--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.22

07年、路傍の草花72。

00kinmoku_07_10.JPG


【キンモクセイ/ギンモクセイ】
金木犀、銀木犀。モクセイ科モクセイ属。中国原産。
宝鏡寺にて。
今年は京都でキンモクセイに出逢いました。旅の間、ず~っとキンモクセイの香りに包まれていました。
01kinmoku_07_10.JPG


02kinmoku_07_10.JPG


03kinmoku_07_10.JPG


【アキチョウジ】
秋丁字、キリツボとも。シソ科イソドン属。日本原産。
岐阜以西の山野の木陰に自生する多年草とのこと。
京都鞍馬寺参道にて。
まさに牛若丸が飛び跳ねていたであろう場所でした。
東京では見られない貴重な花ですが、雨で暗く、いまいちピンがきませんでした……。
04akijyouji_07_10.JPG


05akijyouji_07_10.JPG


06akijyouji_07_10.JPG


【ヒガンバナ】
彼岸花、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)、死人花(しにびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)とも。ヒガンバナ科ヒガンバナ属。中国原産。
京都大原寂光院近くにて。
07higan_ohara_07_10.JPG


【ナンテンハギ】
南天萩。マメ科ソラマメ属。日本原産。
初登場。鎌倉某公園にて。
ハギ属ではないのですね。葉がナンテンに似ているというのが由来。
しっかり、マメ科の顔です♪
08nantenhagi_07_10.JPG


09nantenhagi_07_10.JPG


10nantenhagi_07_10.JPG


11nantenhagi_07_10.JPG


12nantenhagi_07_10.JPG


22nantenhagi_07_10.JPG


【ノコンギク】
野紺菊。キク科シオン属。日本原産。
鎌倉某公園にて。
薄い紫なんですが、上手く撮れません……。
13nokongiku_07_10.JPG


14nokongiku_07_10.JPG


15nokongiku_07_10.JPG


16nokongiku_07_10.JPG


17nokongiku_07_10.JPG


【ヤマハッカ】
山薄荷。シソ科ヤマハッカ属。日本原産。
今年はお初。鎌倉某公園にて。
トップ画像は、ドピンだったのでトリミングしてみました♪
昨年はわからなかった顔が見えました♪
2枚目は白花でした。
18yamahaka_07_10.JPG


19yamahaka_07_10.JPG


20yamahaka_07_10.JPG


21yamahaka_07_10.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/163-093f0492
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
やっぱりな、ギンモクセイにも出会えていたんだ。
そうか、お寺の境内に植えられている可能性は高いかな。
金と銀を揃えるってこと、考えられることですものね。
来年は、そちらを責めることにします(笑)。

アキチョウジ、未見です。
チョウジソウとは、まったく違った花ですね。

ヒガンバナ、京都で咲いていると、また特別の花に見えます。
おそるべし、京都ブランド!

ナンテンハギも、出会ってみたい花です。
noodlesさんの写真で、ヤブマメとの違いが、よく見て取れました。
検索画像だと、どっちかわからないようなものが、たくさんあるんですよ(汗)。

ノコンギクとかヨメナの類い、私は野菊系で一括りにしてますが(笑)、ほんとに花色が出ませんね。
シオンなどは近い花色に撮れるのに、この微妙な紫は、出ませんね。
いかんともし難いですけど、まあしょうがないですかね。
Posted by goro's at 2007.10.23 01:53 | 編集
金銀並んでいたんですね。香りの比較ってなさいました?
あまりに濃く香っていて、とてもそれぞれの嗅ぎ分けは難しいかもしれませんが。
それにしても、ここまで樹形を作られた金木犀は初めて見ました。
こんなに地面すれすれから枝が出ているなんて…地面に膝をついて下を覗き込む
自分の姿を妄想してしまいました。

アキチョウジ、綺麗ですね。ナンテンハギの目の覚めるような紫もこれまた綺麗。
ヤマハッカの紫も魅力的です。そしてもちろん、カメラ泣かせのノコンギクの淡い紫も。
ノコンギクは多分会ったことがありますが、他は会ったことのないものばかり。



