--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.12

タデ科マニアの呟き。(2)

00mizo_07_10.JPG


本日のトップ画像は、京都旅行にて大原の川縁で撮影。
写真では上手く伝わらないかもしれませんが、ミゾソバのこれほどの群生は初めて見ました!



【ミゾソバ】
溝蕎麦、ウシノヒタイ(牛の額)とも。タデ科イヌタデ属。東アジア原産。
ママコノシリヌグイにそっくりですが、葉の形が違います。
詳しくはここで。
実はタデ科のほとんどが花弁をもたず、萼からなる花。今回は白花もたくさん咲いていましたよ♪
01mizo_07_10.JPG


02mizo_07_10.JPG


03mizo_07_10.JPG


04mizo_07_10.JPG


05mizo_07_10.JPG


06mizo_07_10.JPG


07mizo_07_10.JPG


08mizo_07_10.JPG


09mizo_07_10.JPG


【アキノウナギツカミ】
秋の鰻掴み。タデ科イヌタデ属。朝鮮、中国、シベリア原産。
僕の周辺ではミゾソバより少し遅れて、そろそろ咲きはじめました。
この花も花部だけでは、ミゾソバとの違いはあまりわかりません。
(上記、過去記事リンクを参照して下さい。)
葉に棘があるので、これを使えば鰻もつかめるということからの由来。
はっきりいってママコノシリヌグイ同様、命名ワースト1ですね。
10akino_07_10.JPG


11akino_07_10.JPG


19akino_07_10.JPG


【ハナタデ】
花蓼、ヤブタデ(薮蓼)とも。タデ科イヌタデ属。日本原産。
ハナタデは初めての出逢いです。
下のイヌタデに似ていますが、花のつきかたがまばらです。
ただ、それもばらつきがあり葉の形状で判断するとわかりやすいです。
イヌタデの葉は細長い流線型。
ハナタデの葉は丸みがあります。
接写よりも、全体の姿のほうが素敵です♪
12hanatade_07_10.JPG


13hanatade_07_10.JPG


14hanatade_07_10.JPG


15hanatade_07_10.JPG


20hanatade_07_10.JPG


【イヌタデ】
犬蓼、アカマンマ(赤まんま)とも。タデ科イヌタデ属。千島・樺太・朝鮮・中国・ヒマラヤ原産。
16inutade_07_10.JPG


17inutade_07_10.JPG


18inutade_07_10.JPG


さすがにハナタデやイヌタデになると小さ過ぎて、花部のアップは難しい。
前回のママコノシリヌグイやミゾソバ、アキノウナギツカミなどと違い、基本的には花姿全体で完成された愛らしさではないでしょうか?





←癒されましたか? ポチッとお願いします♪





この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/159-d55cbb17
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
やはり京都でもお花を写してきまししたね~(^Д^)
どれもとても小さいお花のようですが、とっても愛らしいです。
ところで~、息子さんなぜに建礼門院徳子のファンなのですか?
歴史の勉強がお好きなのかしら?
Posted by ままちり at 2007.10.12 22:33 | 編集
ワオワオ、このミゾソバの群落は素晴らしいです。
ピンクの絨毯ですね~~
ママコちゃん同様、花も可愛いです。が、私はママコを贔屓にしております(笑)。
白花もあったんですね。
私の環境では白花しかありませんので、今年こそピンクのミゾソバをと思っているんですが、思い当たる場所がないな・・・

アキノウナギツカミには、出会ったことないんですよ。
こちらも、可能性無しです(泣)。

ハナタデは、昨年初めてその存在を確認しましたが、このくらいの花付きが上品で好きです。

過去記事に行ってみましたが、コメント入れていなかったのは、こちらのパソコントラブルの時期だったからですね。
もう1年経つのか・・・早いです~~
Posted by goro's at 2007.10.13 01:21 | 編集
京都へ旅行されて、足元の花により一生懸命カメラを向けていらっしゃる方は
珍しがられて…なんてことはありませんでしたか?(^^)
ミゾソバ、ピンクの絨毯になってますね。あ、イヌタデも!
見事ですね。かわいいなぁ…
実は先週の土曜に、大和にある公園で初めてミゾソバとの出会いを
果たして来ました。そこのはほとんど白の群生でした。
アキノウナギツカミとハナタデは会ったこと無しです。

それにしても、どのタデ科の花も皆なんとも言えない可愛らしさですね。
Posted by ポージィ at 2007.10.13 18:17 | 編集
ままちりさん

>やはり京都でもお花を写してきまししたね~(^Д^)

トップ画像と、ミゾソバの数枚が大原の川縁で撮ったものです。
残念ながら、ズームでしか撮れませんでしたが、見事な群生でした♪

>どれもとても小さいお花のようですが、とっても愛らしいです。
ところで~、息子さんなぜに建礼門院徳子のファンなのですか?
歴史の勉強がお好きなのかしら?

社会の授業で日本史があり、北条政子に興味を持ったのが発端です。
以来、様々な本を読みあさっています。
なんせ、地味~なキャラが好きなので、NHK大河ドラマ『義経』をレンタル・ビデオで観ているうちに、建礼門院を気に入り、自分で調べたようです。。
Posted by noodles2 at 2007.10.15 23:34 | 編集
goro'sさん

>ワオワオ、このミゾソバの群落は素晴らしいです。
ピンクの絨毯ですね~~
ママコちゃん同様、花も可愛いです。が、私はママコを贔屓にしております(笑)。
白花もあったんですね。
私の環境では白花しかありませんので、今年こそピンクのミゾソバをと思っているんですが、思い当たる場所がないな・・・

京都での群生には驚きました~♪
ゴローさんの周りでは、白ばかりでしたっけ?
先日、全てが桃色のものを見つけました。
そのうち、追加で更新しますね♪

>アキノウナギツカミには、出会ったことないんですよ。
こちらも、可能性無しです(泣)。

未だ、咲き始めなんです。
もう少し、撮ってみます。

>ハナタデは、昨年初めてその存在を確認しましたが、このくらいの花付きが上品で好きです。

ですね♪

>過去記事に行ってみましたが、コメント入れていなかったのは、こちらのパソコントラブルの時期だったからですね。
もう1年経つのか・・・早いです~~

そうそう!
あんとき、ちょうどPCトラブっていましたよね~?
最近はどうですか?
Posted by noodles3 at 2007.10.15 23:40 | 編集
ポージィさん

>京都へ旅行されて、足元の花により一生懸命カメラを向けていらっしゃる方は
珍しがられて…なんてことはありませんでしたか?(^^)

京都中心部は、キンモクセイとフヨウぐらいでこちらと花状況はあまり大差ありませんでした。なので、あまり目立ってなかったと思います(笑)

>ミゾソバ、ピンクの絨毯になってますね。あ、イヌタデも!
見事ですね。かわいいなぁ…

言葉が足らなかったかな?(汗)
トップと数枚のミゾソバは京都大原なんですよ。
あとは、いつものフィールドなんです。

>実は先週の土曜に、大和にある公園で初めてミゾソバとの出会いを
果たして来ました。そこのはほとんど白の群生でした。
アキノウナギツカミとハナタデは会ったこと無しです。

おお、出会いましたか~!
白と、白&ピンクが多いですね。
綺麗な桃色のものも昨日見つけましたので、近々ご紹介しますね♪

>それにしても、どのタデ科の花も皆なんとも言えない可愛らしさですね。

ほとんど、無視されそうな雑草ですからね~。
観てあげないと、見えない花ですね!
Posted by noodles3 at 2007.10.15 23:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。