--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.18

07年、路傍の草花71。

00kos_07_10.JPG


【コスモス】
秋桜。キク科コスモス属。メキシコ原産。
京都旅行二日目、天気は今イチでしたが大原の川縁で、やっと群生に出逢いました~♪
息子が、思わず接写していて笑ってしまいました。
楽しかった京都旅行。このコスモスは、きっと彼の脳裏にも焼きこまれたことでしょう。
01kos_07_10.JPG


001kos_07_10.JPG


【アレチヌスビトハギ】
荒れ地盗人萩。マメ科ヌスビトハギ属。北アメリカ原産。
今年は諦めかけていたのですが、京都市内の寺など、あちらこちらに咲いていました。
02areti_07_10.JPG


03areti_07_10.JPG


04areti_07_10.JPG


【ヌスビトハギ】
盗人萩、ドロボウハギ(泥棒萩)、ヌスットハギ(盗人萩)とも。マメ科ヌスビトハギ属。日本原産。
実はお初です! 想像していたより、かなり小さな花で苦労しました。
これはいつもの自然保護区で。(以下同)
06nusubito_07_10.JPG


07nusubito_07_10.JPG


08nusubito_07_10.JPG


008nusubito_07_10.JPG


【マツカゼソウ】
松風草。ミカン科マツカゼソウ属。日本、東アジア原産。
日本のミカン科の中では唯一の草本。東アジアに2種、日本に1種しかなく、ミカン科の中でも貴重品種だそうです。昨年もそうでしたがやはり小さく、撮るのに苦労します。
09matukaze_07_10.JPG


10matukaze_07_10.JPG


11matukaze_07_10.JPG


12matukaze_07_10.JPG


13matukaze_07_10.JPG


【チヂミザサ】
縮み笹。イネ科チジミザサ属。世界の温帯から亜熱帯原産。
最初見かけたとき、通り過ぎようか? と思いました。名も無き花かと……。
容易に検索できたので、撮っておいてよかった♪
2枚目はトリミングしていますが、それでもよくわかりませんね。
14tijimizasa_07_10.JPG


15tijimizasa_07_10.JPG


16tijimizasa_07_10.JPG


【ヨモギ】
蓬、モチグサ(餅草)とも。キク科ヨモギ属。日本原産。
相変わらず、捉えどころのない花。
ヨモギのありがたみは、やはり団子でしょうか。
花より団子とは、正にヨモギための例え?
17yomogi_07_10.JPG


18yomogi_07_10.JPG


【ヒメジソ】
姫紫蘇。シソ科イヌコウジュ属。中国 、台湾 、東南アジア原産。
やっと、接写に成功しました。
※1枚目はトリミングしてあります。
19himejiso_07_10.JPG


20himejiso_07_10.JPG


21himejiso_07_10.JPG


22himejiso_07_10.JPG


今回はどれも小さく、ちょっと地味だったかな?
でも、noodles3としては最も満足しております。





←癒されましたか? ポチッとお願いします♪





この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/161-1eefa476
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
息子くんも思わず接写したコスモスの群れ、きれいです。
こんないい状態のコスモス、今年は無理でした。
猛暑め、すっかり本体を傷め付けやがって!

京都で出会ったのは、アレチヌスビトハギでしたか。
なかなかいい花の状態のものが無かったので、苦労しました。

そうそう、ヌスビトハギとは私も今年が初の出会いでしたが、あまりに小さな花に、プチビックリ。
こんなに小さいとは、想像しておりませんでした。
花茎があっちゃこっちゃに伸びているので、掴み所の無さにも、辟易しました。
画面に収まり難いんですよね(泣)。

マツカゼソウは未見です。
名前からして、撮影者泣かせの花のようですね。
でもきれいに撮れてますよ。
花の雰囲気が、よくわかります。

イネ科の植物は、パスします(笑)。
ちゃんとシベもわかりますよ。

「野を食す」でお世話になったので、ヨモギには義理を果たさなくてはいけないのに、つい邪険な振る舞いをしております(笑)。
noodlesさんのお好きなキク科でも、扱いにくい花でしたか?

満足してるのわかりますよ。
どれもこれも、接写魂をかきたてる存在ですものね~~
Posted by goro's at 2007.10.19 00:40 | 編集
あぁ~ コスモスだぁ~
悟郎さんと一緒で、今年は近所のコスモスが激減してがっかりしています。
どこかでこういう風景見たいよぉ。
息子さんも思わず引き寄せられたコスモス。でもnoodlesさんは接写なしですか?

チヂミザサ、近所でたくさん見ますが撮ろうとしたことも
ありませんでした。
蚊がブンブンしてますし、暗いですし。とても試みる気になれない(^^;)
よくぞまぁ、ここまでお撮りになれましたね。ピロロンと白いものは
花弁のようにも見えますがやっぱりシベですよね。
ヨモギもよくぞここまで!です。
花が咲いている茎を手で持って見つめ、撮るのは諦めた私です。
こんな風になっているんだぁ… 舌状花と筒状花があるように見えますね。
Posted by ポージィ at 2007.10.19 10:50 | 編集
へっ、ヨモギにも花があったのですね。考えてみれば当たり前の話ですが、私の頭の中では餅のイメージだけでした。
そう言えば昔々、祖母に連れられて近くの堤防に餅に入れるためにモチグサを摘みに行った記憶があります。良き時代でした。

奥様はその後いかがでしょうか?ギックリ腰で京都まで行けなかったなんて可哀相です。
それにしても息子さん、建礼門院徳子のファンになったなんてなかなかのものです。ヌードルスさんのDNAを受け継いでいるような気がします。
食の面でも京都は奥が深いですね。
Posted by sakayu331 at 2007.10.19 11:02 | 編集
goro'sさん

>息子くんも思わず接写したコスモスの群れ、きれいです。
こんないい状態のコスモス、今年は無理でした。
猛暑め、すっかり本体を傷め付けやがって!

