FC2ブログ
2007.09.14

07年、路傍の草花65。

00kosu_07_9.JPG

梨、葡萄、栗と、秋の味覚が美味しくなってきました♪
そして、過ごしやすい気温になってきました♪



【ワレモコウ】
吾亦紅。バラ科ワレモコウ属。日本、シベリア、ヨーロッパ原産。
花弁はなく、これは萼の集合だそうです。
お寺の境内なので、接写不可。どこかでリベンジしたいと思います。
蛇足ながら演歌(フォーク?)の世界では、今、すぎもとまさとの“吾亦紅”という歌が大ヒット中。
今年の紅白に出るかも。
01waremo_07_9.JPG


02waremo_07_9.JPG


03waremo_07_9.JPG


04waremo_07_9.JPG


【ジンジャー】
花縮砂、シュクシャ、コロナリウムとも。ショウガ科シュクシャ属。インド原産。
でっかくて、派手です!
05jinjyar_07_9.JPG


06jinjyar_07_9.JPG


07jinjyar_07_9.JPG


【ノブドウ(実)】
野葡萄。ブドウ科ノブドウ属。東アジア原産。
おお~っ! お菓子のような実ですね♪
はこんな感じでした。
08yamabu_07_9.JPG


09yamabu_07_9.JPG


10yamabu_07_9.JPG


【オオボウシバナ】
大帽子花、アオバナとも。ツユクサ科ツユクサ属。中国原産。
ツユクサの栽培変種だそうです。大きさは4センチ弱でした。
一枚目の画像中、苞部分に白い毛が生えています。大きさと毛が見分けるポイント。
ミッキーではなく、コアラな感じ♪
18oubousi_07_9.JPG


19oubousi_07_9.JPG


【オリーブ(実)】
モクセイ科オリーブ属。地中海原産。
無事、オリーブの木に実がつきました♪
採って、つまみにしたいところですが無理。実はこんな環境なんですよ。
14olive_07_9.JPG


16olive_07_9.JPG


15olive_07_9.JPG


17olive_07_9.JPG


【フヨウ】
芙蓉。アオイ科フヨウ属。日本、中国原産。
すぐそこに咲いているので、撮るのが遅くなってしまいましたが、花期は長いです。
20fuyou_07_9.JPG


21fuyou_07_9.JPG


22fuyou_07_9.JPG


23fuyou_07_9.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/152-e97313a9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ワレモコウ、接写じゃなくても充分きれいに撮れてるじゃありませんか。
マイデジカメでは、なかなかこんな表情のものは撮れません。
これ以上の接写って、どんな風になるんだろう?
ある意味、楽しみ~~

ジンジャーの花、これですね(笑)。
私が出会ったものとは、微妙に花色が違いますね。
キバナシュクシャといわれるものでしょうね。
厳密にいうと、「いつもお世話になっている生姜の花」ではありません。

ワーイ、ワーイ、ノブドウだ!
たくさん実が付いていますね。
こんな立派なノブドウの蔓、見たことありません。
あこがれているんだけどな~

オオボウシバナ、昨年もアップしてましたよね?
4センチ弱もあるのですか。
お化けツユクサですね(笑)。

おいしそうなオリーブですね~
確かにね、この環境のものを取っちゃうと、犯罪者になっちゃいますね。
私はね、犯罪すれすれの環境のものを手に入れることが出来ます、出来ました(昨年)。
そう思ってるのは私だけで、実は窃盗罪で訴えられたら、即逮捕されるに違いないんですけどね。
ま、いいか~~
Posted by goro\'s at 2007.09.15 01:18 | 編集
ワレモコウ、好きな花なんですよ~
名前の由来の、吾も亦紅なりのお話も含めて(^^)
もっともっと接写でお撮りになるのですか?どんな世界が広がるのかしら~

あっ、ジンジャー!この淡いクリーム色の花色は、私初めてです。
綺麗ですねぇ。白もオレンジもクリームもみんなイイナ。
香りはどれがいちばん強いのかな。

オリーブ、花はいっぱい咲いていましたが実は少しですね。
あ、ひょっとしてオーナーさんがすでに収穫済み?かもしれません。
そうとあってはますますそっと摘み取るなんてことは出来ませんね。

