--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.12.03

07年、路傍の草花88。

00seki_07_12.JPG


今回は、テイオウダリアとパンパスグラスを撮りに、フラワーセンター大船植物園に、先々週末出かけたときの写真です。



【カンツバキ】
寒椿。ツバキ科ツバキ(カメリア)属。日本、朝鮮半島原産。
正確には、立寒椿という品種です。
01rikkantubaki_07_12.JPG


02rikkantubaki_07_12.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
03rikkantubaki_07_12.JPG


【サザンカ】
山茶花。ツバキ科ツバキ(カメリア)属。日本原産。
正確には、乙女山茶花という品種です。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
03otomesazanka_07_12.JPG


04otomesazanka_07_12.JPG


【テイオウダリア】
帝王ダリア、皇帝ダリア、木立ダリアとも。キク科ダリア属。メキシコ~コロンビア原産。
これだけは僕の場合、大船植物園でしか逢えません。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
05teioudaria_07_12.JPG


06teioudaria_07_12.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
07teioudaria_07_12.JPG


【パンパスグラス】
シロガネヨシ(白銀葭)とも。イネ科シロガネヨシ属。南アメリカ原産。
これも僕の場合、大船植物園でしか逢えません。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
08panpa_07_12.JPG


09panpa_07_12.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
10panpa_07_12.JPG


【フユザクラ】
冬桜。バラ科サクラ属。日本原産。
前回の八重咲きが、ジュウガツザクラ
こちらの一重咲きは、フユザクラと区別するそうです。
わかれば、二度おいしいですね♪
11fuyuzakura_07_12.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
12fuyuzakura_07_12..jpg


13fuyuzakura_07_12..JPG


14fuyuzakura_07_12..JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
15fuyuzakura_07_12..JPG


16fuyuzakura_07_12..JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
17fuyuzakura_07_12..JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/180-a36fcdc2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
早咲きのツバキたちも、ちらほら見かけられるようになりました。
サザンカは今を盛りと咲いています。
赤色系の色目が少なくなってますのでね、貴重な冬の花たちです。

憧れの皇帝ダリア~~
結局今年も出会えずじまいです。
この株、しっかり支えられて、きれいな状態ですね。
他のブログで拝見したものとは、趣が違ってみえます。
こんな育て方もあるんですね。

パンパスグラスたちも、そろそろお仕舞いですね。
私はね、この穂をね、いただいちゃってきましたよ。
ただ羽毛状の種子が飛び回って、扱うにはたいへんです。

フユザクラとの出会いもあったのですね。
ジュウガツザクラとはまた違う、フユザクラなりの魅力がありますよね。
二度おいしい~~ですよね(笑)。
Posted by goro's at 2007.12.04 04:08 | 編集
山茶花や椿たち、冬枯れの景色に暖かな彩りをもたらしてくれますね。
これらの花がなかったら、冬景色はさらに寂しげ~になってしまいますね。

コウテイダリア、大船植物園のも立派ですね!!
さすが、しっかりした支えが作られてる。
これだけ大きな植物ですから、広~い場所のあるお宅でないと
なかなか育てられないでしょうね。
お値段も結構しますし。タ○イの種のカタログを見たら、2株で¥2000弱でした。
Posted by ポージィ at 2007.12.04 11:05 | 編集
goro'sさん

>早咲きのツバキたちも、ちらほら見かけられるようになりました。
サザンカは今を盛りと咲いています。
赤色系の色目が少なくなってますのでね、貴重な冬の花たちです。

路傍の草花100回達成には、ツバキやサザンカも欠かせません(笑)。
でも、痛んでいるものも多いので、難しい花たちです。。

>憧れの皇帝ダリア~~
結局今年も出会えずじまいです。
この株、しっかり支えられて、きれいな状態ですね。
他のブログで拝見したものとは、趣が違ってみえます。
こんな育て方もあるんですね。

僕も改めて検索していたら、やはり大船植物園の皇帝ダリアの記事が多いですね。3m弱あるでしょうか。
見事なものですが、肝心の花部が遠いのが玉にきず。。

>パンパスグラスたちも、そろそろお仕舞いですね。
私はね、この穂をね、いただいちゃってきましたよ。
ただ羽毛状の種子が飛び回って、扱うにはたいへんです。

あれ?
ゴローさんのは野生だっけ?(笑)
ドライフラワーとして、流通するそうですが、そんなに大変なんですか!

>フユザクラとの出会いもあったのですね。
ジュウガツザクラとはまた違う、フユザクラなりの魅力がありますよね。
二度おいしい~~ですよね(笑)。

二度美味しい、使わせていただき感謝します(笑)。
Posted by noodles3 at 2007.12.04 23:54 | 編集
ポージィさん

>山茶花や椿たち、冬枯れの景色に暖かな彩りをもたらしてくれますね。
これらの花がなかったら、冬景色はさらに寂しげ~になってしまいますね。

正直、昨年はあまり触手が動きませんでした。
公園や自然保護区のものは、状態の良いものに出会うタイミングが、難しいということもあります。
しかし、路傍シリーズ100回達成と思えば、薔薇のように美しく見えてきます(笑)。

>コウテイダリア、大船植物園のも立派ですね!!
さすが、しっかりした支えが作られてる。

3m弱ありますよ!

>これだけ大きな植物ですから、広~い場所のあるお宅でないと
なかなか育てられないでしょうね。
お値段も結構しますし。タ○イの種のカタログを見たら、2株で¥2000弱でした。

皇帝なだけに、セレブ仕様ということでしょうか。。。
Posted by noodles3 at 2007.12.05 00:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。