--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.06.22

07年、路傍の草花40。

テンニンギク
天人菊、ガイラルディアとも。キク科テンニンギク属。北アメリカ原産。
00tenningiku1_07_6.JPG


01tenningiku2_07_6.JPG


02tenningiku3_07_6.JPG


03tenningiku4_07_6.JPG


04tenningiku5_07_6.JPG


05tenningiku6_07_6.JPG


【追加】
IMG_2094.JPG

【ヘメロカリス】
ユリ科ワスレグサ属。日本、中国、朝鮮半島、南千島、サハリン原産。※6月25日修正。
06nokannzou1_07_6.JPG


07nokannzou2_07_6.JPG


08nokannzou3_07_6.JPG


09nokannzou4_07_6.JPG


オオキンケイギク
大金鶏菊。キク科ハルシャギク属。北アメリカ原産。
特定外来生物で、栽培・補完・運搬・輸入・植栽が原則的に禁止されています。
下のカワラナデシコなどを浸食してしまうそうですが、僕が出会った場所ではカワラナデシコ勿論、テンニンギクノカンゾウらと仲良く咲いていました。
12ookinnkeigiku3_07_6.JPG


10ookinnkeigiku1_07_6.JPG


11ookinnkeigiku2_07_6.JPG


13ookinnkeigiku4_07_6.JPG


カワラナデシコ
河原撫子、ナデシコ(撫子)、ヤマトナデシコ(大和撫子)とも。ナデシコ科ナデシコ属。日本原産。
14kawaranade1_07_6.JPG


15kawaranade2_07_6.JPG


16kawaranade3_07_6.JPG


17kawaranade4_07_6.JPG


18kawaranade5_07_6.JPG


19kawaranade6_07_6.JPG


キョウチクトウ
夾竹桃。キョウチクトウキョウチクトウ属。中国原産。
20kyoutikutou1_07_6.JPG


21kyoutikutou2_07_6.JPG


22kyoutikutou3_07_6.JPG


23kyoutikutou4_07_6.JPG


24kyoutikutou5_07_6.JPG


アルストロメリア
ユリズイセン(百合水仙)、ユメユリソウ(夢百合草)とも。ユリ科アルストレメリア属。南アメリカ原産。
25arusutoromeria1_07_6.JPG


26arusutoromeria2_07_6.JPG


27arusutoromeria3_07_6.JPG


28arusutoromeria4_07_6.JPG







↑癒されましたか? ポチッとお願いします♪

この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/118-8d9793c8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
noodlesさんのお気に入りのキク科の花たち、これからたくさん咲き出してくる季節ですね。

ノカンゾウと紹介している花は、ヘメロカリスと呼ばれる園芸種だと思います。
キスゲやノカンゾウも、大きな意味ではヘメロカリスなんですけどね。

ナデシコのお仲間たちたくさんありますが、カワラナデシコが、私にとってのナデシコです。
一番ナデシコらしいと思ってます。

このアルストロメリアは、あまり丈の高くない品種ですか?
上からの撮影だから、そう見えるのかな。
Posted by goro’s at 2007.06.23 02:28 | 編集
オオキンケイギクが栽培禁止になったこと知りませんでした。
わたしがまだガーデナーだった頃には種を売っていましたもの。
そういえば近所のアパートにオオキンケイギクがたくさん咲いてとてもきれいだったのに去年全部伐採されてしまったのですが、そのせいだったのですねぇ。
また一つおりこうさんになりました、ありがとうございます。
Posted by ままちり at 2007.06.23 10:59 | 編集
noodlesさんが写真を撮られたここでは、オオキンケイギクも
カワラナデシコもテンニンギクも…仲良くしていたんですね。
やっぱり、緑化と銘打ってドバーッとオオキンケイギクばかりを
大量に蒔いた人間がいけないんだと思いますね。

カワラナデシコが自然にその辺で生えて咲いているのって、残念ながら
見たことがありません。こんなふうに他の植物達と一緒に自然に咲いている様子は
殊更に可愛いでしょうね。
Posted by ポージィ at 2007.06.23 11:24 | 編集
goro'sさん

>noodlesさんのお気に入りのキク科の花たち、これからたくさん咲き出してくる季節ですね。

ですね。でも未だタンジンとかに出逢ってないです。。

>ノカンゾウと紹介している花は、ヘメロカリスと呼ばれる園芸種だと思います。
キスゲやノカンゾウも、大きな意味ではヘメロカリスなんですけどね。

ありがとうございます。今イチ花が違うような気がしていました。

>ナデシコのお仲間たちたくさんありますが、カワラナデシコが、私にとってのナデシコです。
一番ナデシコらしいと思ってます。

ちょっと、いたんでいましたが自然に咲いているものがあるのは嬉しい限りです♪

>このアルストロメリアは、あまり丈の高くない品種ですか?
上からの撮影だから、そう見えるのかな。

30cmほどでした。
Posted by noodles3 at 2007.06.25 15:15 | 編集
ままちりさん

>オオキンケイギクが栽培禁止になったこと知りませんでした。
わたしがまだガーデナーだった頃には種を売っていましたもの。
そういえば近所のアパートにオオキンケイギクがたくさん咲いてとてもきれいだったのに去年全部伐採されてしまったのですが、そのせいだったのですねぇ。
また一つおりこうさんになりました、ありがとうございます。

群生に出逢うとはっとするほど見事なんですが、そういう事情があるんですよ~。
Posted by noodles3 at 2007.06.25 15:16 | 編集
ポージィさん

>noodlesさんが写真を撮られたここでは、オオキンケイギクも
カワラナデシコもテンニンギクも…仲良くしていたんですね。
やっぱり、緑化と銘打ってドバーッとオオキンケイギクばかりを
大量に蒔いた人間がいけないんだと思いますね。

特にカワラナデシコもテンニンギクの密生には、オオキンケイギクは介入していませんでしたよ。
テンニンギクのラストに証拠画像を追加しておきますね(笑)。

>カワラナデシコが自然にその辺で生えて咲いているのって、残念ながら
見たことがありません。こんなふうに他の植物達と一緒に自然に咲いている様子は
殊更に可愛いでしょうね。

昨年よりも行った時期がよく、たくさん咲いていました♪
Posted by noodles3 at 2007.06.25 15:19 | 編集
あ、びっくりしました。テンニンギクはOKですよね。
ウチの畑にあるアレが栽培禁止なのか??と思ってドキッとしました。

そういえば、ウチの近くを流れる川の土手も、まっ黄っ黄なんですが、オオキンケイギクだったりして。。。
キレイなんですけどね~。そういえば確かに繁殖力は尋常ではないです。
Posted by てんてん at 2007.06.25 22:40 | 編集
てんてんさん

>あ、びっくりしました。テンニンギクはOKですよね。
ウチの畑にあるアレが栽培禁止なのか??と思ってドキッとしました。
そういえば、ウチの近くを流れる川の土手も、まっ黄っ黄なんですが、オオキンケイギクだったりして。。。
キレイなんですけどね~。そういえば確かに繁殖力は尋常ではないです。

幸い僕の環境では、オオキンケイギクが他の植物を浸食しているのを観たことないんですよ!
だから、けっこう綺麗だなあ、、なんてのんきに眺めています(笑)。
Posted by noodles3 at 2007.06.26 17:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。