--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.09.06

渋谷区ふれあい植物センター1。

【センニチコウ】
千日紅、ヒユ科。熱帯アメリカ原産。
仏前、墓の供花として使われるが、よく視ると可愛いです。
00sennichikou.JPG

【ネコノヒゲ】
シソ科。中国、マレー半島、インド原産。
マレー語の猫のひげ『クミスクチン』で、利尿・血圧降下の漢方薬。
01nekonohige.JPG

【ナデシコ】
撫子、ナデシコ科。ヨーロッパ・中国・日本・北米原産。
秋の七草。
02nadesiko.JPG


03nadesiko2.JPG


04nadesiko3.JPG

【ペンタス】
草山丹花、アカネ科。熱帯アフリカ原産。
ペンタスの語源は penta (五)で,花弁が五枚あるからだそうです。
05pentasu.JPG


06pentasu2.JPG

【クロサンドラ】
別名ジョウゴバナ、サマーキャンドルとも。キツネノマゴ科。アフリカ・インド・マダガスカル原産。
07kurosandora.JPG


08kurosandora2.JPG

【ストレプトカーパス】
イワタバコ科。南アフリカ・マダガスカル・熱帯/亜熱帯アジア原産。
09sutoreputoka-pasu.JPG

【リンドウ】
竜胆、リンドウ科。日本原産。
生薬で苦味健胃作用がある。まだ蕾みなのでこれからが楽しみ。
10rindou.JPG

【スプレーマム】
キク科。中国、アメリカ、ヨーロッパ原産。
11supure-mamu.JPG


12supure-mamu2.JPG


13supure-mamu3.JPG

【サザンクロス】
ミカン科。オーストラリア南部原産。
14sazankurosu.JPG


15sazankurosu2.JPG



渋谷区ふれあい植物センターの存在は夏前から知っていた。
渋谷駅と恵比寿駅の中間ぐらいに位置し、会社から徒歩20分ほど。
JR山手線から見えるゴミ処理場の関連施設でもある。

16naikan.JPG

路傍に草花がないなら、あるところへ行けばいい。
ってことで、昼休みに行ってきた。
100坪あるかなあ。
ガラス張りの現代風な建築デザインで、植物園というか全体が温室ですね。
でも、熱帯植物と季節の花を上手く調和させていて面白い。
花期ではないが、春夏の花も植えてあり狭いながらも効率のよいレイアウトになっている。
知らなかったが、6~7月にはこじんまりした人口池で大量の螢の見物会もあったようだ。
今は、キリギリス、鈴虫などが鳴いておりました。
それなりに趣向を凝らしてあり、一応入園料100円。
休憩コーナーもあり、温冷のお茶が無料サービス。
都会の喧噪から、隔離された癒し空間になっていました。


この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/26-5fba7441
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。