--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.10

えらいぞ! ツユクサ♪

00tuyu_m.JPG



せっかく接写距離1センチのカメラをもっているので、宝のもち腐れにならないように、ツユクサを観察してみました。

夏季、早朝4時頃花を咲き、昼過ぎには閉じてしまう短命なツユクサ。
多くの方が、HPでツユクサ観察をされています。
及ばずながら、僕もその不思議な生態を確認してみました~♪



まず、構造から。
・ミッキーの耳のような青い花弁が2枚。(下に3枚目の白い花弁がありますが、次の画像で確認してね)
・花弁のすぐ下に3本あるのが、仮雄しべπ字形。この形は様々あります。(下の画像のは、X字形です)
・その下に、もう一つの仮雄しべ1本。(これはわかりにくいですが、人の字形)
・雌しべ。
・最後に、ほんとの雄しべ2本。
01tuyu_m.jpg


上の画像のものは雄しべがついた両性花ですが、この個体は、雌しべが発達していない雄花。
白い萼片が、確認できます。(午後には花が萎み、また萼片に包まれてしまう)
02tuyu_m.jpg


このようにツユクサの花のほぼ4分の1は、雌しべが退化して短くなった雄花で、雄しべ、雌しべが両方揃っているのを両性花と呼ぶそうです。
ツユクサは両性花を先に咲かせ、果実をつくった後は、雌しべを成熟させずに花粉だけを出す雄花を咲かせています。(両性花を優遇し、堅実に子孫を繁栄させるわけ!)

そして午後には雌しべと雄しべが、だんだん螺旋状に巻き返ります。
これは昆虫が受粉しなかった場合でも、自花受粉をするためだそうです。(頭いい~!)
03tuyu_m.JPG


04tuyu_m.JPG


05tuyu_m.JPG


06tuyu_m.JPG


次に、ツユクサの苞を観察!
・一番手前にアンテナのように突きでているのは、果実をもたない雄花が落ちた後の柄。
・前方にあるのが果実をもった両性花の花後。
・真ん中にあるのが、やはり果実をもった両性花の蕾ですが、花期のごく早い時期には閉鎖花といって、開花しないままの場合も多いそうです。
ここにも1個の受粉のみを、生かす知恵があります!
09tuyu_m.jpg


この個体は、先端の花が果実をもたない雄花。
苞の中を観ると蕾が2つに果実が1つありますが、1つは果実をもたない雄花の蕾ということになります。07tuyu_m.JPG


この個体は、先端と奥に両性花の蕾があり、先端の蕾の下部に果実をもたない雄花の蕾が確認できます。
08tuyu_m.JPG


この個体は、雄花のみで子孫繁栄の意思をもたない。(花粉だけ出して、両性花を助けている!)
10tuyu_m.JPG


このように様々な個体を確認できるわけですが、何故こんな複雑な生態なのか??
優秀な個体だけが、優良な子孫を残すためのツユクサの様々な知恵なんですね~♪

11tuyu_m.JPG


蕾は普通2~3個ついていて、数日おきに1個づつ花を咲かせるそうです。
また、まるで二枚貝のようなツユクサの苞は、開花するまで蕾をまもり、種子が熟すまで果実をしっかりと包み込み保護するわけです。
苞の中はいつも適度な湿度があり乾燥を防いでいて、まさに子宮のような役割をもっている!

実に頭良いでしょ?
みなさんも路傍で出逢ったら、賢いツユクサを観察してみてね♪

どっこい、ツユクサも健気に生きているんだ!
ありがとう、ツユクサ!!12tuyu_m.JPG




【ツユクサ】
露草、アオバナ(青花)、ボウシバナ(帽子花)とも。ツユクサ科ツユクサ属。日本、アジア東北部原産。






↑癒されましたか? ポチッとお願いします♪

この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/140-22647bc6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あの、雄しべがちゅるちゅる~っと巻いちゃうのにはそんなわけがあったのですか。すごいですねえ。命って。
どこで考えているのか分かりませんが、意思を持っているのですよね。植物も。
Posted by てんてん at 2007.08.10 23:15 | 編集
渾身の「ツユクサ」レポート、感動いたしました。
よくぞここまで観察しましたね。
接写カメラの威力が、レポートにいかされてます。
三重丸!~~(笑)。

