--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.14

08年、路傍にて47。

00omikuji_08_5_14.JPG

中世ドイツ。
騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲く小さな花を、恋人ベルタに捧げるべく摘もうとして岸を降りたが、脚を滑らせ川に落ちてしまう。
川の流れに飲みこまれながらも、最後の力を振り絞って花を川岸のベルタに投げつける。
「Vergiss-mein-nicht ! (僕を忘れないで!)」
そういいながら、ルドルフは無念にも川のうねりの中に消えてしまう。
残されたベルタはルドルフの墓にこの花を供え、彼の最後の言葉を花の名にした……。

ドイツでは、フェアギスマインニッヒト(Vergiss-mein-nicht)。
英名も直訳で、フォーゲットミーノット(Forget-me-not)。
日本でも、明治38年に植物学者の川上滝弥が、勿忘草=忘れな草と訳し命名。
世界中で、同様の意味の命名がされているそうです。

ってことで、ワスレナグサもがぜんロマンティックな花に見えてきます♪
私的感想をいえば、
「ルドルフ。なんてドジな奴なんだ!」
と思うが、ワスレナグサの季語は春。
新春の恋人たち、受験生、はたまた色々な願いをオミクジにこめ結ばれた、イメージ画像で本日のスタート。

ってことで、ムラサキ科ワスレナグサ属から。(前置きが長い)

【ワスレナグサ】
勿忘草、忘れな草。ムラサキ科ワスレナグサ属。ヨーロッパ原産。
厳密には、ほとんどが明治時代に輸入された園芸種のノハラワスレナグサだとのこと。ワスレナグサという呼び方は、ムラサキ科ワスレナグサ属の種の総称である。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01wasure_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02wasure_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03wasure_08_5_14.JPG

【ホタルカズラ】
蛍葛。ムラサキ科ムラサキ属。日本、台湾、朝鮮、中国原産。
在来種である、こちらの方が質素で好きです♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04hotakazu_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05hotakazu_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06hotakazu_08_5_14.JPG



次は、フウロソウ科。

【アメリカフウロ】
亜米利加風露。フウロソウ科フウロソウ属。北アメリカ原産。
この淡いピンクには苦労します。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07amefu_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08amefu_08_5_14.JPG

【フウロソウ】
フウロソウ科。日本を含む、世界の温帯に広く分布。
外来の園芸品種(ゲラニウム系)だと思われますが、あえて同定しません。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09furo_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12furo_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
35furo_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
34furo_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
33furo_08_5_14.JPG


地味めなものが続きましたので、前回とりこぼしたユリ科を2品。

【クルマバツクバネソウ】
車葉衝羽根草。ユリ科ツクバネソウ属。日本(沖縄を除く)、朝鮮、中国、千島、樺太、シベリア原産。
これは面白い!
6枚の車輪状の葉から、直接髭のような雄しべ。そして象徴的な雌しべが鎮座。
茎の根元にもやはり6枚の大型の車輪状の葉がありますが、無論、撮っているときは知らなかったので未撮です……。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14kurumatuku_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15kurumatuku_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16kurumatuku_08_5_14.JPG

【アリウム・トリケトラム】
ユリ科アリウム属。アジア、ヨーロッパ、北米原産。
3月初めから、いまも咲いています。花期が長い。指比較はしませんでしたが、小さな花です。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17aritori_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19aritori_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20aritori_08_5_14.JPG


続いて、ラン科を二つ。

【エビネ】
海老根。ラン科エビネ属。日本原産。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21ebine_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22ebine_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
23ebine_08_5_14.JPG

【シラン】
紫欄、紅欄とも。ラン科シラン属。日本原産。
今年、改めて好きになりました♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
24siran_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
25siran_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
26siran_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
27siran_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
28siran_08_5_14.JPG


ラストは、メギ科。

【イカリソウ】
碇草。メギ科イカリソウ属。日本原産。
これも色々な品種があるようで、昨年のものとはまた違う品種です。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
29ikarisou_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
30ikarisou_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
31ikarisou_08_5_14.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
32ikarisou_08_5_14.JPG















この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/240-de11b504
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
トップのオミクジの写真には、?って思い、ワスレナグサの説明を読んでるうちにすっかり忘れておりましたが、力技で落としてくれましたね。
ちと強引過ぎ(笑)。

ワスレナグサ、好きな花です。
私も用意しておりますが、纏めるのにもう少し時間がかかりそうです。
ホタルカズラ、いいですね。
どこがカズラなの?って思っちゃいましたけどね。

アメリカフウロは、すっかり帰化しちゃってますね。
うちの近所ではそれほどでもないんですが、場所によると凄い状態になってましたよ。
道中アメリカフウロだらけ(笑)。
ブルーのフウロソウ、可愛いですね~~
葉っぱがゼラニュームっぽいんだけど、こちらもフウロソウ科でしたね。

クルマバツクバネソウ、これには興味津々です。
花びらは無しなんですね。
上と根元に6枚の葉っぱがあって、茎の途中には何も無いってことですか?
ヘー、面白い面白い。見てみたいです。

