えます。
見事なユリですよね。倒れちゃうのがちょっとなんですが。

自分で立ってられないぐらい、でかい花をつけるんじゃねえ!
って、思わず呟いてしまいました(笑)。
あ、デジコンの標準レンズがワイドなせいなんで、見えるだけで決して大きいわけでも太いわけでもありません(笑)。

>「カサブランカ」? とされているのは、カサブランカではありませんね。
カサブランカは白い花だけなのですよ。Casablancaはスペイン語で
Casa(家)blanca(白)の意味だそうでーす。
(悟郎さんへのコメントで白オオカミの「ブランカ」について書いたばかり。縁が続きました)

あるほど!明確な指摘感謝です!
伊語のビアンコにも近いですね。

>ヤブランにホトトギス、7月からもう咲いていたのですか?
びっくりです。近所のヤブランはやっと咲き始めたところ、
ホトトギスはまだ見かけていません~。

ヤブランはそこら中に乱舞?してますが、ホトトギスは例年の場所でも片鱗すら見られませんね。。。

>カノコユリ、綺麗ですね。こんな大きな株のはみたことがありませんよ。
タカサゴユリもふっくらしていて、今年はやせっぽちのわが家のとは
栄養や水が違うという感じです。

植物園だったので、色々な品種を撮ることができました。
近所の庭にも咲いているんですが、不審者扱いされたくないんで、あまりカメラを向けません(笑)。
Posted by noodles3 at 2008.09.05 20:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。