--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.02

2007年、我が家の紫陽花事情。

本日は、花枯れ時期にと思い、ストックしていた我が家の紫陽花でも。
昨年と同じパターンで恐縮です。

実は今年は、この紫陽花に災難が降りかかりました……。
長くなるので、興味のない方はすっ飛ばしてください。

00aji_noodles.JPG


02aji_noodle.JPG


03aji_noodle.JPG


04aji_noodle.JPG


05aji_noodle.JPG


06aji_noodle.JPG


07aji_noodle.JPG


08aji_noodle.JPG


3月初旬から、我がマンションは10年おきの大改修工事でした。
壁面のひび割れや再塗装などを施すもので、最初に建物に足場を構築し、全体を斜幕で覆います。これでベランダや窓から外を望めなくなります。勿論、洗濯物も干せません。そんな時期が5月末まで続いたのです。

話を紫陽花に戻します。
ある週末庭を覗いたら、この紫陽花の木が無惨にも折られておりました。
そのすぐ脇に足場の土台が据えてあったのです。
久々に、怒り心頭に発す!!!

むろん、長谷工の工事主任にクレームを出しました。
そのときの会話です。

長谷工「この度は申し訳ありません……」
noodles「で、どうする?」
長谷工「弁償させていただけませんか?」

再び、怒り心頭。
これは紫陽花好きな僕が15年前、家内の実家の紫陽花を分けてもらい挿し木したもので、最初の5年間は花もつかなかったのです。
そんな思い入れのある、大事な俺の紫陽花をそこらで買ってきたもので勘弁しろとは言語道断である。
そもそも僕が「で、どうする?」といったのは、そんなことをしろといったのではありません。だから、かなり頭にきて思っていたことを捲し立ててやりました。

まず、たかが紫陽花の一本ぐらいと、思っていないか?
たかが紫陽花と思われるかも知れないが、それぞれの思いや楽しみで育てていることに、キミたち部外者が関与できる話ではない。
キミの子供が、たかが餓鬼だといわれ、殺められたらどう思う?

道理としては、折った本人が直接謝罪するのが筋ではないのか?
もしくは、折った本人(工員)が、主任に報告を上げるべきではないのか?
それより何故、うちの紫陽花が邪魔だと、事前に相談してくれなかったのか?
その両方もないというのは、折った本人に何ら悪気がないわけで、工事に邪魔なものは削除しても良いとの認識をもっていることにならないか?

とにかく、今後他の方々にも同様な被害・損害が及ばぬように、工事に関係した人間に被害状況を厳しく通達してほしい。
今後同様な事件が起きたとき、対処できるようにしておきたいから、そのもようを議事録に仕立て、全員の印鑑を捺してもってこい……。

09aji_noodle.JPG


10aji_noodle.JPG


11aji_noodle.JPG


12aji_noodle.JPG


13aji_noodle.JPG


と、まあこんないきさつがあったわけです。
幸い、木は生きていて園芸用の紐で、両脇に固定しました。
元気に咲いてくれましたが、今年僕が紫陽花に執着したのには、こんな理由があったというわけ。

ここまで読んでくれた貴方に、感謝致します♪

14aji_noodle.JPG


15aji_noodle.JPG


16aji_noodle.JPG


17aji_noodle.JPG


18aji_noodle.JPG


19aji_noodle.JPG


20aji_noodle.JPG


21aji_noodle.JPG


22aji_noodle.JPG


23aji_noodle.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/167-ee4e8c27
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
noodles家の愛しの紫陽花に、そんなことが起きていたんですね。

無礼だよね。
何でも弁償すれば済む世界(金だけ)でしか、ヤツラは生きていないんですよ。
誠意の問題でしょう?
過ちは起きるし起すし、それが人間です。
起きたときの対応で、人間性が評価されるんです。
土台を組んだ人が即刻謝罪してたら、すんなり収まる話でしょう。
単純明快なことが、何故出来ないんだろう。

でも大事にはいたらず、花を咲かせてくれてよかったですね。
お庭の紫陽花、堪能させていただきました~~
Posted by goro's at 2007.11.03 00:51 | 編集
おかしな東西線の老婆のお話といい、こちらといい、なんともいやはや・・・ですねぇ。
アジサイ、生き残ってくれてよかったですね。
これ、いい形に咲いていますね。

うちも以前シロアリの薬をまく際に育てていたクレマチスの苗を踏みつけにされて折られました。
庭に面した部屋の床を工事するときも古い床材を花壇にぼんぼん放り込まれたし・・・・

