--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.08.07

ヘクソ・・・/08年、路傍にて76。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_8_7.JPG
本日8月7日。ハナの日だそうで。
知っていたら、昨日の睡蓮を灼熱地獄で書かずに、今日の花の日に引っかけたかったなあ……。


ってことで、本来明後日用に用意していた花を緊急アップ!
改めて、魅力を再発見した花でございます。

先日、goro'sさんのところで、ヘクソカズラの変種を見つけたとのことで画像を見せていただいた。ふむふむ……。

で、その週末労せずしてgoro'sさんの撮ったものと似た変種を僕も見つけました。しかもこの変種が、今年最初のヘクソカズラとの出逢い。
中心部の紅色が濃く、花弁が外巻きにカールしています。
この紅色が、灸(やいと)をすえた痕のように見えることからヤイトバナ(灸花)の別名もあります。
7月21日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06saotomekazura_08_7_21.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07saotomekazura_08_7_21.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08saotomekazura_08_7_21.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09saotomekazura_08_7_21.JPG


いきなり変種を披露してもなあ、ってなわけで先週末北鎌倉駅の線路脇で撮ったのがこちら。これがヘクソカズラのオーソドックスな花の形状でしょうか。
5弁が立ち、星型の花弁。
7月27日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03saotomekazura_08_7_27.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02saotomekazura_08_7_27.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01saotomekazura_08_7_27.JPG


気になったので、昨年、一昨年と遡ってサーバー内をほじくりだしてみました。
5弁がフリルっぽく、縮れています。
2006年7月10日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04saotomekazura_06_7_10.JPG

2007年7月15日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05saotomekazura_07_7_15.JPG


そもそもヘクソカズラ属はアジア、アフリカとアメリカの熱帯、亜熱帯を中心に約30種あるそうです。
葉は披針形から広卵形、大きさも様々。おまけに変種がものすごく多いのだとか。
未見ですが、花弁全体に紅色のグラデーションがさしているものもあるようです。

因に秋の実はこんな感じ。
2006年11月11日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10saotomekazura_06_11_11.JPG


毎年、自分で撮っていても、このヴァリエーションには気がついていなかった。
こうして見ると、なかなか愛嬌があるじゃないですか。ヘクソカズラ!

それにしても手荒なことをしない限り、異臭は発しないのに、あんまりな名前。
当然、略して「ヘクソ!」なんて呼ばれちゃうし……。
かわいそうなので、以後サオトメカズラと呼ぶことにします。
早乙女とは、田植えをする若い娘。
若い娘の屁糞なら、さぞかぐわしいでしょう。
えっ? んなわけはないか!
花の様子が、早乙女のかぶる笠に似ているというのが由来だそうです♪

【サオトメカズラ】
早乙女葛。ヘクソカズラ(屁糞蔓)、ヤイトバナ(灸花)、サオトメバナ(早乙女花)とも。アカネ科ヘクソカズラ属。日本、東アジア原産。









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/268-0c0e09f2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
8月7日で「ハナの日」ですか。
確かにね、この手の語呂合わせは、数多くありますものね。
私にとっても特別な日になりました。

なあんだ、明るい紅色のヘクソカズラ、過去に撮ってたんだ。
チェッ!(笑)
でも最初にアップしてるヘクソくん、かなり個性的ですよ。
こんな変異は、見たことありませんね。
ヘクソには変異が多いことは知ったばかりですが、花弁の不思議な具合に丸まって?いるのは、珍しいですね。
これだと花弁が五つに裂けているかもわかりませんよね。

noodlesさんがオーソドックスだと仰っているのも、花筒の部分が細いような、そんな気がします。

それと、全体的に花色が紅いですね。
こちらで多く見かけるものは、臙脂というか暗紫色というか、もう少し暗目の花色です。

ヘクソカズラ改め、サオトメバナですか。
noodlesさん、優しいね。
私はとことんヘクソカズラでいきますよ。
人間の愚を、後世に語り継いでいきます~~(笑)。
Posted by goro’s at 2008.08.08 03:16 | 編集
変種ですか?
なんか、私はフリフリとかわいらしいヘクソちゃんのほうが
珍しく感じてしまったのですけれど。
クルリンと外巻きになっているもの、よく見かけるような。
記憶が定かじゃありませんから、ホントは何ともいえないのですが。
これから会うたびにもっとよく見てみます。
真ん中部分の色や花筒の長さは結構差があるように感じていました。
Posted by ポージィ at 2008.08.08 10:33 | 編集
goro'sさん

>8月7日で「ハナの日」ですか。
確かにね、この手の語呂合わせは、数多くありますものね。
私にとっても特別な日になりました。

毎日、何か日なんですけどね(笑)
いやいや、ゴローさんにとっては忘れない日になりましたね。
お疲れさまでした。

>なあんだ、明るい紅色のヘクソカズラ、過去に撮ってたんだ。
チェッ!(笑)
でも最初にアップしてるヘクソくん、かなり個性的ですよ。
こんな変異は、見たことありませんね。
ヘクソには変異が多いことは知ったばかりですが、花弁の不思議な具合に丸まって?いるのは、珍しいですね。
これだと花弁が五つに裂けているかもわかりませんよね。

>noodlesさんがオーソドックスだと仰っているのも、花筒の部分が細いような、そんな気がします。

>それと、全体的に花色が紅いですね。
こちらで多く見かけるものは、臙脂というか暗紫色というか、もう少し暗目の花色です。

実は、今も見つけては撮り続けています。
そういう眼で見ると、みな違うことに気がつきました。
そのうち、この記事は追加・貼り直しで再アップするかも知れません。
そして、既にどれがオーソドックスなのか判断ができなくなっています(汗)

>ヘクソカズラ改め、サオトメバナですか。
noodlesさん、優しいね。
私はとことんヘクソカズラでいきますよ。
人間の愚を、後世に語り継いでいきます~~(笑)。

なるほど、命名者への当てつけってのもありですね(笑)
Posted by noodles3 at 2008.08.13 11:54 | 編集
ポージィさん

>変種ですか?
なんか、私はフリフリとかわいらしいヘクソちゃんのほうが
珍しく感じてしまったのですけれど。
クルリンと外巻きになっているもの、よく見かけるような。
記憶が定かじゃありませんから、ホントは何ともいえないのですが。
これから会うたびにもっとよく見てみます。
真ん中部分の色や花筒の長さは結構差があるように感じていました。

一昨年、昨年と撮ったものがフリルだったので、僕にはどれが正しいのか判別できなくなっています。
どれもこれも、みな違うので、今も見つけては撮り続けています。
なかなか、ハマる花であります〜。。。
Posted by noodles3 at 2008.08.13 11:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。