--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.02

08年、路傍にて55。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00yukinosita_1414.JPG

本日は、我家の庭のユキノシタからスタート。
まずユキノシタ科を3つ。

【ユキノシタ】
雪の下。ユキノシタ科ユキノシタ属。日本原産。
5月半ばから、咲きはじめました。まだ元気です♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪01yukinosita_1147.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02yukinosita_1152.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03yukinosita_1166.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04yukinosita_2158.JPG


【コバノズイナ】
子葉の髄菜、ヒメリョウブ(姫令法)、アメリカズイナ(亜米利加髄菜)とも。
ユキノシタ科ズイナ属。北アメリカ南東部原産。

北鎌倉円覚寺にて、6月1日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05kobanozuina_3128.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06kobanozuina_3130.JPG


【アスチルベ】
ショウマ(升麻)、アワモリソウ(泡盛草)、アケボノショウマ(曙升麻)とも。ユキノシタ科アスチルベ属。日本(沖縄除く)、中国、中央アジア、北アメリカ原産。
北鎌倉円覚寺にて、6月1日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07awamorisou_3216.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08awamorisou_3223.JPG


続いて、アカバナ科を2つ。

【アカバナユウゲショウ】
赤花夕化粧。アカバナ科マツヨイグサ属。アメリカ原産。
5月6日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09akabanayuuge_0445.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10akabanayuuge_0451.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11akabanayuuge_0887.JPG


【ヒルザキツキミソウ】
昼咲月見草、ヒルザキモモイロツキミソウ(昼咲桃色月見草)、オエノセラ・スペキオサとも。アカバナ科マツヨイグサ属。北アメリカ原産。
これは大型で咲きはじめは、真白でした。
4月23日、5月7日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12hiruzaki_2368.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13hiruzaki_2375.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14hiruzaki_0891.JPG


最後は、ユリ科。

【チャイブ】
セイヨウアサツキ、エゾネギとも。ユリ科ネギ属。ヨーロッパ原産。
アサツキはチャイブの変種だそうです。
5月15日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15chaibu_1338.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16chaibu_1340.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17chaibu_1337.JPG


【オオアマナ】
大甘菜。ベツレヘムノホシ(ベツレヘムの星)とも。ユリ科オーニソガラム属。 地中海沿岸、北アフリカ原産。
4月27日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18ooamana_3019.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19ooamana_3012.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20ooamana_3016.JPG


【オオバギボウシ】
大葉擬宝珠。ユリ科ギボウシ属。日本原産。
最初、なんだかさっぱりわかりませんでした。
5月15日、5月21日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21oobagibousi_1254.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22oobagibousi_1250.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
23oobagibousi_2009.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
24oobagibousi_2012.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
25oobagibousi_2014.JPG



【イカリソウ】※6月3日、13:25修正。
碇草。メギ科イカリソウ属。北アフリカ原産。
黄蝶という流通名をもつ原種だそうです。確かによく見ると、短い碇がでています。

【名称不明】
いい加減、放置しておくのももったいないので……。
4月27日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
26fumei_3044.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
27fumei_3047.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
28fumei_3051.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
29fumei_3053.JPG


昨日、恩師が73歳で急逝されました。
僕を今の仕事に導いてくれた、大恩ある方。
明日は通夜でございます。

恩返しらしいことは、なにもできませんでしたが、今日の花々を捧げます。








この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/247-4bd20209
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
noodles家の野草苑のユキノシタですね。
見れば見るほど、ユキノシタの造形は、不思議ですよね。

ピンクのアスチルベ、素敵ですね。
こちらは園芸種っぽくない雰囲気がありますね。
実は私も、昨日見かけました。
もっと園芸種っぽいものですが。

アカバナユウゲショウとヒルザキツキミソウ、スルッと潜り込ませましたね(笑)。
さて私はどうやって登場させるか、今もって思案中です。
そのままお蔵入りってことになるのかな?

オオバギボウシのこの姿は、ほんとにわかりませんよね。
まったく別の花に見えますものね。
この段階で止まってくれても、観賞に耐える姿です。
まさかここから花茎が伸びて、あのユリに似た花を咲かせるなんて、なんとも気を持たせてくれました。

名称不明花は、この葉っぱが大きなヒントになりました。
どうみてもイカリソウのお仲間ですね。
ホザキイカリソウかとも思ったのですが、どうも花色が違うようです。
↓こちらのサイトで確認してみてください。

http://www.engei.net/Browse.asp?ID=26553

花だけだと、↓こちらのものとそっくりですよ。

http://iroha.s7.xrea.com/ep/log/eid69.html
Posted by goro's at 2008.06.03 01:44 | 編集
こちらがご自宅のお庭のユキノシタですか。
可愛いですねぇ。上側の小さな花びら3枚が色々種類があるようですが、
どのタイプも可愛いなぁと思います。うちのすぐ近所のお宅のは、
ほとんど白です。

オオバギボウシのこういう姿は目にしたことがありません。
でも、これぞまさに擬宝珠ですね。私だったら、いくらこの先端に
注目しても擬宝珠には思い至らなさそうですけれど。