僕の周囲でも、パッとしたコスモスがないんです。
ラッキーでした♪

>京都で出会ったのは、アレチヌスビトハギでしたか。
なかなかいい花の状態のものが無かったので、苦労しました。

荒れ地で繁殖する、アレチヌスビトハギが手入れのいき届いた寺の境内にあるのが、ミスマッチで面白かったです(笑)。

>そうそう、ヌスビトハギとは私も今年が初の出会いでしたが、あまりに小さな花に、プチビックリ。
こんなに小さいとは、想像しておりませんでした。
花茎があっちゃこっちゃに伸びているので、掴み所の無さにも、辟易しました。
画面に収まり難いんですよね(泣)。

ですよね!
正直、撮っているときはこれがヌスビトハギだとは思っていませんでした(笑)。
また、変わった小花を見つけちまったくらいの感じでした。
ビックリです!!

>マツカゼソウは未見です。
名前からして、撮影者泣かせの花のようですね。
でもきれいに撮れてますよ。
花の雰囲気が、よくわかります。

あれ?
そうでしたっけ??
見るからに撮りにくそうでしょう?(笑)

>イネ科の植物は、パスします(笑)。
ちゃんとシベもわかりますよ。

はい、僕もパスしかかりました(笑)。

>「野を食す」でお世話になったので、ヨモギには義理を果たさなくてはいけないのに、つい邪険な振る舞いをしております(笑)。
noodlesさんのお好きなキク科でも、扱いにくい花でしたか?

集合花でも、一個に絞って撮れば良いのですが、何故かちょっと引いて撮ってしまう癖があるんです(汗)。

>満足してるのわかりますよ。
どれもこれも、接写魂をかきたてる存在ですものね~~

アップしてみると、それなりなので安心しています。
まだ2回分ほどのストックがありますが、いよいよ肌寒くなり花枯れの季節に近づいてきましたね(寂)。。。
Posted by noodles3 at 2007.10.19 19:29 | 編集
ポージィさん

>あぁ~ コスモスだぁ~
悟郎さんと一緒で、今年は近所のコスモスが激減してがっかりしています。
どこかでこういう風景見たいよぉ。

うちの周りでも、今年はコスモスが不作です。
民家のプランターもの以外では……。

>息子さんも思わず引き寄せられたコスモス。でもnoodlesさんは接写なしですか?

撮ってありますが、以前もアップしましたし、何より群生を渇望していたので。
群れの姿が一番です、コスモスは。。

>チヂミザサ、近所でたくさん見ますが撮ろうとしたことも
ありませんでした。
蚊がブンブンしてますし、暗いですし。とても試みる気になれない(^^;)

先日、goro'sに行きゴローさんには披露したんですが、腕に装着できるベープがありまして。今年はそれで虫除けして撮っていたんです(笑)。
じゃないと、O型なんで、刺されまくるもので(痒)。。。

>よくぞまぁ、ここまでお撮りになれましたね。ピロロンと白いものは
花弁のようにも見えますがやっぱりシベですよね。

すみません。撮ってきた本人もいまだによくわかりません(笑)。

>ヨモギもよくぞここまで!です。
花が咲いている茎を手で持って見つめ、撮るのは諦めた私です。
こんな風になっているんだぁ… 舌状花と筒状花があるように見えますね。

これも僕にはよくわかりません。
団子だけにしております(笑)。
Posted by noodles3 at 2007.10.19 19:35 | 編集
sakayu331さん

>へっ、ヨモギにも花があったのですね。考えてみれば当たり前の話ですが、私の頭の中では餅のイメージだけでした。
そう言えば昔々、祖母に連れられて近くの堤防に餅に入れるためにモチグサを摘みに行った記憶があります。良き時代でした。

あたりまえに花をつけるのですが、ご覧の状態です。
どれが花弁で、しべがどれか? 全く判別不能です(汗)。

>奥様はその後いかがでしょうか?ギックリ腰で京都まで行けなかったなんて可哀相です。

あ、ありがとうございます。
今は風邪も治まり、僕を見習い、毎日負荷の少ない腹筋運動をやってます。
昨日あたりから、車の運転もしているようです。

>それにしても息子さん、建礼門院徳子のファンになったなんてなかなかのものです。ヌードルスさんのDNAを受け継いでいるような気がします。
食の面でも京都は奥が深いですね。

玩具は別ですが、僕は本はいくらでも買ってあげる主義なんです。
それでも漫画に走らなかった息子ですが、最初は漫画版の日本史から入りました。
今は、週刊『歴史の人物』『日本の合戦』『日本の仏像』などのシリーズや、日本史の参考書とかを読みあさっています。
ほんとに詳しいです。来年、中学に上がったらそれが生きるでしょうね。

京都のメシはどこも美味しかったです♪
まあ、家内が行けなくなったので、その分息子と二人贅沢できたこともありますが。。。
Posted by noodles3 at 2007.10.19 19:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。