ノブドウ、こちらもだいぶ色付いています。noodles3さんの撮られたのは
葉の切れ込みがかなり深いタイプのものですね。

芙蓉もまだまだ綺麗、noodles3さんの写真の芙蓉も綺麗です♪
Posted by ポージィ at 2007.09.15 22:29 | 編集
goro'sさん

>ワレモコウ、接写じゃなくても充分きれいに撮れてるじゃありませんか。
マイデジカメでは、なかなかこんな表情のものは撮れません。
これ以上の接写って、どんな風になるんだろう?
ある意味、楽しみ~~

ありがとうございます。
今のカメラはズームが優秀なので、手ぶれさえ気合いで乗り切れば味わい深いアップが撮れます♪

我が家のマンション裏の例のフェンス内にも咲くのですが、今のところ今年は、ノブドウ、フヨウに占拠されていて確認できていません。昨年同様に咲いてくれれば、思いっきり接写するのですが。

>ジンジャーの花、これですね(笑)。
私が出会ったものとは、微妙に花色が違いますね。
キバナシュクシャといわれるものでしょうね。
厳密にいうと、「いつもお世話になっている生姜の花」ではありません。

あ、忙しくてあらかじめ書いた本文のまま更新しちゃいました。
食用の生姜じゃないみたいですね。
後で修正しておきます(汗)。

>ワーイ、ワーイ、ノブドウだ!
たくさん実が付いていますね。
こんな立派なノブドウの蔓、見たことありません。
あこがれているんだけどな~

ちょうど、撮影のタイミングが良かったみたいです。
なかなか、色とりどりでしょう?
今は、ほぼ白っぽくなっています。

>オオボウシバナ、昨年もアップしてましたよね?
4センチ弱もあるのですか。
お化けツユクサですね(笑)。

ゴローさんのマップ内では、珍しいのでしょうか?
僕の周りは、今オオボウシバナの天下です(笑)。

>おいしそうなオリーブですね~
確かにね、この環境のものを取っちゃうと、犯罪者になっちゃいますね。
私はね、犯罪すれすれの環境のものを手に入れることが出来ます、出来ました(昨年)。
そう思ってるのは私だけで、実は窃盗罪で訴えられたら、即逮捕されるに違いないんですけどね。
ま、いいか~~

いや、マジで美味そうですよね!
仕方がないですが。。。
Posted by noodles3 at 2007.09.18 23:59 | 編集
ポージィさん

>ワレモコウ、好きな花なんですよ~
名前の由来の、吾も亦紅なりのお話も含めて(^^)
もっともっと接写でお撮りになるのですか?どんな世界が広がるのかしら~

三脚があれば、ズームでもっと細部まで撮れるようです。
ってか、それに気がつきました(笑)。
なので、今撮りだめているタデ科諸君は三脚必携で撮っています。

>あっ、ジンジャー!この淡いクリーム色の花色は、私初めてです。
綺麗ですねぇ。白もオレンジもクリームもみんなイイナ。
香りはどれがいちばん強いのかな。

これも残念ながら、近くに寄れないので香りは確認できていなかったりします。でも、この週末に同じ東慶寺境内に白のものも咲いていました。良い香りでした~~~♪

>オリーブ、花はいっぱい咲いていましたが実は少しですね。
あ、ひょっとしてオーナーさんがすでに収穫済み?かもしれません。
そうとあってはますますそっと摘み取るなんてことは出来ませんね。

はい!
通勤に通る道なので、生りはじめから観察していますが、最初はめいっぱい生っていました。
持ち主が、定期的に採取しているのでしょう。
オリーブオイルの漬けて食べたら美味しいでしょうね♪

>ノブドウ、こちらもだいぶ色付いています。noodles3さんの撮られたのは
葉の切れ込みがかなり深いタイプのものですね。

そうなんですよね!
うちのものは(勝手に自分のものにすな!)、しっかり割れています。他HPで観ると丸型みたいなのもありますよね~。
ポージィさんのご近所さんのを楽しみにしております♪

>芙蓉もまだまだ綺麗、noodles3さんの写真の芙蓉も綺麗です♪

フヨウも眺める花のカテゴリーに入れてしまいたい花です。
それぐらい遠目の印象は大好きなんですが、寄るとちょっとね(笑)。
皆、一緒だから。。。
Posted by noodles3 at 2007.09.19 00:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する