黄蝶なる原種系のイカリソウ、可愛らしいですね!葉の色合いも素適で、
すっかり気に入りました。イカリソウと名の付く植物にはまだ一度も
出会えていませんが、これはいちばん好きかもです。
Posted by ポージィ at 2008.06.03 15:45 | 編集
ユキノシタ、私も撮りました。アップしなきゃ~。

ヒルザキツキミソウはこんなにアップにすると何だかトロピカルな雰囲気がするのでちょっと笑ってしまいました。

ギボウシはホントに不思議な造形ですね。蕾の形の方が惹かれます。

斑入りのギボウシがお庭に欲しいな~と思っていたのですが、花がどんなだか知らなかったので、ちょっと見られて嬉しかったです。
Posted by てんてん at 2008.06.04 16:05 | 編集
goro'sさん

>noodles家の野草苑のユキノシタですね。
見れば見るほど、ユキノシタの造形は、不思議ですよね。

何故に、君はそんな形になったのか?
と、質問したいですね!

>ピンクのアスチルベ、素敵ですね。
こちらは園芸種っぽくない雰囲気がありますね。
実は私も、昨日見かけました。
もっと園芸種っぽいものですが。

鉢植えではありませんでしたが、明らかに園芸品種ですね。
密集している花は、中々接写しにくいです。。

>アカバナユウゲショウとヒルザキツキミソウ、スルッと潜り込ませましたね(笑)。
さて私はどうやって登場させるか、今もって思案中です。
そのままお蔵入りってことになるのかな?

撮った以上、責任はもちます(笑)。

>オオバギボウシのこの姿は、ほんとにわかりませんよね。
まったく別の花に見えますものね。
この段階で止まってくれても、観賞に耐える姿です。
まさかここから花茎が伸びて、あのユリに似た花を咲かせるなんて、なんとも気を持たせてくれました。

この株をゴローさんが、昨年確認していなかったら、僕的にはお蔵入りさせるか、名称不明花としてアップしたと思います。
ありがとうございました。

>名称不明花は、この葉っぱが大きなヒントになりました。
どうみてもイカリソウのお仲間ですね。
ホザキイカリソウかとも思ったのですが、どうも花色が違うようです。

葉で判別するところが、流石!
わからなくて、ず〜っと眺めてはいたんです。
しかも、短い碇を(笑)。
ヒヨドリバナみたいな、蕊の形状にばかり固執してしまったのが、いけなかったですね。。

ありがとうございました。
Posted by noodles3 at 2008.06.05 11:27 | 編集
ポージィさん

>こちらがご自宅のお庭のユキノシタですか。
可愛いですねぇ。上側の小さな花びら3枚が色々種類があるようですが、
どのタイプも可愛いなぁと思います。うちのすぐ近所のお宅のは、
ほとんど白です。

昨年より、さらに茎葉が地面に這え広がり、実はもう一本花茎が立ち上がっていたらしいのですが、家内が駆除したと告白しました。
以来、雑草駆除禁止令がでたわけです(笑)。

>オオバギボウシのこういう姿は目にしたことがありません。
でも、これぞまさに擬宝珠ですね。私だったら、いくらこの先端に
注目しても擬宝珠には思い至らなさそうですけれど。

これは、ゴローさんと共有している中目黒の某公園です。(勝手に共有するな!)
すぐ近くで、あの八重ドクダミの群落があったりします。
この蕾段階がわからず、goro'sで飲んでいたとき、僕がこんな感じと絵を描いたんです。
その時点で、ゴローさんは生姜系かもといい、僕もそうだろうなあと思いました。
でも、翌日ゴローさんが確認に行ってくれて、昨年のオオバギボウシだと同定できました。

>黄蝶なる原種系のイカリソウ、可愛らしいですね!葉の色合いも素適で、
すっかり気に入りました。イカリソウと名の付く植物にはまだ一度も
出会えていませんが、これはいちばん好きかもです。

僕には全く手だてがなく、放置していました。
イカリソウだと思うと、全てがすんなりと納得でき、眺められますね(笑)。奥が深いです。。
Posted by noodles3 at 2008.06.05 11:42 | 編集
てんてんさん

>ユキノシタ、私も撮りました。アップしなきゃ~。

待ってますよ〜♪

>ヒルザキツキミソウはこんなにアップにすると何だかトロピカルな雰囲気がするのでちょっと笑ってしまいました。

てんてんさんの環境でも、野生化していますか?
東京では、幹線道路などの測道脇の隙間で群落ができていたりします。

>ギボウシはホントに不思議な造形ですね。蕾の形の方が惹かれます。

笑。確かに蕾でも充分に花のようですもんね!

>斑入りのギボウシがお庭に欲しいな~と思っていたのですが、花がどんなだか知らなかったので、ちょっと見られて嬉しかったです。

花茎が立ち上がった、ギボウシも素敵ですよね。
初夏に似合う花です♪
Posted by noodles3 at 2008.06.05 11:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。