--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.12.27

ロウバイ咲きました♪/07年、路傍の草花97。

00roubai_07_12.JPG


ロウバイ咲きました♪
昨年は、良い状態のものに巡り会えなかった。
今年は早々に開花した、正に蝋質のような透明感ある花を観ることができました。
そして幸運にも、北鎌倉東慶寺境内には、ロウバイ、ソシンロウバイの両方があり、双方の違いが充分に満喫できます。

ロウバイの花の中心部は、フルボディのどっしりしたワインのような濃い赤色。
ソシンロウバイは全て淡い黄色。素心=飾らないということで、それはそれでナイーブで魅力的な花ですね♪



【ロウバイ】
蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅。ロウバイ科ロウバイ属。中国原産。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
01roubai_07_12.JPG


02roubai_07_12.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
03roubai_07_12.JPG


04roubai_07_12.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
05roubai_07_12.JPG


06roubai_07_12.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
07roubai_07_12.JPG


【ソシンロウバイ】
素心蝋梅。ロウバイ科ロウバイ属。中国原産。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
08sosinroubai_07_12.JPG


09sosinroubai_07_12.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
10sosinroubai_07_12.JPG


11sosinroubai_07_12.JPG


12sosinroubai_07_12.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
13sosinroubai_07_12.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪


この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/189-a809a157
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ロウバイの花、見たこと無いんです。
ソシンロウバイばかりです。
ヘェー、蕾の時は黄色いのに、咲き進むにつれて白っぽくなるんですね。
やっぱり本家のロウバイのほうが、蝋っぽいですね。
蝋梅との命名、大いに納得いたしました。
Posted by goro's at 2007.12.28 03:52 | 編集
これまた香り高い花ですよね。
私も職場近くの蝋梅を見に行きたかったのですが、ついに行けませんでした。
この年末に、花を見に行ってたら顰蹙だしな~~。

誰が名づけたのか知りませんが、本当にロウ細工のようですね。
Posted by てんてん at 2007.12.28 23:05 | 編集
goro'sさん

>ロウバイの花、見たこと無いんです。
ソシンロウバイばかりです。

そうだったんですね。
ゴローさんとこの、過去記事リンクを辿って知りました。

>ヘェー、蕾の時は黄色いのに、咲き進むにつれて白っぽくなるんですね。

確かに蕾ほど濃くはないですが、ちゃんとクリーム色なんですよ。
光の方向の問題で、僕の写真では、色が出ていないだけです。

>やっぱり本家のロウバイのほうが、蝋っぽいですね。
蝋梅との命名、大いに納得いたしました。

どうでしょう?
ただ、花付きは圧倒的にソシンロウバイの方が良かったです。

Posted by noodles3 at 2007.12.29 02:26 | 編集
てんてんさん

>これまた香り高い花ですよね。
私も職場近くの蝋梅を見に行きたかったのですが、ついに行けませんでした。
この年末に、花を見に行ってたら顰蹙だしな~~。

近くなのに眺めることもできないんですか。
忙しいのですね。

>誰が名づけたのか知りませんが、本当にロウ細工のようですね。

唐時代の中国原産ですが、むこうでそもそも蝋梅だったそうですよ。
Posted by noodles3 at 2007.12.29 02:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。