--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.04.28

08年、路傍にて42。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00benikanoko_08_4_28.JPG

まずは、オミナエシ科を二つ。
【ベニカノコソウ】
紅鹿子草。ヒカノコソウとも。オミナエシ科ケントランツス属。ヨーロッパ南部原産。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01benikanoko_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02benikanoko_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03benikanoko_08_4_28.JPG
流通名はケントランサス、セントランサスの園芸品種。
ハーブとしての利用もあるようですが、あまり香りは感じませんでした。
次の在来種のツルカノコソウとは、ずいぶん様子が違います。

【ツルカノコソウ】
蔓鹿子草。オミナエシ科カノコソウ属。日本、東南アジア原産。
蕾のときは、かなりピンクが濃い。そして小さい……。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04turukanoko_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05turukanoko_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06turukanoko_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07turukanoko_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08turukanoko_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09turukanoko_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10turukanoko_08_4_28.JPG


続いて、ユーモラス(奇妙?)なサトイモ科を3つ。
【ウラシマソウ】
浦島草。サトイモ科ナンテンショウ属。日本原産。
花から突き出ている細い紐状のものを、浦島太郎の釣り糸に例えたとのこと。
今年は我がフィールドのあちらこちらに咲いています。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11turasima_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12turasima_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13turasima_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14turasima_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15turasima_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16turasima_08_4_28.JPG
あまりに身近に咲いているので、中を覗いてみましたが釣り糸が突き出ているだけでした。
でも、夏にはこんな実がつきます。

【ムサシアブミ】
武蔵鐙。サトイモ科テンナンショウ属。日本原産。
今年は、鎌倉の某寺境内にて発見。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17musaabu_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18musaabu_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19musaabu_08_4_28.JPG


【ユキモチソウ】
雪餅草。サトイモ科テンナンショウ属。日本原産。
これは今年初めて見ました♪
一枚目(別日別場所での撮影)と、二枚目は班入り。
白い突起部分を餅に例えたそうですが、触ってみたらマシュマロと同じでした!
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21yukimoti_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22yukimoti_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
23yukimoti_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
24yukimoti_08_4_28.JPG


【キボウホウヒルムシロ】
ミズサンザシとも。レースソウ科(属名不明)南アフリカ原産。
オマケです♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
25kibouhiru_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
26kibouhiru_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
27kibouhiru_08_4_28.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
28kibouhiru_08_4_28.JPG
前回、天気が良過ぎて上手く撮れなかったので再撮しました。
といっても、もう疾うに終わっていますが……。










スポンサーサイト

Posted at 19:05 | 季節の草花 | COM(8) | TB(0) |
2008.04.25

08年、路傍にて41。/春の木花4♪

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00hanamizuki_08_4_25.JPG

本日は比較的大きな木花。
最近花を撮りながら、よく思うことがあります。
野草系の小さな花々は、接写主義の僕には、申し分のないモチーフなのでございます。
だから、特に全体が大きな花・樹木って、引きで撮ってもあまり面白くないわけです。
そして、さらに思うのは、眺めるぶんには眼をみはる美しさの類い。
これは多くの場合、眺めながら写真じゃ無理だな、って萎えちゃうわけです……。

【ハナミズキ】
花水木。アメリカヤマボウシ(アメリカ山法師)とも。ミズキ科ミズキ属。北アメリカ原産。
いま、そこかしこの街路樹などで見られるハナミズキ。米国バージニア州の州花だそうですが、これは逆に眺めていてもピンとこない地味さが、僕にはあります。
撮ってから、素敵だなと気づきます。
トップ画像なぞ、早くも本年度ベスト10候補ってなぐらいです♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01hanamizuki_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02hanamizuki_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03hanamizuki_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04hanamizuki_08_4_25.JPG


【ヤエザクラ(関山)】
関山。牡丹桜とも。バラ科サクラ属。日本原産。
ソメイヨシノからスイッチして咲き始め、2度目の花見が楽しめるありがたい八重桜。
これは撮ってはショボく、眺めて素敵♪ の代表選手。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05kanzan_08_4_25.JPG
手前にぼやけて写っているのが、花が落ちたソメイヨシノ。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06kanzan_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07kanzan_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08kanzan_08_4_25.JPG


