--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.19

08年、路傍にて49。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00yaguruma_08_5_19.JPG

本日は、キク科でございます。

【ヤグルマギク】
矢車菊。セントーレアとも。キク科ヨーロッパ原産。ヨーロッパ原産。
ドイツの国花だそうで初登場。
和名の由来は、鯉のぼりの矢車に見立てたことから。花期が長く3月から鯉のぼりの時期、いまもまだ咲いています♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01yaguruma_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02yaguruma_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03yaguruma_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04yaguruma_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05yaguruma_08_5_19.JPG


【オオジシバリ】
大地縛り、ツルニガナ(蔓苦菜)とも。キク科ニガナ属。朝鮮、中国原産。
昨年、オオジシバリと紹介したのは間違えかも知れません。
これは、タンポポとほぼ同じ大きさでした。実際に見てみないとわからないもんです。今も咲いています。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08oojisibari_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08oojisibari_08_5_19.JPG


【タビラコ】
田平子。キク科ヤブタビラコ属。日本( 本州~九州)、朝鮮、中国原産。
ホトケノザとして春の七草に数えられるタビラコ。
これも初めてです。凄く小さくほとんどハコベと同じぐらいの大きさ。上手く撮れませんでした……。4月19日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10tabirako_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11tabirako_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13tabirako_08_5_19.JPG


【ミヤコワスレ】
都忘れ。ノシュンギク(野春菊)、アズマギク(東菊)とも。キク科ミヤマヨメナ属。日本原産。
5月6日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14miyako_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16miyako_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17miyako_08_5_19.JPG


【ハハコグサ】
母子草。オギョウ(御形)、ゴギョウ(御形)とも。キク科ハハコグサ属。中国原産。
これもゴギョウとして春の七草で有名。5月5日撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18hahakogusa_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19hahakogusa_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20hahakogusa_08_5_19.JPG


【ハルジオン】
春紫苑、ハルジョオン(春女苑)とも。キク科ムカシヨモギ属。北アメリカ原産。
さて、いまそこら中に大繁殖するハルジオンです。
咲き始めは、花弁が渦巻いていて可愛らしい♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21harujion_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22harujion_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
23harujion_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
25harujion_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
24harujion_08_5_19.JPG



問題はこれです。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
26harujion_08_5_19.JPG
goro'sさんも取りあげていました。
環境保護団体ランダムというHPには、
“ 当団体が、新発見・新命名したハルジオンの一品種、アソカハルジオン(キク科)。ごく短い舌状花を持つ個体である。”

と、紹介されています。
しかし! である。
次の2枚の画像をご覧下さい。同株で舌状花が存在するもの、かすかに残っている状態が確認できます。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
27harujion_08_5_19.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
28harujion_08_5_19.JPG
僕的には、ハルジオンの一品種説には、? でございます。
単なる虫食いではないのか?

そんなこんなで、広大な自然保護区内のハルジオンを徹底的に観察していたら、次のようなシーンに遭遇しました。
↓【注意!】心臓の弱い方、虫が苦手な方はクリックしないほうが無難です。
29harujion_08_5_19.JPG

30harujion_08_5_19.JPG

31harujion_08_5_19.JPG

蛾の幼虫だと思われますが、同定はやめました。
世には熱心に花や木につく虫画像をアップしているサイトが多数存在しますが、キモいので途中であきらめました。

ですから、たまたま僕が見つけたボウズハルジオンが虫食いだっただけで、アソカハルジオンってのもあるのかも知れませんが……。
かなり、???です。









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/242-ef3c1678
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
キク科の花たち、登場ですね~~
私も纏めているところですが、noodlesさんと違って、園芸種中心になると思います。

ボウズハルジオンにも出会ったんですね~~

なんて、のん気な話じゃありませんでしたね。
どう見てもこれはおかしいです。花をむしったとしか見えませんね。
とうとう、現場を押さえましたね。
どうみても、幼虫たちが食べているじゃありませんか!
虫食いそのものですよ。

実はね、私も2番目のボウズに出会ったんですよ。
幼虫こそ確認しておりませんが、noodlesさんの出会ったものとほとんど同じ状態です。
同じ株には、普通の舌状花のハルジオンの花が咲いていました。
あれ? これって まさか虫食いか?って、そう思ってたところでした。

ただね、私が最初に出会ったボウズは、短い舌状花が、縮れているんですよね。↓

http://blog.goo.ne.jp/goros05/e/b92fe15808d9c6478eb6c354e79ad067

noodlesさんが出会ったものも、時間が経つとこんな風になるのかもしれないしね。
そのあたり、もっと観察しとけばよかったかなって、少し後悔しています。
どちらにしても、アソカハルジオンには、???です。
Posted by goro's at 2008.05.20 02:55 | 編集
キク科登場ですね。
背の高いヤグルマギクですが、面白い撮り方をされましたね(2枚目)。
気に入りました~(^^)

