FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.08.25

ハンゲショウ/09年、四季の花(152)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00hange_09_08_25.JPG
【ハンゲショウ】
半夏生。カタシログサ(片白草)とも。ドクダミ科ハンゲショウ属。
日本、朝鮮、中国、フィリピン原産。
6月17日~20日撮影。

日本では本州以南に分布するそうで、
北海道生まれの僕が数年前に花に興味をもち、初めてこの花を見たときの
インパクトはいまも忘れません。

01hange_09_08_25.JPG

02hange_09_08_25.JPG

名前の由来は、半夏生(太陽の黄経が100°になる日)の頃に花が咲くから。
あるいは葉の一部が白く変色することから「半化粧」とする節もあり。
未見ですが、カラスビシャクからとれる半夏という漢方薬があり、
カラスビシャクと花期が同じだからという節もあるようです。
自生株は近年減少傾向。地域によっては絶滅が懸念されているそうな。

03hange_09_08_25.JPG

花序に向かい合った葉が、花期に向かって白く変化するのは、
葉緑素が抜けるからだそうで、これは虫を集めるために、
花(派手に)に見せるためではないかとされていて、
花期が終わるとまた緑化していきますが、完全な緑にはなりません。
本家ドクダミのように総苞片に進化しきれていないそうです。

04hange_09_08_25.JPG

花言葉:内に秘めた情熱
葉が緑のときから白化するまでを眺めていると、「秘めた情熱」を感じますが、
枯れていくに従って白化が緑に帰る様が、儚く、物悲しいです・・・

8月2日撮影。
05hange_09_08_25.JPG

8月22日撮影。
06hange_09_08_25.JPG









スポンサーサイト

Posted at 14:18 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。