--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.12

07年、路傍の草花64。

IMG_6874.JPG


台風、秋雨前線と、雨続きでストックが減りぎみです。
小出しで、いきます。



【ヒヨドリバナ】
鵯花。キク科ヒヨドリバナ科。日本、朝鮮、中国原産。
無事、鎌倉鶴ケ丘八幡境内で、発見♪
それにしても、あの花は何なんだろう?
00hiyo_07_9.JPG


002hiyo_07_9.JPG


01hiyo_07_9.JPG


02hiyo_07_9.JPG


003hiyo_07_9.JPG


【シモツケ】
下野。バラ科シモツケ属。日本原産。
6月に撮ったシモツケが今頃?
最初は、憧れのシモツケソウかな? と思ったのですが葉が違いました。
検索したら、シモツケは初秋にも再び開花することがあると記述がありました。
03simotuke_07_9.JPG


04simotuke_07_9.JPG


05simotuke_07_9.JPG


06simotuke_07_9.JPG


【タマスダレ】
玉簾、ゼフィランサスとも。ユリ科ゼフィランサス属。南アメリカ原産。
今年は、一ヶ月前から開花を確認していました。
属名がユニークです!
他HPで検索しても、みな一様に雌しべが、中心から外れてオフセットしています。
初めて気がつきました。
07tamasudare_07_9.JPG


08tamasudare_07_9.JPG


09tamasudare_07_9.JPG


10tamasudare_07_9.JPG


11tamasudare_07_9.JPG


12tamasudare_07_9.JPG


【名称不明】
何方か、お知恵を下さい。
カメラが壊れたのかと心配しました。
なんせ、全くピンがこない!
植栽されていたので、園芸品種かと推測しますが、お手上げでございます。
13_07_9.JPG


14_07_9.JPG


ところで、アベちゃん、ケツまくっちゃいました……。
失礼。安倍総理、辞任しちゃいました。





←癒されましたか? ポチッとお願いします♪






この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/151-1a85f4bf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ヒヨドリバナとのご対面、おめでとうございます。
実際目にすると、フジバカマとの違いがはっきりわかるでしょう?
そうですね、あの花は一体何でしょうか?
この近辺の花だとは思うんですけどね。

シモツケの赤花も白花も、こちらでも見かけますよ。
開花の条件さえ充たせば咲くんですね。

タマスダレの雌蕊、ほんとだ、ずれてる。
全然気付いていませんでした。
今度出会ったら、よく見てみます。

名称不明花、見たことありません。
花色も珍しいし、花姿もユニークですね。
葉っぱからすると、ヒガンバナ科とかユリ科ですかね?
わかりません。

話は全然変わっちゃいますが、「路傍の草花63」が無いんですけど・・・
気になってしまいます。
Posted by goro's at 2007.09.13 02:40 | 編集
ほんと、あの花は何でしょうね。
やっぱりヒヨドリバナとは違いますしね。

シモツケ、秋にも咲くんですね。それもそれなりにたくさん。
すぐ近所には…ないので確認できません。

タマスダレの雌しべのことは私も全然気付いていませんでした。
ほ~んと、み~んなずれてますね。私も近所で咲いてるのを見てみようっと。
さすが、接写のnoodlesさん。よくぞお気づきになりましたね。

オレンジ色の名称不明さん。見た事があるような気がする…止まりで
さっぱりわかりません。プランターに咲いていたんですか?
細長い葉っぱがこの植物のもの?可愛いだけに名前が知りたいですね。
Posted by ポージィ at 2007.09.13 12:39 | 編集
goro'sさん

>ヒヨドリバナとのご対面、おめでとうございます。
実際目にすると、フジバカマとの違いがはっきりわかるでしょう?

でも、フジバカマの白花を確実に認識できるかは、未だ不安ですが。。(笑)

>そうですね、あの花は一体何でしょうか?
この近辺の花だとは思うんですけどね。

はい。
花部はセイヨウフジバカマに近いのですが、問題は葉です。。。
単に変種なのかも知れませんね。

>シモツケの赤花も白花も、こちらでも見かけますよ。
開花の条件さえ充たせば咲くんですね。

僕も昨年の秋に見ているんです。
でも、凄く貧弱で、狂い咲きだと思っていました。
今回の個体は旬の如くしっかり咲いていました♪

>タマスダレの雌蕊、ほんとだ、ずれてる。
全然気付いていませんでした。
今度出会ったら、よく見てみます。

自分の画像を眺めていて気がつき、検索していたら同じ記述がありました。

>名称不明花、見たことありません。
花色も珍しいし、花姿もユニークですね。
葉っぱからすると、ヒガンバナ科とかユリ科ですかね?
わかりません。

何枚も撮ったのですが、まあまともなのは、この2枚ぐらいです。
ガウラのようなヒョロンとした茎の咲きに小さく咲いています。
風に揺られ、ピンが合いませんでした。。。

>話は全然変わっちゃいますが、「路傍の草花63」が無いんですけど・・・
気になってしまいます。

気にしていただけて、光栄でございます。
が、単に忙しく慌てた結果の欠番です(汗)。
箱根編をもう一回予定していましたが、画像的に不満があり辞めました。
偶然、同じ花たちを鎌倉でちゃんと撮れたものですから。。
お騒がせして申し訳ありませんでした。
Posted by noodles3 at 2007.09.14 11:24 | 編集
ポージィさん

>ほんと、あの花は何でしょうね。
やっぱりヒヨドリバナとは違いますしね。

はい。
今回、本家ヒヨドリバナに出逢って、確信しました。
が、相変わらず特定できないままです。。

シモツケ、秋にも咲くんですね。それもそれなりにたくさん。
すぐ近所には…ないので確認できません。

低い個体だったので、シモツケソウ?と喜々としたんですが、葉が全然違うんですよね。
旬とは違う秋の装いですね♪

>タマスダレの雌しべのことは私も全然気付いていませんでした。
ほ~んと、み~んなずれてますね。私も近所で咲いてるのを見てみようっと。
さすが、接写のnoodlesさん。よくぞお気づきになりましたね。

自分の画像が、ことごとくずれていたので、検索してみたら皆同様なんです。そんな中、同じ記述をされているHPを発見しました。

>オレンジ色の名称不明さん。見た事があるような気がする…止まりで
さっぱりわかりません。プランターに咲いていたんですか?
細長い葉っぱがこの植物のもの?可愛いだけに名前が知りたいですね。

北鎌倉のとある個人宅の前の設置してある立派なプランター?でした。園芸種なんでしょうね?
ガウラみたいなヒョロンとした茎の先端に小さな花が咲いているんです。
おかげで、風邪に揺られ、全くピンが合いませんでした(泣)。
Posted by noodles3 at 2007.09.14 11:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。