ああこの人たちはとにかく工事をすることだけが仕事なんだな、って思ったものです。

ところがね、折られたクレマチスが2年後に再び芽を出して伸び始めたのですよ。
うれしかった・・・・
Posted by ままちり at 2007.11.03 20:02 | 編集
そうなんですよね、彼等は弁償すればいいと思っていますね。
私にも似たような経験がありますが、自分が思っていることを全部言えませんでした。ヌードルスさんの口上、その通りなんですよ。今後の参考にします。
Posted by sakayu331 at 2007.11.03 20:06 | 編集
文章の前後にたっぷりと配されたアジサイの写真の数々にも、noodlesさんの
このアジサイへの深い思い入れと愛情が伝わってきます。
仮にも人の家のもの。失敗は誰にでもあるけれど、失敗してしまったら
誠意を持って即刻謝るべきですよね。
だまっていて、指摘されたらすぐに弁償の方へと持っていってしまう。
これでは怒られるのも無理ありません。

けれど、そんなことがあったにもかかわらず咲いてくれて本当によかったです。
私は(僕は)大丈夫だよ、心配しないで そんなアジサイの声が
聞こえてくるような気がします。
Posted by ポージィ at 2007.11.05 11:50 | 編集
goro'sさん

>noodles家の愛しの紫陽花に、そんなことが起きていたんですね。

>無礼だよね。
何でも弁償すれば済む世界(金だけ)でしか、ヤツラは生きていないんですよ。
誠意の問題でしょう?
過ちは起きるし起すし、それが人間です。
起きたときの対応で、人間性が評価されるんです。
土台を組んだ人が即刻謝罪してたら、すんなり収まる話でしょう。
単純明快なことが、何故出来ないんだろう。

願わくば、土台作りに支障があると、事前にいってほしかったですね。
まあ、無理でしょうけれど、誠意のかけらもない人種ですから。

>でも大事にはいたらず、花を咲かせてくれてよかったですね。
お庭の紫陽花、堪能させていただきました~~

折れていることは確かなので、来年どうなることやら。。
Posted by noodles3 at 2007.11.05 17:18 | 編集
ままちりさん

>おかしな東西線の老婆のお話といい、こちらといい、なんともいやはや・・・ですねぇ。
アジサイ、生き残ってくれてよかったですね。
これ、いい形に咲いていますね。

来年が心配です。
例の老婆は頭がおかしかったです(笑)。

>うちも以前シロアリの薬をまく際に育てていたクレマチスの苗を踏みつけにされて折られました。
庭に面した部屋の床を工事するときも古い床材を花壇にぼんぼん放り込まれたし・・・・

>ああこの人たちはとにかく工事をすることだけが仕事なんだな、って思ったものです。

いいたくはないですが、文化・教育レベルが低いとしか思えませんな。
やはり土木・建築は。。

>ところがね、折られたクレマチスが2年後に再び芽を出して伸び始めたのですよ。
うれしかった・・・・

いや~、良かったですね!
ほんと、生命のしたたかさには、人間なんてちっぽけなものですね。
Posted by noodles3 at 2007.11.05 17:22 | 編集
sakayu331さん

>そうなんですよね、彼等は弁償すればいいと思っていますね。
私にも似たような経験がありますが、自分が思っていることを全部言えませんでした。ヌードルスさんの口上、その通りなんですよ。今後の参考にします。

まず、当人を割り出して一緒に謝罪にくるのが筋だと思います。
そういう誠意の上で、どう保証するかってのが順番だと思います。
それをすっ飛ばして、いきなり弁償って。。。

なんだか、災害・被害に逢われて命を落とした方の、ご遺族の気持ちが無性にわかります。。。
金で、亡くなった命が戻るものか!
Posted by noodles3 at 2007.11.05 17:26 | 編集
ポージィさん

>文章の前後にたっぷりと配されたアジサイの写真の数々にも、noodlesさんの
このアジサイへの深い思い入れと愛情が伝わってきます。
仮にも人の家のもの。失敗は誰にでもあるけれど、失敗してしまったら
誠意を持って即刻謝るべきですよね。
だまっていて、指摘されたらすぐに弁償の方へと持っていってしまう。
これでは怒られるのも無理ありません。

シーズン・オフに更新予定ではいましたが、書いていて思い出し、また頭にきました(笑)。
人が大事にしているものを、踏みにじるのは暴力と同義です!

>けれど、そんなことがあったにもかかわらず咲いてくれて本当によかったです。
私は(僕は)大丈夫だよ、心配しないで そんなアジサイの声が
聞こえてくるような気がします。

ただ、折れた方の枝や茎(2本のうち、1本)は変色しているので来年が心配です。
Posted by noodles3 at 2007.11.05 19:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。