この黄色いイカリソウ、面白いですね。
なんだかコロンとした姿で、可愛いです。
Posted by goro's at 2008.05.15 01:24 | 編集
ドイツの恋人の話から日本の恋人の思いのこめられたおみくじでしたか。
ワスレナグサは世界中どこでも、忘れないでという名前なんですね。
この悲恋物語に世界中の人が心揺さぶられた結果でしょうか。
ドジなやつめ、なんていっちゃかわいそうですよ(^.^)
といいつつ私も、この話を最初に知ったときには「泳げなかったの?」と
現実的なことに想いが飛びましたが。ワスレナグサ咲く頃のドナウ川は冷たい雪解け水がとうとうと流れていたのでしょう…。
可愛いくて好きな花です。ホタルカズラも可愛いですけど、
実物を見たことがないので。

アメリカフウロはうちの近所でも毎年増え続けてます。
noodlesさん、淡いピンクの色上手に撮れていらっしゃいますね。

クルマバツクバネソウにはびっくりです。見るのも聞くのも初めて。
面白い花ですねぇ。
アリウム・トリケトラムも会ったことない花ですが可愛いですね。
花期が長いのも魅力的だなぁ…

イカリソウも会ったことはありませんが写真ではよく。
でも葉っぱの様子はあまり見たことありませんでした。花後も十分
観葉植物としてやっていけますね。
 
Posted by ポージィ at 2008.05.15 10:38 | 編集
ドイツの騎士はですね。きっと重い甲冑を着けていたのです。どっこらしょっと腰を曲げようとしたらそのままどんがらがっしゃんと川に落ちてしまったのでしょう。悲劇ですね。( πдπ)

クルマバツクバネソウというのはすごい花ですね。緑の花びらにしかみえません。

イカリソウというのはかわいいですね。お庭に欲しいような。。。
Posted by てんてん at 2008.05.17 23:22 | 編集
goro'sさん

>トップのオミクジの写真には、?って思い、ワスレナグサの説明を読んでるうちにすっかり忘れておりましたが、力技で落としてくれましたね。
ちと強引過ぎ(笑)。

ははは。やっぱ無理がありました?

>ワスレナグサ、好きな花です。
私も用意しておりますが、纏めるのにもう少し時間がかかりそうです。
ホタルカズラ、いいですね。
どこがカズラなの?って思っちゃいましたけどね。

ホタルカズラ(螢葛)、花後に長い茎を地表に這わせるみたいです。

>アメリカフウロは、すっかり帰化しちゃってますね。
うちの近所ではそれほどでもないんですが、場所によると凄い状態になってましたよ。
道中アメリカフウロだらけ(笑)。
ブルーのフウロソウ、可愛いですね~~
葉っぱがゼラニュームっぽいんだけど、こちらもフウロソウ科でしたね。

そうですね。場所によってはかなり繁殖しています。

>クルマバツクバネソウ、これには興味津々です。
花びらは無しなんですね。
上と根元に6枚の葉っぱがあって、茎の途中には何も無いってことですか?
ヘー、面白い面白い。見てみたいです。

その通りなんです!
茎の途中は何にないんです!!
検索してみると、僕の撮ったものと微妙に違うものもあるようです。

>この黄色いイカリソウ、面白いですね。
なんだかコロンとした姿で、可愛いです。

そうなんです。
あまり怒ってないですね(笑)。。
Posted by noodles3 at 2008.05.19 12:45 | 編集
ポージィさん

>ワスレナグサは世界中どこでも、忘れないでという名前なんですね。
この悲恋物語に世界中の人が心揺さぶられた結果でしょうか。
ドジなやつめ、なんていっちゃかわいそうですよ(^.^)
といいつつ私も、この話を最初に知ったときには「泳げなかったの?」と
現実的なことに想いが飛びましたが。ワスレナグサ咲く頃のドナウ川は冷たい雪解け水がとうとうと流れていたのでしょう…。
可愛いくて好きな花です。ホタルカズラも可愛いですけど、
実物を見たことがないので。

なるほど!
冷たい雪解け水は、妙に納得です。。

>アメリカフウロはうちの近所でも毎年増え続けてます。
noodlesさん、淡いピンクの色上手に撮れていらっしゃいますね。

ありがとうございます。
といっても、何枚も撮ってまともに色が出たのはこのカットだけんですけどね。。。

>クルマバツクバネソウにはびっくりです。見るのも聞くのも初めて。
面白い花ですねぇ。
アリウム・トリケトラムも会ったことない花ですが可愛いですね。
花期が長いのも魅力的だなぁ…

クルマバ〜は、北鎌倉円覚寺。
アリウム〜は、中○黒公園です。

>イカリソウも会ったことはありませんが写真ではよく。
でも葉っぱの様子はあまり見たことありませんでした。花後も十分
観葉植物としてやっていけますね。

ですね。
特に黄花のが、かわいい葉っぱですね♪
Posted by noodles3 at 2008.05.19 12:57 | 編集
てんてんさん

>ドイツの騎士はですね。きっと重い甲冑を着けていたのです。どっこらしょっと腰を曲げようとしたらそのままどんがらがっしゃんと川に落ちてしまったのでしょう。悲劇ですね。( πдπ)

なるほど。重い甲冑。これも納得。ふむふむそう考えれば戦士の悲劇だなあ。。

>クルマバツクバネソウというのはすごい花ですね。緑の花びらにしかみえません。

撮ってるときに、これは葉っぱだなって気づきましたが、ビックリでした!

>イカリソウというのはかわいいですね。お庭に欲しいような。。。

園芸品種が豊富にあるようですよ〜♪
Posted by noodles3 at 2008.05.19 13:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。