--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.12.26

08年、ファイナル♪

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00migawari_08_12_27.JPG
【北条政子ゆかりの寺、鎌倉安養院の身代わり地蔵。】

一里先も見通せぬ経済、悪化する一方の環境問題。
すべての不安の身代わりになってもらいましょう・・・


あれこれ悩みましたが、今年は本日をもってブログ締めと致します。
個人的な拘りから、偏重しまくりの当ブログを訪問していただいた方々に、
深く感謝する次第でございます。
ありがとうございました。

新春元旦より、懲りずに当ブログを再開する予定でおります。

改めて、本年中はお世話になりました。

みなさま良いお年を。

noodles3
08年12月26日 13時30分








スポンサーサイト

Posted at 15:12 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.12.24

08年、路傍にて124。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_12_24.JPG

江の島アイランドスパ " えのすぱ " の電飾塔。クリスマスバージョン♪



さて、昨年暮れにマイ・マップに加わった鎌倉本覚寺のセンダンの実が見頃。
センダンの実は、特に青空バックで撮りたい。
午後の陽光が射し、青い空にオレンジ色に実が輝いていました♪

【センダン(実)】
栴檀。アミノキ、オウチ(楝)とも。センダン科センダン属。東インド、マレーシア原産。

12月20日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01sendan_08_12_24.JPG.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02sendan_08_12_24.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03sendan_08_12_24.JPG


そして、お蔵入りしていた花。
センダンは、西日本を含むアジア各地の熱帯・亜熱帯域に自生する落葉高木。
今年は、高い木ばかりで花のアップは撮れませんでした。
6月8日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04sendan_08_12_24.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05sendan_08_12_24.JPG


せっかくなので、昨年撮った花のアップを引っぱり出してきました。
2枚目に、ピンボケですが花後の青い実が確認できます。
2007年6月2日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06sendan_08_12_24.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07sendan_08_12_24.JPG


本覚寺境内は年末年始の飾り付けが完了し、正に祭りの前の静けさでした。
今年はどこで除夜の鐘を搗こうかな?

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08sendan_08_12_24.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09sendan_08_12_24.JPG
12月20日撮影。









Posted at 16:00 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.12.22

08年、路傍にて123。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_12_22.JPG
カバノキ科アカシデの黄葉。



えっ? 今頃??
今年4月4日4月28日にも紹介しています。
調べてみたら、さすがにネット上の情報も刻々と増えています。11月から花が咲きはじめ厳冬期には花がなくなり、3月~5月に再び咲き、夏は休眠するそうです。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01kibouhou_08_12_22.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02kibouhou_08_12_22.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03kibouhou_08_12_22.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04kibouhou_08_12_22.JPG

【キボウホウヒルムシロ】
喜望峰蛭蓆。ミズサンザシとも。レースソウ科レースソウ属。南アフリカ原産。

鎌倉駅前大巧寺境内
札には “ アフリカ喜望峰のヒルムシロ ” と記されています。
12月13日撮影。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05kibouhou_08_12_22.JPG










Posted at 17:52 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.12.18

08年、路傍にて122。

00man_sen_08_12_18.JPG

この時期、鎌倉辺りを散策していると眼につくマンリョウとセンリョウの実。
縁起がいいということで、両方揃って植えられていることが多いですが、互いにまったく異種なんですよね。
赤い実が多いこの季節。個人的にはマンリョウとセンリョウの実が、いちばん風情があって好きです。

【マンリョウ】
万両。ヤブコウジ科ヤブコウジ属。日本(関東南部以西)、台湾、中国、朝鮮半島・インド原産。

01man_sen_08_12_18.JPG
12月13日撮影。

【センリョウ】
千両。センリョウ科センリョウ属。日本(本州中部以西)、中国、台湾、朝鮮半島南部、インド、マレーシア原産。

02man_sen_08_12_18.JPG

03man_sen_08_12_18.JPG
12月13日撮影。

“ 丸くて小さな赤い実は、街角で見かける赤ちゃんと同じような存在です。
見る側に暖かい思いを伝えてくれます。思わず頬が緩むのも、同じです。”

goro's 花 Diaryより引用)