Posted by ポージィ at 2007.10.23 12:25 | 編集
京都、雨に降られたんですね。
でも、植物がしっとりとしてみずみずしい感じが出ていますね。彼岸花はお見事です。構図が素晴らしい。

アキチョウジとヤマハッカは見てみたい。
Posted by てんてん at 2007.10.23 14:44 | 編集
goro'sさん

>やっぱりな、ギンモクセイにも出会えていたんだ。
そうか、お寺の境内に植えられている可能性は高いかな。
金と銀を揃えるってこと、考えられることですものね。
来年は、そちらを責めることにします(笑)。

ご近所の生垣も金銀揃っていて、僕は比較的恵まれています。
寺は確かに京都も鎌倉もおおいですよ♪

>アキチョウジ、未見です。
チョウジソウとは、まったく違った花ですね。

鞍馬寺、鞍馬山は山野草の宝庫らしいです。
行った時期が花枯れ時期だったので、残念でしたが貴重な出逢いでした♪

>ヒガンバナ、京都で咲いていると、また特別の花に見えます。
おそるべし、京都ブランド!

静岡を過ぎたあたりから、見事な群生が新幹線の車窓を通りすぎていくんです。指くわえて眺めてました。。
京都ブランド(笑)、なかなか良いでしょ?

>ナンテンハギも、出会ってみたい花です。
noodlesさんの写真で、ヤブマメとの違いが、よく見て取れました。
検索画像だと、どっちかわからないようなものが、たくさんあるんですよ(汗)。

あった、あった。
僕も検索中に観ました。
これはヤブマメだろう!ってのが(笑)。

>ノコンギクとかヨメナの類い、私は野菊系で一括りにしてますが(笑)、ほんとに花色が出ませんね。
シオンなどは近い花色に撮れるのに、この微妙な紫は、出ませんね。
いかんともし難いですけど、まあしょうがないですかね。

見た目は、綺麗な薄紫なんですけどね(泣)。
カメラの設定を変えて、再チャレンジしてみます。
Posted by noodles3 at 2007.10.24 12:55 | 編集
ポージィさん

>金銀並んでいたんですね。香りの比較ってなさいました?
あまりに濃く香っていて、とてもそれぞれの嗅ぎ分けは難しいかもしれませんが。

もう、京都中が香っていたのでわかりません(笑)。
でも、臭い、違うものなんですか?

>それにしても、ここまで樹形を作られた金木犀は初めて見ました。
こんなに地面すれすれから枝が出ているなんて…地面に膝をついて下を覗き込む
自分の姿を妄想してしまいました。

むろん、他の寺の境内でも見かけたのですが、ここんちのが良いなと(笑)。見事な剪定でした。

>アキチョウジ、綺麗ですね。ナンテンハギの目の覚めるような紫もこれまた綺麗。
ヤマハッカの紫も魅力的です。そしてもちろん、カメラ泣かせのノコンギクの淡い紫も。
ノコンギクは多分会ったことがありますが、他は会ったことのないものばかり。

ノコンギクは路傍のあちこちで見かけます。
アキチョウジ、綺麗ですよね。
関東以北にはないってところが、また惹きつけます。
ヤマハッカはかなり小さな花ですよ~♪
Posted by noodles3 at 2007.10.24 13:01 | 編集
てんてんさん

>京都、雨に降られたんですね。
でも、植物がしっとりとしてみずみずしい感じが出ていますね。彼岸花はお見事です。構図が素晴らしい。

ありがとうございます!
京都は初日だけ晴れていましたが、それ以降は降ったりやんだりの曇天でした。

>アキチョウジとヤマハッカは見てみたい。

アキチョウジこそ、てんてんさんに期待してます。
帰ってきてしらべたら、関東以北にはないことを知り、思いをつのらせています(泣)。
Posted by noodles3 at 2007.10.24 13:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。