--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.11

08年、路傍にて59。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00chigaya_08_6_11.JPG

今回は地味〜でいて、中々神秘的な花の世界へ。
イネ科とガヤツリグサ科でございます。
これらの草花は、秋のススキに通ずる奥ゆかしさと豊かさを併せ持ち、地球の原風景を彷彿する風情をたたえているように思います。

【チガヤ】※トップ画像も
茅萱。イネ科チガヤ属。アジア、熱帯地方原産。
茅ガヤというだけあり、チマキもササの葉ではなく、チガヤに巻いた茅巻だったことが名の由来ともいわれる。現在も見頃♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01chigaya_08_6_11.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02chigaya_08_6_11.jpg
咲き始め。陽光に輝く若い花穂が美しい。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03chigaya_08_6_11.JPG
段々、花穂が綿毛になる。

【ウシノケグサ】
牛毛草。イネ科ウシノケグサ属。ヨーロッパ~西アジア原産。
ヨーロッパでは家畜の飼料となる牧草ですが、日本では野生状態で分布。
とはいえ、僕が撮ったのは都会の公園の花壇です……。
5月23日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04usinokegusa_08_6_11.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05usinokegusa_08_6_11.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06usinokegusa_08_6_11.JPG


続いて、コバンソウとヒメコバンソウです。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07koban_hime_08_6_11.JPG

【コバンソウ】
小判草、タワラムギ(俵麦)とも。イネ科コバンソウ属。地中海沿岸原産。
元々原産地では、観賞用だったとされ、中々モダンなデザインである。
日本では俵を連想したのでしょうが、段々黄金色に変化し文字通り小判のように。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08koban_08_6_11.JPG
咲き始めのコバンソウ。凄く可愛い♪ 以後大きさも肥大し、黄金色に変化。4月28日撮影。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09koban_08_6_11.JPG
5月26日撮影。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10koban_08_6_11.JPG
5月30日撮影。

【ヒメコバンソウ】
姫小判草、スズガヤ(鈴萱)とも。イネ科コバンソウ属。ヨーロッパ原産。
これはみなさんが疑問視するだけあり、一見、小型のコバンソウというより、鈴や三角おむすびのほうが納得がいく形である。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11himekoban_08_6_11.JPG
5月15日撮影。
咲き始めのヒメコバンソウ。群落を形成すると花糸がお祭り状態にこんがらかります。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12himekoban_08_6_11.JPG
5月15日撮影。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13himekoban_08_6_11.JPG
5月15日撮影。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14himekoban_08_6_11.JPG
大きさはこんな感じ。5月15日撮影。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15himekoban_08_6_11.JPG
コバンソウとヒメコバンソウ。
ね! こうして比較するとヒメコバンソウの “ 姫 ” も納得でしょ?
5月15日撮影。



さて、後半はガヤツリグサ科。

【フトイ】
太藺。ガヤツリグサ科ホタルイ属。日本、ユーラシア原産。
昨年も撮りましたが、不明花としてアップしました。
今のカメラで接写すると花の細部がわかり、2年越しで同定できました!
ここは沼であり、いまはオタマジャクシ、後にホタルが舞います。
5月17日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16futoi_08_6_11.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17futoi_08_6_11.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18futoi_08_6_11.JPG


【カンガレイ】
寒枯藺。ガヤツリグサ科ホタルイ属。日本、朝鮮、中国、インドネシア原産。
さて、今回のメイン・ゲストの登場!
和名の由来は、冬に枯れた枝が残っているところから。
6月8日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19kangarei_08_6_11.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20kangarei_08_6_11.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21kangarei_08_6_11.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22kangarei_08_6_11.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
23kangarei_08_6_11.JPG

いや〜、これには驚きました!
いつも通う自然保護区内の湿地で、ママコノシリヌグイの様子を観察中に発見。
ママコノシリヌグイは、未だ葉もありませんでしたが、思わぬ土産になりました。
同定に難儀するかと思いましたが、ホタルイに似ていたので辿り着きました。
なんとも不思議な造形です♪
※こちらに、開花の様子が紹介されています。

一見地味なイネ科とガヤツリグサ科ですが、なかなか見応えあったでしょう?








この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/251-b18e226c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
今回は渋いラインアップですね。
記事全体の雰囲気が、ぐっと大人っぽくなりますね。

ご存知のようにイネ科にもカヤツリグサ科にも、あまり近寄らないようにしておりますので、ほとんどのものを見たことはありますが、チガヤ、コバンソウ、ヒメコバンソウ以外は、聞いたこともない名前です。
チガヤの若い穂を、子供の頃は噛んで遊んでました。ガムの代わりにしてね。
青臭い汁が口中に広がったのを、思い出しました(笑)。

フトイはよく見かけますが、カンガレイは初見です。
リンクページも見てみましたが、面白い植物ですね。
桿ですか? そこを裂くようにして花穂が顔を出してくるのですね。
ヘ~フ~ホ~です(笑)。
珍しいものを見させていただきました~~
Posted by goro's at 2008.06.12 01:36 | 編集
私も避けて通ってます~これらの植物。
撮るのも調べるのも大変そうなんですもん。
noodlesさん、お疲れ様です。
仰るとおり見応えあります。

カンガレイ これはまた珍しい。
初めて見ました。面白いですね。
フトイも、切り花扱いのものは見知っていますが、
花をこんなふうに見たのも群生している様子を
見るのも初めてです。
Posted by ポージィ at 2008.06.16 14:27 | 編集
goro'sさん

>今回は渋いラインアップですね。
記事全体の雰囲気が、ぐっと大人っぽくなりますね。

>ご存知のようにイネ科にもカヤツリグサ科にも、あまり近寄らないようにしておりますので、ほとんどのものを見たことはありますが、チガヤ、コバンソウ、ヒメコバンソウ以外は、聞いたこともない名前です。

ゴローさんが絶対に踏み入らない世界だと思って、渋〜く攻めてみました(笑)。

>チガヤの若い穂を、子供の頃は噛んで遊んでました。ガムの代わりにしてね。
青臭い汁が口中に広がったのを、思い出しました(笑)。

そうそう、検索していて子供のオヤツ?代わりだったという記述を見ました。
僕は経験ないですが。。

>フトイはよく見かけますが、カンガレイは初見です。
リンクページも見てみましたが、面白い植物ですね。
桿ですか? そこを裂くようにして花穂が顔を出してくるのですね。
ヘ~フ~ホ~です(笑)。
珍しいものを見させていただきました~~

いやいや、僕も驚きました!
これを撮ったので、地味〜な記事にまとめてみました(笑)。
Posted by noodles3 at 2008.06.16 20:13 | 編集
ポージィさん

>私も避けて通ってます~これらの植物。
撮るのも調べるのも大変そうなんですもん。
noodlesさん、お疲れ様です。
仰るとおり見応えあります。

花の様子がここまで撮れたおかげだと思っています。
おかげで、胸のつかえが落ちました〜♪

>カンガレイ これはまた珍しい。
初めて見ました。面白いですね。
フトイも、切り花扱いのものは見知っていますが、
花をこんなふうに見たのも群生している様子を
見るのも初めてです。

大体、名前が凄いですよね。
フトイは見たことあっても、名前まではなかなか認識してないですよね!

カンガレイ、に検索で辿り着いたときは、思わず「よっしゃ〜!」と呟いておりました(笑)♪
Posted by noodles3 at 2008.06.16 20:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。