この境地にも、思わず納得してしまいます。
でも、やはり花。花を見なくちゃ起承転結しないわけです。
昨年から、今年こそはと気をつけていたんです。


マンリョウの花! 6月27日撮影。
04man_sen_08_12_18.JPG

笠のように広がる葉の下に垂れて咲く花には、撮影に苦労した思い出があります。
見おろせる背の低い木ですから葉に隠れてしまい、この地味〜な花は、ほとんど人々の眼にはふれないのではないでしょうか。
05man_sen_08_12_18.JPG

06man_sen_08_12_18.JPG

07man_sen_08_12_18.JPG

花弁が落ち雌蕊だけが残る若い種子が、実に半年の時を経て熟成し、真っ赤な実になる。夏の地味な花を思い起こすと、正に実だけを表現するための結実のように思えてしまいます。
08man_sen_08_12_18.JPG
12月13日撮影。


そして残念なのは、やはり今年もセンリョウの花を撮り逃してしまったこと。
フタリシズカを連想させるこの花(ウィキペディア画像)は、かなり自分好みだと思うのですが・・・
来年の課題です。

09man_sen_08_12_18.JPG
12月13日撮影。












Posted at 13:42 | 季節の草花 | COM(7) | TB(0) |
2008.12.16

08年、路傍にて121。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
000image_08_12_16.JPG

いよいよ12月も半ば。
僕もとうとう、昨日からダウンジャケットに衣替えです。寒くなってまいりました。

今時は14時半には、陽が陰ってしまいます。
花枯れと光量の少なさが比例して、おまけに寒いのだから、静かに家でおとなしくしていろ! といわれている気がしてきます。

が、仕事には行かなくちゃならないし、連日忘年会には参加しなくちゃならないし、休日はやっぱり花や冬景色をもとめて撮影に出かけてしまいます。



先週末。長谷寺出口で、鉢植えではありましたがソシンロウバイが咲いていました。
【ソシンロウバイ】
素心蝋梅。ロウバイ科ロウバイ属。中国原産。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00sosin_08_12_16.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01sosin_08_12_16.JPG

おお〜〜っと、余裕で接写していたところ、韓国の2人の若者(男性)が僕の様子を見て、となりで真似して接写をはじめました。
小さなデジカメで、僕のように1センチとか寄って撮影しています。
案の定、上手く撮れないようで、1人が僕のモニタを指差してぶつぶついっています。(そこで韓国人だとわかった)

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02sosin_08_12_16.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03sosin_08_12_16.JPG

さっさと撮り終わった僕が、引きの全体像を撮ろうと離れた頃、まだぶつぶついいながら必至で接写している韓国人の周りに、さらに人が集まり大勢でソシンロウバイ撮影会になってしまいました。
ただでさえ混雑する週末の長谷寺出口。

おかげで全体像撮影、見事に失敗してしまったじゃないの!
04sosin_08_12_16.JPG
↑画像クリックで、正規サイズになります♪









Posted at 15:46 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.12.12

遊行寺(藤沢)の大銀杏/08年、路傍にて120。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00yugyouji_08_12_10.JPG

藤沢市、遊行寺の大イチョウ。
トップ画像は、11月24日。まだ完全な黄葉に至っていませんでした。

ってわけで、2週おいて先週末7日に再訪。
9月に説明プレートが一新され、現在の大イチョウの詳細が記されていました。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01yugyouji_08_12_10.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02yugyouji_08_12_10.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03yugyouji_08_12_10.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04yugyouji_08_12_10.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05yugyouji_08_12_10.JPG
これが1982年8月の台風で、折損した箇所。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06yugyouji_08_12_10.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07yugyouji_08_12_10.JPG

思いのほか黄葉が進んでいて、もう1週間早くてもよかったかも知れません。
もうひとつ残念だったのは、境内で蚤の市が開催されていたこと。15時近くだったので既に撤収準備に入っていましたが、骨董品業者の車が邪魔で邪魔で。
まあ、憂いてばかりいてもはじまらない。
逆手にとって、遊行寺写真日記に企画変更。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09yugyouji_08_12_10.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10yugyouji_08_12_10.JPG

