--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.10

07年、路傍の草花63。(箱根編)

【マツムシソウ】
松虫草。マツムシソウ科マツムシソウ属。日本、朝鮮原産。
初登場。微妙な色合いで苦労しましたが、清々しいです。
04matumisisou_07_8.JPG


02matumisisou_07_8.JPG


03matumisisou_07_8.JPG


00matumisisou_07_8.JPG


【トウキ】
当帰、ヤマトトウキ(大和当帰)、オオブカトウキ(大深当帰)とも。セリ科シシウド属。日本、朝鮮、中国原産。
初登場。根を生薬として使うそうです。
06touki_07_8.JPG


07touki_07_8.JPG


09touki_07_8.JPG


10touki_07_8.JPG


11touki_07_8.JPG


【ハクチョウソウ】
白蝶草、ヤマモモソウ(山桃草)とも。アカバナ科ガウラ属。北アメリカ原産。
今年は、結局ピカピカのガウラには出逢えませんでした……。
12gaura_07_8.JPG


13gaura_07_8.JPG


【アゲラタム】
カッコウアザミとも。キク科アゲラタム属。メキシコ、ペルー原産。
見事な群生でした。
16agera_07_8.JPG


15agera_07_8.JPG


14agera_07_8.JPG


17agera_07_8.JPG


【タンジー】
コモンタンジー、ヨモギグサ(蓬草)とも。キク科シロバナムシヨケギク属。北ヨーロッパ原産。
今年も無事、出逢えました。大好きな花の一つ。
18tanji_07_8.JPG


19tanji_07_8.JPG


20tanji_07_8.JPG


21tanji_07_8.JPG


22tanji_07_8.JPG







←癒されましたか? ポチッとお願いします♪




この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/150-5e66d315
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
マツムシソウ、いいですね。
日本の山野で咲くマツムシソウには、お目にかかったことありません。
セイヨウマツムシソウとかスカビオサと呼ばれるものは撮ってあるのですが、なかなかアップ出来ないでおります。
今年は諦めるかな。

トウキも初見です。
咲き始めのアップ画像だと、オトコエシかと見間違えます。
全体だと、セリ科だとわかりますけどね。

夏の間に切り戻していたガウラが、こちらでもまた咲き出していますよ。
晩秋から初冬まで、花を見ることができます。

ごめんなさい、アゲラタムは、どうしてもユーパトリウムではないかと・・・
葉っぱの様子からです。

タンジー、いい香りですよね。
Posted by goro's at 2007.09.11 01:24 | 編集
おお~当帰・トウキはほんと漢方でよく見かけてましたがこういうお花でしたか。
トウキシャクヤクサンという婦人科でよく使う漢方がありますが、このお花とシャクヤクが入っているなんて、なんだかきれいになりそうな感じがします(^Д^)
タンジー、地味目ですが、キュートなお花ですね。
ヌードルスさんはこういうお花が大好きだったのか・・・
Posted by ままちり at 2007.09.11 09:42 | 編集
マツムシソウ、好きです~♪
といっても、私の場合実は西洋マツムシソウことスカビオサしか
実際には知らないのですけれど。(見分けも出来ません)
細い茎の自然な曲がりとか、小さな花が密集してひとつの花を形作っている様子とか、
何か惹かれるんですよ。

トウキ…聞いたことのある名前だなーと思っていたら、ままちりさんのコメントで
すっきりしました。「当帰」!以前煎じて飲んでたことのある漢方薬にも
確か入っていました。ヘェ…こんな花の咲く植物なのですね。

マツムシソウでもトウキでも、蜂だかアブだかが蜜集めに余念がありませんね。

お撮りになったガウラ、十分綺麗ですよぉ。
一つ一つの花の寿命が短いので、全部がピカピカのときを撮るのは
かなり難しいんじゃないかと思います。
Posted by ポージィ at 2007.09.11 15:03 | 編集
goro'sさん

>マツムシソウ、いいですね。
日本の山野で咲くマツムシソウには、お目にかかったことありません。
セイヨウマツムシソウとかスカビオサと呼ばれるものは撮ってあるのですが、なかなかアップ出来ないでおります。
今年は諦めるかな。

撮っているとき、知らなかったんです(恥)。
なんか、変わったキク科?ぐらいに思っていました(笑)。
手持ちの図鑑で、マツムシソウと知って飛び上がりました~♪

>トウキも初見です。
咲き始めのアップ画像だと、オトコエシかと見間違えます。
全体だと、セリ科だとわかりますけどね。

花部だけだと、オトコエシに似ていますね。
全体像は、ずいぶん違うでしょ?
検索に苦労しました~。。

>夏の間に切り戻していたガウラが、こちらでもまた咲き出していますよ。
晩秋から初冬まで、花を見ることができます。

おお、まだ間に合いますか!
できれば、桃色のを撮ってみたいものです~。

>ごめんなさい、アゲラタムは、どうしてもユーパトリウムではないかと・・・
葉っぱの様子からです。

確かにこれも葉が尖っていて、アゲラタムの丸い不揃いな葉と違いますね。。
これだけは、表示があったものですから。
以前の大船植物園のものは、電話確認したらゴローさんの指摘通り、ユーパトリウムでした!

>タンジー、いい香りですよね。

香り、色、風情がなんとも可愛いです♪
Posted by noodles3 at 2007.09.12 11:42 | 編集
ままちりさん

>おお~当帰・トウキはほんと漢方でよく見かけてましたがこういうお花でしたか。
トウキシャクヤクサンという婦人科でよく使う漢方がありますが、このお花とシャクヤクが入っているなんて、なんだかきれいになりそうな感じがします(^Д^)

そうですか!婦人科で使うんですね!
撮っているとき、検索に難儀しそうだなあ、と嫌な予感がしました。
案の定ですた。。。

>タンジー、地味目ですが、キュートなお花ですね。
ヌードルスさんはこういうお花が大好きだったのか・・・

はい、好きです(笑)。
凄く、小さいんです!
Posted by noodles3 at 2007.09.12 11:48 | 編集
ポージィさん

>マツムシソウ、好きです~♪
といっても、私の場合実は西洋マツムシソウことスカビオサしか
実際には知らないのですけれど。(見分けも出来ません)
細い茎の自然な曲がりとか、小さな花が密集してひとつの花を形作っている様子とか、
何か惹かれるんですよ。

色がいいです!
中心部がもっと開花していれば、もっと良かったのですが。。

>トウキ…聞いたことのある名前だなーと思っていたら、ままちりさんのコメントで
すっきりしました。「当帰」!以前煎じて飲んでたことのある漢方薬にも
確か入っていました。ヘェ…こんな花の咲く植物なのですね。

ああ、やはり御夫人にはお馴染みの生薬なんですね。

>マツムシソウでもトウキでも、蜂だかアブだかが蜜集めに余念がありませんね。

最近は、僕が“気配を消す”オーラを放っているのか、逃げませんね、虫たち(笑)。

>お撮りになったガウラ、十分綺麗ですよぉ。
一つ一つの花の寿命が短いので、全部がピカピカのときを撮るのは
かなり難しいんじゃないかと思います。

ありがとうございます。
そうなんですね。
一つの花の寿命が短いのか~。
単品でピカピカを探せばいいのですね♪
Posted by noodles3 at 2007.09.12 11:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。