--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.04

08年、路傍にて65。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00share_08_6_4.JPG

本日は、5月中旬に撮ったケシ科のポピーから。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01share_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02share_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03share_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04share_08_6_4.JPG

そよ風にゆれる、繊細な花弁を眺めていると、ついレンズを向けてしまう。
アイランド? シャーレー?
品種同定に躍起になるのも惚けてしまいたいぐらい、感動的なシーンもあります。
「綺麗だなあ……」
たまには、初心にかえって。

【ツノゲシ】
角芥子。ケシ科 ヨーロッパ原産。
初登場。
3枚目に角のような蕾が確認できます。5月26日撮影。
4枚目は現在の姿。6月24日撮影。
僕にはこの長〜い実のほうが、角に見えるが……。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05tunogesi_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06tunogesi_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07tunogesi_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08tunogesi_08_6_4.JPG


さて、以下はユリ科でございます。

【ヘメロカリス】
ユリ科ワスレグサ属。日本、中国、朝鮮半島、南千島、サハリン原産。

6月21日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09hemerokarisu_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10hemerokarisu_08_6_4.JPG


【アガパンサス】
ムラサキクンシラン(紫君子蘭)とも。ユリ科アガパンサス属 。南アフリカ原産。

6月24日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11agapan_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12agapan_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13agapan_08_6_4.JPG


【アツバキミガヨラン】
厚葉君ヶ代蘭。ユッカとも。ユリ科ユッカ属。北米南部原産。

常緑低木だそうで、5〜6月に花序を伸ばす。
これも2メートル近くありました。残念ながら某公園柵外の5メートルほど先の斜面に咲いていて、接近できませんでした。
初登場。6月6日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14atubakimi_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15atubakimi_08_6_4.JPG


【タンチョウアリウム】
丹頂アリウム。ユリ科アリウム属。ヨーロッパ、北アフリカ、西アジア原産。

なかなか同定できませんでした。
goro'sにて、goro'sさんと深夜に検索。
訳あって、この1カットだけお見せします。
初登場。6月13日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15atubakimi_08_6_4.JPG


ここからはユリ科ユリ属の、いわゆるユリですが同定しませんでした。
テッポウユリ、スカシユリ……。
冒頭のポピーみたいに、美しさにかまけてというより、改良品種が多過ぎて僕にはよくわかりません。
ユリなんだし。
6月10日〜14日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18teppouyuri_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19teppouyuri_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19yuri_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20yuri_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21yuri_08_6_4.JPG


ラスト2つは、完全に「Wanted」!
6月6日撮影。
ユリ科だとは思うのですが……。
ごめんなさい。締まりの悪いエンディングで。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22wanted_08_6_4.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
23wanted_08_6_4.JPG










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/257-52f5a669
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ポピーの花たち、すっかり枯れちゃって刈り取られたものがほとんどですが、ときたまほとんど枯れた株から花が咲いているのを見かけることがあります。
それもまた健気で可愛いです。

ツノゲシの名前の由来になったのは、蕾じゃなくて、種子のほうのようですよ。
意外というのもなんですが、花期が長かったです。

本格的なユリ科の季節になりましたね。
ヘメロカリスは先駆けといったところでしょうか。
園芸種も多様ですので、花色の違ったヘメロカリスが、いろいろ見られます。

キミガヨランの花時期はまちまちですね。
この時期に咲くかと思うと、寒くなっても咲いているのをみかけますし。
私には、謎の植物です。

タンチョウアリウムが同定できたときは、興奮しましたね(笑)。
え? どんな訳があって1カットだけなんだろう?
う~ん、後ろに写っている花と関係ありますか?
まあ、次にはどんな形でアップされるのか、期待しておきましょう(笑)。

ユリ、ユリ、ユリ~~ ユリはユリ~~ (笑)。

不明花1は、情報不足です。
葉っぱもわからないし、まったくお手上げです。

不明花2は、アマリリスですよ~~
♪ラリラリラリラ~ 調べはアマリリス~~
Posted by goro’s at 2008.07.05 02:35 | 編集
5月連休のとき、平塚の河川敷でこれから一面のポピー畑になるぞ~
という場所に行けたのに、結局その後は行けず見逃しました。
薄い花びらのポピーたちが咲き乱れ思い思いに風に揺れる様…
品種なんてどうだっていいです(笑) ただもう綺麗、それだけで。

