--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.14

07年、路傍の草花80。

00k_07_11.JPG


今回は、2つの不明花……。
では、宜しくお願いしま~す。



【イソギク】
磯菊。キク科キク属。日本原産。
本来は、房総や伊豆沖に自生するそうですが、園芸用として広まっているようです。
01isogiku_07_11.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
02isogiku_07_11.jpg


03isogiku_07_11.JPG


【シマカンギク】
島寒菊、アブラギクとも。キク科キク属。日本(北海道・沖縄を除く)、台湾、朝鮮、中国原産。
江戸時代に、花を油に浸して傷薬をつくったそうで、アブラギクとも呼ばれます。
04simakangiku_07_11.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
05simakangiku_07_11.jpg


【サツマノギク】
薩摩野菊。キク科キク属。日本(九州南部)原産。
これも本来は、鹿児島県、熊本県の海岸に自生する野菊だそうです。
06satumanogiku_07_11.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
07satumanogiku_07_11.jpg


【ネリネ】
ヒガンバナ科ネリネ属。南アフリカ原産。
今年は紅花を発見。(昨年のものはこちら)大正末期に渡来したそうです。
08nerine_07_11.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
09nerine_07_11.jpg


10nerine_07_11.JPG


【ギョリュウバイ】
御柳梅。フトモモ科ネズモドキ属。オーストラリア、ニュージーランド原産。
八重咲きの白花とのこと。
(11月15日12時30分修正)

【名称不明】
これが、わかりません。シベがないのでしょうか?
↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
11fumei_07_11.jpg


12fumei_07_11.JPG


13fumei_07_11.JPG


【サルビア・コッキネア・コーラルニンフ】
シソ科アキギリ属(サルビア属)。北アメリカ、メキシコ、南アメリカ原産。
サルビアは種類が多く、検索に苦労します。明治時代に渡来したそうです。
14sarubia_07_11.JPG


15sarubia_07_11.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます♪
16sarubia_07_11.jpg


【シシユズ】
獅子柚、オニユズ(鬼柚)とも。ミカン科ミカン属。中国原産。
雲南省・四川省あたりが原産とのこと。
皮を柚のように使ったり、柚湯、マーマレードに最適とか。
(11月15日12時30分修正)

【名称不明】
17fumei_07_11.JPG


18fumei_07_11.JPG


19fumei_07_11.JPG

まあ花ではありませんが、来年のためにと思い検索するも断念。
でかいです! 30センチ弱。ちょっとしたカボチャ並みでした。
食えるのか? 美味いのか??
実は毎朝起きると、朝食前にグレープフルーツ1個を食べるという健康法を実践しております。
子供の頃から小さいミカンばかり食べていたので、実の大きいグレープフルーツをほおばるのが嬉しくて仕方がない。
このでかい名称不明くんが、美味かったらどうしよう……。

※これだけは、先週目黒川沿い(○刈公園近く)で撮影。他は全て、11月3~4日に鎌倉で撮影したものです。





←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/172-08b01572
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
イソギク、もう咲いていましたか。
強めだけど、香りが好きなんですよ。
葉っぱの白い縁取りが、可愛いんだよな。

シマカンギク、サツマノギク、どちらも未見です。
サツマノギクはイソギクのように、葉に縁取りがありますね。
ハチさん? 頑張って飛んでますね~~

名称不明1は、八重の【ギョリュウバイ・御柳梅】です。

名称不明2は、ユズですよ。柚子の実です。
シシユズともオニユズともいわれる、大きな柚子です。
私も○刈公園でチェックしてみます~~
Posted by goro's at 2007.11.15 00:53 | 編集
イソギク、葉の白い縁取りがいいアクセントですよね。
うちの近所でも毎年咲いていたのですが、今年は整理されてしまって激減。
ちょっと残念です。
シマカンギクやサツマノギク、その他の菊たちみな、私は見分けが付きません~
黄色のスプレー菊、白のスプレー菊になっちゃいます。
見分けの決め手となる特徴があるのですか?

不明のものは悟郎さんが答えを出してくださってますね。
八重のギョリュウバイは会ったことありませんが、シシユズは
近くの造園屋さんのストック場でも重たげな実をぶら下げています。
食用というよりは観賞用ではないでしょうか。
皮をすりおろしてお餅に混ぜるとかジャムにするという方もいるようですが。
Posted by ポージィ at 2007.11.15 10:56 | 編集
goro'sさん

>イソギク、もう咲いていましたか。
強めだけど、香りが好きなんですよ。
葉っぱの白い縁取りが、可愛いんだよな。

普通は、もう少し遅く咲くもんなんですか?
班入りのものもあるそうですね。

>シマカンギク、サツマノギク、どちらも未見です。
サツマノギクはイソギクのように、葉に縁取りがありますね。
ハチさん? 頑張って飛んでますね~~

どちらも葉に特徴があり、検索できました~♪
偶然、蜂?が舞っていたので、狙いました(笑)

>名称不明1は、八重の【ギョリュウバイ・御柳梅】です。

ありがとうございます。
早速、修正致しました♪

>名称不明2は、ユズですよ。柚子の実です。
シシユズともオニユズともいわれる、大きな柚子です。

ほう!
確かに柚なんですね!!
知りませんでした。
ありがとうございました。

>私も○刈公園でチェックしてみます~~

○刈公園から目黒川に出て、山手通りにぶつかるまでの途中で、池尻を前方に右側の川沿い。
駐車場に植えられています♪
Posted by noodles3 at 2007.11.15 13:04 | 編集
ポージィさん

>イソギク、葉の白い縁取りがいいアクセントですよね。
うちの近所でも毎年咲いていたのですが、今年は整理されてしまって激減。
ちょっと残念です。

僕も刈り取られ、今年出逢えなかった花がかなりあります。
仕方ありませんが。。。

>シマカンギクやサツマノギク、その他の菊たちみな、私は見分けが付きません~
黄色のスプレー菊、白のスプレー菊になっちゃいます。
見分けの決め手となる特徴があるのですか?

所持している図鑑に、見分けのポイントが掲載されていて、葉の形状で判別しました!

>不明のものは悟郎さんが答えを出してくださってますね。
八重のギョリュウバイは会ったことありませんが、シシユズは
近くの造園屋さんのストック場でも重たげな実をぶら下げています。
食用というよりは観賞用ではないでしょうか。
皮をすりおろしてお餅に混ぜるとかジャムにするという方もいるようですが。

いつもありがとうございます。
流石、諸先輩は知っていましたね。
心強いです。
お二人のおかげで、グリーンストライプを継続できております。

こんなにおおきな柚なら、一個でしばらく使えますね!
でも一応駐車場で、人様の所有なんです(笑)。
Posted by noodles3 at 2007.11.15 13:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。