FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.08.13

オニドコロ/09年、四季の花(144)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります。
00onido_09_08_13.JPG
雄花

地味だけど一度認識してしまうと、嫌でも眼につく植物・・・
僕にとってオニドコロは、今の時期、野山を歩くとき、なくてはならない花のひとつです。
いままで雌花が見つからなかったのですが、今年は幸運にも雌花と立派な実が
至近で撮れたので、改めて記録します。

雄花
01onido_09_08_13.JPG
【オニドコロ】
鬼野老。トコロ(野老)とも。ヤマノイモ科ヤマノイモ属。
 日本、朝鮮、中国原産。

8月5日~9日撮影。

髭根を野の老人に見立て「野老」と書き、根に塊ができるので「凝(とこり)」が
なまりトコロ(野老)となったそうな。
鬼とつくのは同類のヒメドコロに対して、葉が大きいことから。

古来より髭根を正月の床に飾り長寿を願う風習から、
「野老飾る」は季語にもなっているとのこと。
ヤマノイモの根は自然薯(じねんじょ)として親しまれ、
オニドコロの根も灰汁で煮立て水にさらし食用とするそうですが、
細かく砕いた状態で渓流に流すと魚を麻痺させる魚毒となるようです。

この山の かなしさ告げよ 野老堀り(芭蕉)

芭蕉も詠んでいますが、いずれにせよ、ヤマノイモやオニドコロ掘りは
庶民にとって日常的なことだったのでしょう。

因に、在原業平(ありわら の なりひら)が、
とある地で、トコロ(野老)が大繁殖している様子を見て、
「この地は野老(ところ)の沢か?」といったことが、
現在の埼玉県所沢市の市名の由来になっているそうな。

花言葉:子だくさん
雄花序の多さからこの花言葉になったようです。

雌花&実
02onido_09_08_13.JPG









スポンサーサイト

Posted at 14:36 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。