白い「ユリ」が清楚で素適ですね。
ユリ科はノカンゾウ、ヤブカンゾウなども咲き始めましたね。
うちの近所でもたまーに見かけるのですが、まず例外なくびっしりと
まぶれついているものがいまして… 即退散しています。

丹頂アリウム、苦労されたんですか?深夜、お二人が手を取り合って
喜びを分かち合われた瞬間を思うと、よかったのですね~。
珍しく、私知っていたのですが。
訳あって1枚きりということは再登場するのですね。どういう「訳」か気になります。

Posted by ポージィ at 2008.07.05 13:12 | 編集
goro'sさん

>ポピーの花たち、すっかり枯れちゃって刈り取られたものがほとんどですが、ときたまほとんど枯れた株から花が咲いているのを見かけることがあります。
それもまた健気で可愛いです。

どうしても、撮ってしまうんですよね。
可哀想なので、アップしちゃいました♪

>ツノゲシの名前の由来になったのは、蕾じゃなくて、種子のほうのようですよ。
意外というのもなんですが、花期が長かったです。

あ、そうでしたっけ?(笑)
花期が長いおかげで、いままで放置してました(汗)。

>本格的なユリ科の季節になりましたね。
ヘメロカリスは先駆けといったところでしょうか。
園芸種も多様ですので、花色の違ったヘメロカリスが、いろいろ見られます。

とりあえず、放出です。
昨日も別なのを撮りましたが(笑)。

>キミガヨランの花時期はまちまちですね。
この時期に咲くかと思うと、寒くなっても咲いているのをみかけますし。
私には、謎の植物です。

そうなんですか?
西○山の例の斜面です。
あまり、可愛くないですよね?(笑)

>タンチョウアリウムが同定できたときは、興奮しましたね(笑)。
え? どんな訳があって1カットだけなんだろう?
う~ん、後ろに写っている花と関係ありますか?
まあ、次にはどんな形でアップされるのか、期待しておきましょう(笑)。

まま、あまり突っ込まないで下さい(汗)。。

>ユリ、ユリ、ユリ~~ ユリはユリ~~ (笑)。

そう、ユリはユリです!(苦笑)。。。

>不明花1は、情報不足です。
葉っぱもわからないし、まったくお手上げです。

あ、やはりゴローさん撮ってないんだ。。
葉は右の花の後ろに少し写ってますが、チューリップっぽいです。

>不明花2は、アマリリスですよ~~
♪ラリラリラリラ~ 調べはアマリリス~~

アマリリスですか〜。
ありがとうございます♪
Posted by noodles3 at 2008.07.07 20:31 | 編集
ポージィさん

>5月連休のとき、平塚の河川敷でこれから一面のポピー畑になるぞ~
という場所に行けたのに、結局その後は行けず見逃しました。
薄い花びらのポピーたちが咲き乱れ思い思いに風に揺れる様…
品種なんてどうだっていいです(笑) ただもう綺麗、それだけで。

ですよね〜。
以前、アイランド・ポピーをアップしていたんですが、とにかく綺麗でカメラを向けてしまいますね♪

>白い「ユリ」が清楚で素適ですね。
ユリ科はノカンゾウ、ヤブカンゾウなども咲き始めましたね。
うちの近所でもたまーに見かけるのですが、まず例外なくびっしりと
まぶれついているものがいまして… 即退散しています。

ああ、○○○虫ですか。。
昨日、某所でズームで睡蓮撮ったら、やはりまぶれついていてガッカリです(苦笑)。。。

>丹頂アリウム、苦労されたんですか?深夜、お二人が手を取り合って
喜びを分かち合われた瞬間を思うと、よかったのですね~。

わかったときの、喜びはなにものにも代え難いです(笑)。

>珍しく、私知っていたのですが。
訳あって1枚きりということは再登場するのですね。どういう「訳」か気になります。

たいした理由ではないので、サラッと流しておいて下さい。。
Posted by noodles3 at 2008.07.07 20:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。