--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.23

08年、路傍にて70。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00kosumosu_08_7_23.JPG

本日は、現時点でのキク科をまとめました♪
園芸品種が多いですが、単純に「綺麗だなあ」と、眺めてやって下さい。

【コスモス】
秋桜。キク科コスモス属。メキシコ原産。
7月6日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01kosumosu_08_7_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪02kosumosu_08_7_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03kosumosu_08_7_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04kosumosu_08_7_23.JPG


【エキナケア・アバランチェ】
馬簾菊。キク科ムラサキバレンギク属(エキナセア属)。北米原産。
初登場。7月6日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05ekinakea_08_7_23.JPG


【オグルマ】
小車。キク科オグルマ属。東アジア原産。
初登場。7月6日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06oguruma_08_7_23.JPG


【レウカンテムム】
シャスタ・デージー。キク科レウカンテムム属。
アメリカ東部のオックスアイ・デージー(フランスギク)(原産地はユーラシア)、ヨーロッパ産のマキシムム種(原産地はピレネー山)、ドイツの農場から入手した L. lacustre (Brot.) Samp. (ラクストレ種。原産地は西ポルトガル)、日本産のハマギクの4種から作られた園芸品種。

初登場。7月6日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07reukantemumu_08_7_23.JPG


【ヒメジョオン】
姫女苑。キク科ヒメジョオン属。北アメリカ原産。
7月5日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08himejyo_08_7_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09himejyo_08_7_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10himejyo_08_7_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11himejyo_08_7_23.JPG


【ダリア】
天竺牡丹。キク科ダリア属。メキシコ原産。
初登場。7月6日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12daria_08_7_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13daria_08_7_23.JPG


【キクニガナ】
菊苦菜。チコリ、アンディーブとも。キク科キクニガナ属。地中海沿岸原産。
初登場。7月1日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14kikunigana_08_7_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15kikunigana_08_7_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16kikunigana_08_7_23.JPG


【タマザキリアトリス】
キク科リアトリス属。北米原産。
初登場。7月6日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17tamazakiatorisu_08_7_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18tamazakiatorisu_08_7_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19tamazakiatorisu_08_7_23.JPG









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/262-a6ad3ac6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
キク科の花たち、登場しましたね。
いやもう、次々と咲いてくれますよ。
追っかけるのが必死で、纏める時間がありません(泣)。

絞りのコスモス、可愛いですね~~

オグルマは見たことありません。
細い舌状花が、なんとも魅力的です。
こちらのほうが、バレンに近いんじゃないかな。

シャスタ・デージー、こちらも目一杯暴れてますね~~(笑)。
あんた、持て余すくらいの舌状花だね(笑)。
原産地、誤植ですよ。

おお、ダリアらしいダリアですね。
矮小化ととも復権しているんだって話、ポージィさんとしたところでした。

リアトリスに、玉咲き品種があるんですね。
リアトリスそのものにも滅多にお目にかかれませんが、玉咲きのものも可愛いです~~
Posted by goro’s at 2008.07.24 01:47 | 編集
7月というのにコスモスがこんなに綺麗に咲いているとはびっくりです。
まだ真夏の暑さが来て間のないころの撮影だったからでしょうか?
細い葉が何とも涼しげに目に映ります。

エキナケアとオグルマ、舌状花が散った後の姿も面白そうですね。
オグルマには会ったこともないのですが。

シャスターデージーにこんな舌状花の品種があるのですか。フニャフニャ
ふ~ん、4種も掛け合わせて作られたのですね。最初からこのフニャフニャを
目指していたのかな?

リアトリスの玉咲き品種はこれなんですね。
いえ、前記事の不明花のひとつ、赤いのがひょっとしてリアトリスの一品種かしら?と
思って検索してみたとき、玉咲きのリアトリスというのがあったものですから。
玉咲きのものはあまり見かけない、と書かれていました。
Posted by ポージィ at 2008.07.24 11:39 | 編集
goro'sさん

>キク科の花たち、登場しましたね。
いやもう、次々と咲いてくれますよ。
追っかけるのが必死で、纏める時間がありません(泣)。

今回はほとんど植物園での撮影です。
うっかり路傍でキク科を撮ると、後で同定に悩みますからね(笑)。

>絞りのコスモス、可愛いですね~~
大好きなコスモス!まだまだこれからが見頃ですね♪

>オグルマは見たことありません。
細い舌状花が、なんとも魅力的です。
こちらのほうが、バレンに近いんじゃないかな。

そうなんだ?!
プレートには、エキナケア・アバランチェの方にきっちり別名バレンと記してありました。

>シャスタ・デージー、こちらも目一杯暴れてますね~~(笑)。
あんた、持て余すくらいの舌状花だね(笑)。
原産地、誤植ですよ。

原産地間違え。ご指摘ありがとうございました。
4種の掛け合わせとは。。。
ネームプレートには、さらにフリンジ咲きと記されていましたよ♪

>おお、ダリアらしいダリアですね。
矮小化ととも復権しているんだって話、ポージィさんとしたところでした。

ダリアはいままでカメラを向けたことがなかったんですが。
大型で見事なものでした。

>リアトリスに、玉咲き品種があるんですね。
リアトリスそのものにも滅多にお目にかかれませんが、玉咲きのものも可愛いです~~

珍しいのでしょうね。
検索しても、ほとんどヒットしませんでした(汗)。。
Posted by noodles3 at 2008.07.28 16:44 | 編集
ポージィさん

>7月というのにコスモスがこんなに綺麗に咲いているとはびっくりです。
まだ真夏の暑さが来て間のないころの撮影だったからでしょうか?
細い葉が何とも涼しげに目に映ります。

早咲きの改良型でも、あるのでしょうか?
まだまだ、これから楽しめますね♪

>エキナケアとオグルマ、舌状花が散った後の姿も面白そうですね。
オグルマには会ったこともないのですが。

オグルマは日本でも自生種として、分類されているようです。

>シャスターデージーにこんな舌状花の品種があるのですか。フニャフニャ
ふ~ん、4種も掛け合わせて作られたのですね。最初からこのフニャフニャを
目指していたのかな?

プレートには、さらに“フリンジ咲き”と記されていましたので、さらに改良されたものなんでしょうね。。

>リアトリスの玉咲き品種はこれなんですね。
いえ、前記事の不明花のひとつ、赤いのがひょっとしてリアトリスの一品種かしら?と
思って検索してみたとき、玉咲きのリアトリスというのがあったものですから。
玉咲きのものはあまり見かけない、と書かれていました。

これも植物園で撮ったのですが、プレートには“玉咲きアトリス”としか記されていないんです。
検索しても、ほとんどヒットせず、属名と原産地同定にちょっと苦労しました。。
Posted by noodles3 at 2008.07.28 16:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。