もしツユクサの記事を書くとしたら、リンクさせていただきます。
Posted by goro’s at 2007.08.11 01:40 | 編集
初めまして~(  ̄ー ̄)

素晴らしいツユクサの観察・・・
恐れ入りましたよ~(  ̄ー ̄)
色んなお花の知恵ですね・・・

おまけに素敵に綺麗に撮れていますね・・・

接写1センチですか?
ちなみに何処のカメラでしょうか??
あつかましく~すみません・・・

ありがとう♪(#^ー゜)vございました
Posted by 畑ちゃん at 2007.08.11 09:42 | 編集
ツユクサというと一つ一つの細胞が大きいため
切片を作って孔辺細胞とかを顕微鏡で見ましたね~
細胞単位のことはずいぶん印象に残っているのに
お花自体のことは知らなかった・・・・
こんなんでいいのか日本の教育!!
なんちゃって~
Posted by ままちり at 2007.08.11 09:54 | 編集
悟郎さんの三重丸の周りにクルクルっとお花を書き足して花丸ですね!
見事な観察記録ですね。それも素晴らしく鮮明なお写真で。
これは永久保存版ですよ~(^^)

くるくる~っと丸まるおしべ、蝶々の口みたいですね。

Posted by ポージィ at 2007.08.11 13:59 | 編集
てんてんさん

>あの、雄しべがちゅるちゅる~っと巻いちゃうのにはそんなわけがあったのですか。すごいですねえ。命って。
どこで考えているのか分かりませんが、意思を持っているのですよね。植物も。

いや~、仰るとおり!
この生殖のメカニズムは、意図的としか思えないものがありますね♪
Posted by noodles2 at 2007.08.13 11:24 | 編集
goro'sさん

>渾身の「ツユクサ」レポート、感動いたしました。
よくぞここまで観察しましたね。
接写カメラの威力が、レポートにいかされてます。
三重丸!~~(笑)。

ありがとうございます。
実は、何のこだわりもなくまず撮影していたんです。
で、調べたら面白かったので、足りない画像のためにさらに再撮にいきました。
ゴローさんのように、最初から知識があれば、と思う今日この頃です。。

>もしツユクサの記事を書くとしたら、リンクさせていただきます。

喜んで♪
ありがとうございます!
Posted by noodles2 at 2007.08.13 11:28 | 編集
畑ちゃん

>初めまして~(  ̄ー ̄)

こちらこそ、初めまして!

>素晴らしいツユクサの観察・・・
恐れ入りましたよ~(  ̄ー ̄)
色んなお花の知恵ですね・・・

いやいや、未だ花に興味を持って一年半ほどなんです。
知れば知るほど、ハマっております~♪

>おまけに素敵に綺麗に撮れていますね・・・

ありがとうございます!
今回は小さめの三脚で固定しながら撮りました。

>接写1センチですか?
ちなみに何処のカメラでしょうか??
あつかましく~すみません・・・

キャノン・パワー・ショットG7です。

>ありがとう♪(#^ー゜)vございました

こちらこそ、ご訪問感謝致します。
Posted by noodles3 at 2007.08.13 11:32 | 編集
ままちりさん

>ツユクサというと一つ一つの細胞が大きいため
切片を作って孔辺細胞とかを顕微鏡で見ましたね~
細胞単位のことはずいぶん印象に残っているのに
お花自体のことは知らなかった・・・・
こんなんでいいのか日本の教育!!
なんちゃって~

何でも、学校で習うより、自分の興味で趣味的に勉強するほうが、断然楽しいですよね♪
Posted by noodles3 at 2007.08.13 11:34 | 編集
ポージィさん

>悟郎さんの三重丸の周りにクルクルっとお花を書き足して花丸ですね!
見事な観察記録ですね。それも素晴らしく鮮明なお写真で。
これは永久保存版ですよ~(^^)

ありがとうございます。
今回は三脚で固定しながら、いくつもの個体を撮ったので2回の撮影でそれぞれ一時間ずつねばりました(笑)。
とある農家の私道のような路傍なんですが、噂の白いツユクサはさすがになかった!

>くるくる~っと丸まるおしべ、蝶々の口みたいですね。

蝶といえば、昨日存分に戯れてきましたよ~♪
Posted by noodles3 at 2007.08.13 11:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。