--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.08.25

フラワーセンター大船植物園4。

【アゲラタム】キク科。メキシコ、ペルー原産。
これは以前いたち川で撮ったもの。他に白・ピンク花もあるようです。
00ageratamu_n.JPG


【アマランサス】葉鶏頭(ハゲイトウ)、ひゆ科。熱帯アジア原産。
01amaransasu1.JPG


02amaransasu2.JPG


03amaransasu3.JPG


【ベニゴウカン】大紅合歓、マメ科。ボリビア原産。
以前もご紹介しましたが、今回はこの針のような花が咲く様子(蕾み)も発見。
04benigoukan1.JPG


05benigoukan2.JPG


06benigoukan3.JPG


【ベニマツリ】紅茉莉、アカネ科。キューバ、パナマ原産。
07benimaturi.JPG


【ハキダメギク】掃溜菊、キク科。熱帯アメリカ。
あんまりな名前であるが、堆肥など有機物の置かれた場所に生育するのだそうです。
昔でいえば、肥溜めの花である。
08hakidamegiku1.JPG


09hakidamegiku2.JPG


【ホルショルディア・テッテンシス】クマツヅラ科。アフリカ原産。
以前も撮ったんですが、こんな姿に変身しておりました。
10horushorudia_tettensisu.JPG


【イヌラ・ナツコマチ】キク科。北アフリカ原産。
詳細不明。
11inura_natukomati.JPG


【カリアンドラ・エマルギナタ】マメ科。南メキシコ/グァテマラ。
上記、ベニゴウカンと同じ合歓の木の仲間。
12kariandora emaruginata3.JPG


13kariandora emaruginata2.JPG


【カワラナデシコ】河原撫子、ナデシコ科。ヨーロッパ、アジア北部。
因みに八重咲きのものが西洋ナデシコ(カーネーション)だそうです。
14kawaranadesiko.JPG


【ケショウボク】化粧木、トウダイグサ科。メキシコ原産。
クリスマスのポインセチアも仲間だそうです。
15keshouboku1.JPG


16keshouboku2.JPG


【クマツヅラ】熊葛、クマツヅラ科。ヨーロッパ、中国、日本原産。
小さな花で、まともに写ったのはこの一枚のみ。
17kumatuzura.JPG


【クレロデンドルム・マクロシフォン】クマツヅラ科。熱帯アフリカ原産。
18kurerodendorumu1.JPG


19kurerodendorumu2.JPG


【サッコウフジ】酢甲藤、マメ科。台湾、中国南部原産。
台湾酢甲とも呼ばれるそうです。
20sakkofuji.JPG


21sakkofuji2.JPG


【オミナエシ】女郎花、オミナエシ科。朝鮮半島、中国、日本原産。
白花のオトコエシ(男郎花)に対して、女郎花というそうです。
22ominaesi1.JPG


23ominaesi2.JPG


【サルビア・ウリギノーサ】シソ科。ブラジル南部、アルゼンチン原産。
別名ボッグセージといい、原産地ではボッグ(沼)、湿地に生息する。
24sarubiaurigino-sa.JPG


【サルスベリ】百日紅、ミソハギ科。中国原産。
今、あちらこちらで観られます。
25sarusuberi1.JPG


26sarusuberi2.JPG


【タンジー】蓬菊、キク科。ヨーロッパ、シベリア原産。
小さな黄色のボタンって感じです。かなり可愛いです。
27tanji-.JPG


【ヤブミョウガ】薮茗荷、ツユクサ科。
あのヤブミョウガも実をつけ始めました。
28yabumyouga_mi.JPG


この日(12日)は家内と息子は所用で不在。
大船植物園まで、炎天下、自転車で行ってみることに。
片道40分。
思いっきり、撮影に専念できました。
ところが、雲行きが怪しくなり空がみるみる真っ暗になってきた。
こりゃ、来るかな? と、温室に避難。
いや~、壮絶な雷と稲妻でした!
蚊に刺されること、12カ所。
雨脚が弱まったといえ、濡れながら帰りました。


この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/24-2db2e54a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。