ハルジオン、noodlesさんが撮られたのもピンクがいっぱいですね。
ハルジオンに挟まれた森へと続く小道、すてきです。
どうも花に挟まれた小道、っていう画に弱いみたいです。

ボウズハルジオンは実は虫食い痕?本当に舌状花がないものも
存在する可能性おおいにあると思いますが、虫食いで無くなっちゃった
だけのも、うん、絶対ありえますね~。
しっかりお食事中の現場も押さえられましたね。
(クリックしてしっかり見ましたよ。ウジョウジョじゃないから平気でした。)

アソカハルジオンと命名した団体さんのHP、以前ツユクサを検索していて
見た覚えがありますが… そんなに簡単に勝手に命名しちゃって
いいのかな?とちょっと疑問に感じました。
Posted by ポージィ at 2008.05.20 11:54 | 編集
goro'sさん

>どう見てもこれはおかしいです。花をむしったとしか見えませんね。
とうとう、現場を押さえましたね。
どうみても、幼虫たちが食べているじゃありませんか!
虫食いそのものですよ。

>実はね、私も2番目のボウズに出会ったんですよ。
幼虫こそ確認しておりませんが、noodlesさんの出会ったものとほとんど同じ状態です。
同じ株には、普通の舌状花のハルジオンの花が咲いていました。
あれ? これって まさか虫食いか?って、そう思ってたところでした。

いままで注意もしていなかったので、気がつかなかった?
って、自問自答してみたんです。
こんなん、普通過ぎて、、、という結論。
花期も長いし、夏にはボロボロ、ヘロヘロになってるし。
別品種?なんて発想が歯牙にもかからなかったって感じ。

>ただね、私が最初に出会ったボウズは、短い舌状花が、縮れているんですよね。↓
noodlesさんが出会ったものも、時間が経つとこんな風になるのかもしれないしね。
そのあたり、もっと観察しとけばよかったかなって、少し後悔しています。

色々な状況が推察できると思います。
僕の撮ったものでも、舌状花が全くないものもあります。
虫くんたちも必死なんですよね。

咲き始めの渦巻きの状態を食った?
早々に食われた後で、混乱して(DNA的に)、ちろちろ舌状花が伸びようとしている?

この幼虫たちとて、のんきに食事に没頭していたら危険です。
ごくごく小さな幼虫ですから、外的はそこら中にいるでしょうし。

>どちらにしても、アソカハルジオンには、???です。

ってか、ボウズヒメジョオンにもかなり懐疑的です。。。
Posted by noodles3 at 2008.05.21 00:44 | 編集
ポージィさん

>キク科登場ですね。
背の高いヤグルマギクですが、面白い撮り方をされましたね(2枚目)。
気に入りました~(^^)

ありがとうございます♪
僕のカメラはどうも引きが苦手。(カメラのせいにしてるし)
ゴローさんと同所で、僕もかなり前から撮っていたんですが、全体像が難しく試行錯誤していました〜。。

>ハルジオン、noodlesさんが撮られたのもピンクがいっぱいですね。
ハルジオンに挟まれた森へと続く小道、すてきです。
どうも花に挟まれた小道、っていう画に弱いみたいです。

この栄区上郷の自然保護区を歩くのが一番リラックスします。
例のママコ〜もこの小道なんですよ!
実は湿地なのですが、ハリジオンはどこでも強か。。

>ボウズハルジオンは実は虫食い痕?本当に舌状花がないものも
存在する可能性おおいにあると思いますが、虫食いで無くなっちゃった
だけのも、うん、絶対ありえますね~。
しっかりお食事中の現場も押さえられましたね。
(クリックしてしっかり見ましたよ。ウジョウジョじゃないから平気でした。)

笑。
多分、もうあり得ないと思います。
花を愛でるのが意図であって、虫まで愛でる余裕もないので。。

広大な保護区を歩いているだけでも、熾烈な生態系の厳しさを肌で感じることができます。
保護区だけあり、野放しなので。

だから、一昨年よりも今年は花が少なくなっていたりもします。
サイクルなんでしょうね。

>アソカハルジオンと命名した団体さんのHP、以前ツユクサを検索していて
見た覚えがありますが… そんなに簡単に勝手に命名しちゃって
いいのかな?とちょっと疑問に感じました。

大体、僕はNPO法人ってのは、もの凄〜く多面的な視野で捉えれば、テロリズムの端くれだと思っているオヤジです(笑)。
営利目的の慈善事業なんて、それこそ虫が良過ぎ!
中にはまとも活動をしている団体もあるとは思いますが、全く信用していません!

だって、千住の三谷の労務者を食い物にしているNPOが、ヤクザだったりしますしね。。。
Posted by noodles3 at 2008.05.21 01:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。