--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.04.09

08年、路傍にて34。/春の木花3♪

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00yukiya_08_4_9.JPG
木花だけでもかなりのストックが渋滞中。

【ユキヤナギ】
雪柳。バラ科シモツケ属。日本原産。
ユキヤナギの雪の意味に納得♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01yukiya_08_4_9.JPG


【アオキ】
青木。ミズキ科アオキ属。日本原産。
上2枚が雄花、下2枚は雌花。
大好きな花の一つ♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02aoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03aoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04aoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05aoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06aoki_08_4_9.JPG


【アカバナミツマタ】
赤花三叉。ジンチョウゲ科ミツマタ属。日本原産。
疾うに花期が過ぎてしまいましたが、お蔵入りさせるのは忍びない美しさ♪
四国(愛媛県とも高知県ともいわれている)の栽培地で、第二次大戦後に見つかった、黄花の突然変異種。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07akamitu_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08akamitu_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09akamitu_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10akamitu_08_4_9.JPG


【ベニバナトキワマンサク】
紅花常盤万満作。アカバナトキワマンサク(赤花常盤万作)とも。マンサク科ロロペタルム属。日本、中国、インド原産。
通常のマンサクより、花期が遅いです。このピンクには、とにかく圧倒されます♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11benitoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12benitoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13benitoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14benitoki_08_4_9.JPG


【ネコヤナギ】
猫柳。狗尾柳(えのころやなぎ) 、カワヤナギ、トウトウヤナギ、タニガワヤナギとも。ヤナギ科ヤナギ属。日本、中国原産。
以前、柵越しにしか撮れませんでしたが、偶然柵内に入れました♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15nekoya_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16nekoya_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17nekoya_08_4_9.JPG


【ヤクシマオナガカエデ】
カエデ科カエデ属。日本原産。
流通名は脇坂綿という園芸種だそうです。屋久島の固有種だそうで、これはフラワーセンター大船植物園では昭和48年に鹿児島大学より種子を入手、育成。班入りの貴重種だそうです。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18yakuonakae_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19yakuonakae_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20yakuonakae_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21yakuonakae_08_4_9.JPG













この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/227-82310a8c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あ、猫柳の花ってこんななんですね!
初めて見ました。猫の尻尾がいっぱい。(笑)

赤いミツマタも初めて。綺麗ですね~~。

そろそろ、ユキヤナギの季節ですね~♪
Posted by てんてん at 2008.04.09 22:14 | 編集
花木の花たちも、怒涛の如く押し寄せてきてますね。
どうぞどうぞお先にって開き直ってはいるんですが、未練たらしくシャッターだけは押しています。
パンク寸前の花倉庫、見るのが恐いです(笑)。

アオキの雌雄、ばっちしわかります。
木の花で、この花色は珍しいですよね。

アカバナミツマタ、何度見ても可愛いです。
折角の美人さんですものね、お披露目してあげなくちゃ(笑)。

ベニバナトキワマンサクも、咲き出す前は、マンサク同様やっぱりピーヒョロ笛なんですね(笑)。
可愛い~~

ヤクシマオナガカエデですか。
カエデ系の花は、今まで何度も撮影に失敗しちゃって、一度もまともなものが撮れたことありません(泣)。
きれいな花ですね。
大きそうな木で、その上に斑入りなんですね。
不思議な雰囲気です。
Posted by goro's at 2008.04.10 01:37 | 編集
見事なユキヤナギですね。枝がのたうってます(^^;)
ユキヤナギは好きなんですが、ここまで暴れているのを見ると
ちょっと引くかもしれません。

アオキの花が雌雄そろって登場ですね。この渋い色の小さな花、
以前お好きだと言っていらっしゃいましたよね。今でも変わりませんか?

ベニバナトキワマンサク、春は木全体がピンクに染まるほど咲きますね。
ショッキングピンク!目がチカチカするほどです(^^)
秋にもう少し少なく咲くときの葉っぱとの組み合わせの方が好きかな。

ヤクシマオナガカエデ へぇ、大船植物園にはそんな貴重種もあるんですね。
屋久島の固有種がよくぞ神奈川で。
一般的なカエデの花とはだいぶ違う形で、綺麗で可愛い花ですね。

Posted by ポージィ at 2008.04.10 11:41 | 編集
てんてんさん

>あ、猫柳の花ってこんななんですね!
初めて見ました。猫の尻尾がいっぱい。(笑)

猫毛の蕾もいいですが、花もさらに尻尾らしい♪ ですね。

>赤いミツマタも初めて。綺麗ですね~~。

これは晴れた青空に、絶妙なコントラストが映えます!

>そろそろ、ユキヤナギの季節ですね~♪

少し前の撮影分ですが、狂喜乱舞しておりました〜♪
Posted by noodles3 at 2008.04.11 20:23 | 編集
goro'sさん

>花木の花たちも、怒涛の如く押し寄せてきてますね。
どうぞどうぞお先にって開き直ってはいるんですが、未練たらしくシャッターだけは押しています。
パンク寸前の花倉庫、見るのが恐いです(笑)。

まだまだ、指折り数えても指が足りないくらい、押し寄せてきます!(笑)

>アオキの雌雄、ばっちしわかります。
木の花で、この花色は珍しいですよね。

やはりカメラが変わって、飛躍的に確認しやすくなりました〜。
この色はほんとシックで好きです♪

>アカバナミツマタ、何度見ても可愛いです。
折角の美人さんですものね、お披露目してあげなくちゃ(笑)。

花も終わってしまい、あぶないところです(汗)。
どさくさに紛れての掲載です〜♪

>ベニバナトキワマンサクも、咲き出す前は、マンサク同様やっぱりピーヒョロ笛なんですね(笑)。
可愛い~~

そうそう、ピーヒョロロ〜なんです(笑)。
本体が鬱蒼としてるので、むしろこちらの方が可愛いのかも。。

>ヤクシマオナガカエデですか。
カエデ系の花は、今まで何度も撮影に失敗しちゃって、一度もまともなものが撮れたことありません(泣)。
きれいな花ですね。
大きそうな木で、その上に斑入りなんですね。
不思議な雰囲気です。

鈴なりの地味〜な小花が、遠目には塊で映えていました。
4メートル以上あったと思います。
カエデの花はほんと難しい。
僕も成功していません。。。
Posted by noodles3 at 2008.04.11 20:32 | 編集
ポージィさん

>見事なユキヤナギですね。枝がのたうってます(^^;)
ユキヤナギは好きなんですが、ここまで暴れているのを見ると
ちょっと引くかもしれません。

情緒を通り越して、乱舞している姿が氷に覆われた枝に見えて新鮮でした。かなり乱暴者な感じです(笑)。

>アオキの花が雌雄そろって登場ですね。この渋い色の小さな花、
以前お好きだと言っていらっしゃいましたよね。今でも変わりませんか?

はい!
開花前からまだかまだかと、観察しておりました〜♪
色がなんとも好きです。

>ベニバナトキワマンサク、春は木全体がピンクに染まるほど咲きますね。
ショッキングピンク!目がチカチカするほどです(^^)
秋にもう少し少なく咲くときの葉っぱとの組み合わせの方が好きかな。

ああ、秋のも捨てがたいですね!

>ヤクシマオナガカエデ へぇ、大船植物園にはそんな貴重種もあるんですね。
屋久島の固有種がよくぞ神奈川で。
一般的なカエデの花とはだいぶ違う形で、綺麗で可愛い花ですね。

なんといっても、大好きな風に揺れる小花です♪(笑)
Posted by noodles3 at 2008.04.11 20:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。