--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.07

07年、路傍の草花77。

00engakuji.JPG


本日からは、先週末鎌倉で撮り貯めしてきたものを、紹介させていきます。
息子の仏像ブームによって、毎週初めての寺を巡ります。
おかげで、思いがけない花との出逢いもあり、息子様々でございます。
花枯れ時期に突入し、どうなることやらと危惧しておりましたが、幸い今月分は確保できました。
従って、週を追うごとに時期がずれていくと思われます。
ご了承下さいませ。

目指せ! 路傍の草花100回!!(ムリ?)



【名称不明】
蕾でしょうか。
四弁花のようです。葉がヒイラギ系にも見えますが……。
いずれにせよ、開花が待ち遠しい。
02_07_11.JPG


01_07_11.JPG


【サラシナショウマ】
晒菜升麻。キンポウゲ科サラシナショウマ属。シベリア~中国、朝鮮原産。
接写マニアには、こういう捉えどころのない花は、苦手です。
03sarasinashouma_07_11.JPG


04sarasinashouma_07_11.JPG


05sarasinashouma_07_11.JPG


【セキヤノアキチョウジ】
関屋の秋丁字。シソ科ヤマハッカ属。日本原産。
セキヤノアキチョウジは関東と中部地方にしか咲かないのに対して、アキチョウジは岐阜県以西の西日本にしか咲かないそうです。
06akichouji_07_11.JPG


07akichouji_07_11.JPG


08akichouji_07_11.JPG


09akichouji_07_11.JPG


【ホトトギス】
杜鵑。ユリ科ホトトギス属。日本原産。
お馴染みホトトギスも、赤味が増してきました。
10hototo_07_11.JPG


【センリョウの実】
千両。センリョウ科センリョウ属。日本(本州中部以西)、中国、台湾、朝鮮半島南部、インド、マレーシア原産。
花期は6~7月、覚えとこ……。
11senryou_07_11.JPG


12senryou_07_11.JPG


13senryou_07_11.JPG


【マンリョウの実】
万両。ヤブコウジ科ヤブコウジ属。日本(関東南部以西)、台湾、中国、朝鮮半島・インド原産。
千両・万両同時制覇で、来年は福の神が来るでしょうか?
花期は5~8月、メモメモ……。
14manryou_07_11.JPG


15manryou_07_11.JPG


【ヤクシソウ】
薬師草。キク科オニタビラコ属。日本原産。
見つけました!
でも、接写不可な場所でした。残念。
16yakusisou_07_11.JPG


17yakusisou_07_11.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪



この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/169-6b4c931f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
トップの紅葉の写真、いいですね。
全木の紅葉も、それはそれで素晴らしいでしょうが、この段階のものには、品がありますよね。
素敵です。

名称不明花、さてなんでしょう。
とっかりの情報が少ない花ですね。
蔓性植物に見えますけどね。
開花した状態を、是非みせてください。

サラシナショウマ、未見です。
長いブラシのようですね(笑)。

京都でアキチョウジに出会われて、今度はセキヤノアキチョウジにも出会ったんですね。
どちらにも、まったく縁がなさそうです。

センリョウ、マンリョウの赤い実たち、これからが本番ですね。
今回は黄色いセンリョウでしたけどね~~
美味しそうに写ってますね。
この時間帯だと、余計そう思ってしまいます(笑)。

ヤクシソウとの出会い、おめでとうございます~~
明るい黄色だったでしょう?
オニタビラコのお仲間だとは思えないような大きさだったでしょう?
noodlesさんの出会ったものは、まだ小振りのほうですよ。
Posted by goro's at 2007.11.08 03:13 | 編集
一部分が紅葉しているもみじ、すてきですねぇ。
紅葉、見にいけるかなぁ…何年来見に行ったことないのです。

サラシナショウマ、面白い花ですね。会ったことありませんが。
ブワッ!と膨らませた猫の尻尾を思い出しました。もちろん白猫♪

よかったですねぇ。2種類のアキチョウジにお会いになれて。
洋風のサルビアたちとはちょっと違う風情ある姿、と思うのは
背景のせいもあるのでしょうか。それとも花の付き方のせい?

ヤクシソウともお会いになれたのですね。接写は無理な場所、といえど
これだけ綺麗なアップの写真をお撮りになれるのですから、素晴らしいです。
Posted by ポージィ at 2007.11.08 13:05 | 編集
goro'sさん

>トップの紅葉の写真、いいですね。
全木の紅葉も、それはそれで素晴らしいでしょうが、この段階のものには、品がありますよね。
素敵です。

ありがとうございます。
東京や横浜では、真っ赤っかの紅葉って、なかなか観れないですよね。
鮮やかな赤を通り越して、茶→黄色になってしまいます。

>名称不明花、さてなんでしょう。
とっかりの情報が少ない花ですね。
蔓性植物に見えますけどね。
開花した状態を、是非みせてください。

そうします!

>サラシナショウマ、未見です。
長いブラシのようですね(笑)。

うちにありますよ、こういうブラシ(笑)。

>京都でアキチョウジに出会われて、今度はセキヤノアキチョウジにも出会ったんですね。
どちらにも、まったく縁がなさそうです。

どちらも、青味の強い紫(でも淡い)の色合いは気に入っています♪

>センリョウ、マンリョウの赤い実たち、これからが本番ですね。
今回は黄色いセンリョウでしたけどね~~

そうなんですよ~、鎌倉はどの寺でも黄色っぽいほうばかりなんですよ。

>美味しそうに写ってますね。
この時間帯だと、余計そう思ってしまいます(笑)。

今の時期の赤い実が全て食えるといいのにね(笑)。

>ヤクシソウとの出会い、おめでとうございます~~
明るい黄色だったでしょう?

そうですね。春のオニタビラコみたいな鮮やかな黄色ですね!

>オニタビラコのお仲間だとは思えないような大きさだったでしょう?
noodlesさんの出会ったものは、まだ小振りのほうですよ。

15ミリほどだったでしょうか。
平均じゃないんですか?
Posted by noodles3 at 2007.11.09 16:37 | 編集
ポージィさん

>一部分が紅葉しているもみじ、すてきですねぇ。
紅葉、見にいけるかなぁ…何年来見に行ったことないのです。

でも、箱根あたりまで行っても、コマーシャルに登場する京都の紅葉みたいにはならないです。
なので、このぐらいがちょうど良いですね。

>サラシナショウマ、面白い花ですね。会ったことありませんが。
ブワッ!と膨らませた猫の尻尾を思い出しました。もちろん白猫♪

寄れば寄るほど、わけがわからなくなる花は苦手です(笑)

>よかったですねぇ。2種類のアキチョウジにお会いになれて。
洋風のサルビアたちとはちょっと違う風情ある姿、と思うのは
背景のせいもあるのでしょうか。それとも花の付き方のせい?

透けるような色合いが、日本情緒でしょうか。
メリハリのある洋物と違いますね。

>ヤクシソウともお会いになれたのですね。接写は無理な場所、といえど
これだけ綺麗なアップの写真をお撮りになれるのですから、素晴らしいです。

優秀なズーム機能の賜物なんですが、シベの様子まで撮ろうと思うと三脚が必要です。
でも、境内は禁止なんで。
ほんとはもっといっぱい撮ってるのですが、ピンがこないんです(泣)。
Posted by noodles3 at 2007.11.09 16:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。