広大な境内中、本堂の前方30メートルほど真向かいに大イチョウがあります。
時宗総本山遊行寺は、「藤沢山無量光院清浄光寺(とうたくさんむりょうこういんしょうじょうこうじ)」が正式名称で、時宗の法主が「遊行上人」と呼ばれたことから、遊行上人のいる寺「遊行寺」と呼ばれるようになったとのこと。

1325年正中2年。寺を建てたのは、後醍醐天皇時、鎌倉幕府の御家人であり地頭職であった俣野五郎影平という人物。
因に正中2年の鎌倉幕府将軍は守邦親王、執権は第14代北条高時(第9代執権北条貞時の3男)。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
11yugyouji_08_12_10.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
12yugyouji_08_12_10.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
13yugyouji_08_12_10.JPG

本堂内は広く絢爛であり、当時山深かったこの清浄の場所に多くの修行僧が出入りしていたことがしのばれ、剛健で贅の限りが尽くされた造築を眺めていると、いにしえの683年前にタイム・スリップしそうである。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
14yugyouji_08_12_10.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
15yugyouji_08_12_10.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
16yugyouji_08_12_10.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
17yugyouji_08_12_10.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
18yugyouji_08_12_10.JPG

夕刻、黄昏れ色に染まった大イチョウ。
この大イチョウだけが、598万3千80時間の移ろいを見続けた生き証人である・・・。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
20yugyouji_08_12_10.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
21yugyouji_08_12_10.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
22yugyouji_08_12_10.JPG











Posted at 12:11 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.12.10

09年、路傍にて119。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_12_3.JPG

花枯れ時期ですが、本日は華やかなキクをご覧下さい。



【スプレイギク(デリフィマム)】
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01supu_deri_08_12_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02supu_deri_08_12_3.JPG


【スプレイギク(ピンクマーブル)】
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03supu_pink_08_12_3.JPG


【スプレイギク(オレンジチャーム)】
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04supu_ore_08_12_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05supu_ore_08_12_3.JPG


【スプレイギク(セイタンゴ)】
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06supu_sei_08_12_3.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07supu_sei_08_12_3.JPG


【スプレイギク(グリーンランピー)】
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08supu_urin_08_12_3.JPG


【スプレイギク(トウキョウ)】
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09supu_tokyo_08_12_3.JPG


【スプレイギク(マグノリア)】
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10supu_magu_08_12_3.JPG


【コギク(春風)】
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
11kogiku_haru_08_12_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
12kogiku_haru_08_12_3.JPG


【コギク】
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
13kogiku_08_12_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
14kogiku_08_12_3.JPG


【コギク(北極の光)】
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
15kogiku_hokkyo_08_12_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
16kogiku_hokkyo_08_12_3.JPG

以上11月17日。
フラワーセンター大船植物園にて。


【清澄白山菊】
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
17kiyo_08_12_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
18kiyo_08_12_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
19kiyo_08_12_3.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
20kiyo_08_12_3.JPG

11月30日。
北鎌倉円覚寺松嶺院にて。









Posted at 16:07 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.12.08

鎌倉の紅葉/08年、路傍にて118。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00enngaku_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01enngaku_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02enngaku_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03enngaku_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04enngaku_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05enngaku_08_12_8.JPG
以上、北鎌倉円覚寺にて。11月30日撮影。


↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06touke_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07touke_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08touke_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09touke_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10touke_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
11touke_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
12touke_08_12_8.JPG
以上、北鎌倉東慶寺にて。12月6日撮影。


↓画像クリックで、正規サイズになります♪
13jyouti_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
14jyouti_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
15jyouti_08_12_8.JPG
以上、北鎌倉浄智寺にて。12月6日撮影。


↓画像クリックで、正規サイズになります♪
16kenchou_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
17kenchou_08_12_8.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
18kenchou_08_12_8.JPG
以上、北鎌倉建長寺にて。12月6日撮影。










Posted at 17:36 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.12.05

風船割れた!/08年、路傍にて117。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_12_5.JPG

先日、金沢文庫の紅葉を披露しましたが、もう一つのお目当て。
フウセントウワタです。
昨年は叶わなかった、ふわふわ放出。
ついに見つけました!



【フウセントウワタ】
風船唐綿。ガガイモ科フウセントウワタ属。南アフリカ原産。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪01fusen_08_12_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02fusen_08_12_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03fusen_08_12_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04fusen_08_12_5.JPG
割れたばかりの種子は、ちょっとグロいでしょうか。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05fusen_08_12_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06fusen_08_12_5.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08fusen_08_12_5.JPG

紅葉狩りの後だったので陽も傾いていましたが、かなり満足してます。
でも肝心の花が・・・
生垣の上、その高さ2.5メートル近く。株の上部に花が残っていますが確認不能。

結局、フウセントウワタの可愛い花にまる2年出逢っていません。
仕方がないので、2年前の画像を引っぱり出しました。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09fusen_06_10_10.JPG

当時のカメラは、500万画素。いや〜、粒子がバリバリ出てます。
まあ、カメラのせいにするのも卑怯ですね。
あの頃は花に目覚めたばかりで、名も知らぬ草花をなにも考えずに片っ端から撮っていた時期。
ひとつの花を、アングルすら変えずに4カットぐらいしか撮っていないし、アプローチが今と全然違いました。ってか、まあ下手だったのです。










Posted at 14:58 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.12.03

08年、路傍にて116。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_12_4.JPG

本日は蔓性クレマチスの仲間たち。
今朝のセンニンソウ撮影で、やっと蔵出しとあいなりました〜♪
いや〜、長かったなあ。
センニンソウ以外は、すべて北鎌倉円覚寺境内、松嶺院にて。



【ハンショウヅル】
半鐘づる。キンポウゲ科センニンソウ属。日本原産。

2年越しで、花にも出逢いました♪
点数が多いですが、綿毛になっていく様子をご覧下さい。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01hanshou_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02hanshou_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03hanshou_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04hanshou_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
05hanshou_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06hanshou_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07hanshou_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08hanshou_08_12_4.JPG
以上10月13日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09hanshou_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10hanshou_08_12_4.JPG
以上11月8日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
11hanshou_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
12hanshou_08_12_4.JPG
以上11月15日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
13hanshou_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
14hanshou_08_12_4.JPG
12月1日撮影。


【センニンソウ】
仙人草、ウマクワズ(馬喰わず)とも。キンポウゲ科センニンソウ属。日本、中国原産。

8月の花から、髭の若仙人→老仙人と長〜い追っかけでした。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
15sennin_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
16sennin_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
17sennin_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
18sennin_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
19sennin_08_12_4.JPG
以上8月23日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
20sennin_08_12_4.JPG
10月4日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
21sennin_08_12_4.JPG
10月25日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
22sennin_08_12_4.JPG
本日撮影。


【名称不明】
ウィンタークレマチスあるいはヴィオルナ系に、近似種がありましたが同定には至りませんでした。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
23fumei1_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
24fumei1_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
25fumei1_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
26fumei1_08_12_4.JPG
以上9月27日撮影。


【名称不明】
いわゆるカザグルマ系だとは思いますが、なんせ1000種を超える交配種があるとのこと。これも同定には至りませんでした。
↓画像クリックで、正規サイズになります♪
27fumei2_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
28fumei2_08_12_4.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
29fumei2_08_12_4.JPG
以上11月17日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
30fumei2_08_12_4.JPG
12月1日撮影。









Posted at 17:40 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.12.02

金沢文庫、称名寺の紅葉/08年、路傍にて115。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
00image_08_12_2.JPG

11月30日。
京急金沢文庫もよりの、金沢文庫隣接する、称名寺境内の紅葉。

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
01kanazawa_08_12_2.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
02kanazawa_08_12_2.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
03kanazawa_08_12_2.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
04kanazawa_08_12_2.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
06kanazawa_08_12_2.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
07kanazawa_08_12_2.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
08kanazawa_08_12_2.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
09kanazawa_08_12_2.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
10kanazawa_08_12_2.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
11kanazawa_08_12_2.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります♪
12kanazawa_08_12_2.JPG










Posted at 12:42 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。