【リキュウバイ】
利休梅。バイカシモツケ(梅花下野)とも。バラ科ヤナギザクラ属。中国原産。
茶花として利用されるそうで、千利休にちなんでの命名とのこと。同時期のソメイヨシノなんかに比べ、いかにも地味〜なところが利休好み?
これも眺めて良し、だと思います。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09rikyubai_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10rikyubai_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11rikyubai_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
100rikyubai_08_4_25.JPG


【シャクナゲ】
石楠花。ツツジ科ツツジ属。日本、中国、ヒマラヤ地方原産。
これは全体の大きさや、固まって咲く大振りな花といい見事です。
圧倒されます。思わずシャッターボタンを連打します!
でも、PCに取りこんで後悔します。
大体、接写すると普通のツツジだもん……。意味ないし。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11shaku_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12shaku_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13shaku_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14shaku_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15shaku_08_4_25.JPG.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16shaku_08_4_25.JPG.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17shaku_08_4_25.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18shaku_08_4_25.JPG

これこそ、撮ってはショボく、眺めて素敵♪ の女王だと思う。
下手クソな写真で恐縮でございます……。









Posted at 15:47 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2008.04.23

08年、路傍にて40。/イタチごっこ♪

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00nagami_08_4_23.JPG
今年も、疾うにナガミヒナゲシが咲いています♪
陽光を透かす、繊細なオレンジ♪

【ナガミヒナゲシ】
長実雛芥子。ケシ科ケシ属。地中海沿岸、中欧原産。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01nagami_08_4_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02nagami_08_4_23.JPG
風に揺れる、薄い花びら♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03nagami_08_4_23.JPG
はかないようでいて、強かな生命力♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04nagami_08_4_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05nagami_08_4_23.JPG
花を好きになった僕には、いまやなくてはならない春のオレンジ色♪



↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06nagami_08_4_23.JPG
ん?
こ、この葉は??
なんだかちょっと厳ついぞ???

えっ?
イントロが長いですか?
わかっちゃいました?
まあ、今年初めての方もいらっしゃるのですから。

ご紹介しましょう!
名付けて “ 咲いてちゃいけない花 ” 、アツミゲシ!!
昨日、昨年のこぼれ種で、無事今年も我家の裏のフェンスに咲いてくれました。
【アツミゲシ】
渥美芥子。ケシ科ケシ属。地中海沿岸原産。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07nagami_08_4_23.JPG

何故 “ 咲いてちゃいけない花 ” かは、昨年の記事を参照してください。

へへへ。フェンスの向こうにも、咲いてるもんね♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08nagami_08_4_23.JPG

一気に、ナガミヒナゲシが霞んでしまうほどの魅力♪
警察や厚労省が、躍起になっても完全駆除できないわけです。
“ ほとんどイタチごっこ ” の意味がわかりました。
ナガミヒナゲシ同様、可憐でいて強かな生命力。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09nagami_08_4_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10nagami_08_4_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11nagami_08_4_23.JPG

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12nagami_08_4_23.JPG

今年は通報せずに、じっくり鑑賞させていただくことにします……。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13nagami_08_4_23.JPG












Posted at 15:25 | 季節の草花 | COM(9) | TB(0) |
2008.04.21

08年、路傍にて39。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00sinryoku_08_4_21.JPG

新緑♪
本日は、ユリ科、トウダイグサ科、ユキノシタ科の植物。

【ショウジョウバカマ】
猩々袴。ユリ科ショウジョウバカマ属。日本原産。
猩々(しょうじょう、猿の一種)の赤い顔、葉の重なりを袴にみたてたとのこと。
すみません。
初登場。更新をもたもたしているうちに咲き終わってしまいました。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01shoubakama_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02shoubakama_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03shoubakama_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04shoubakama_08_4_21.JPG


【ナツトウダイ】
夏灯台。トウダイグサ科トウダイグサ属。日本、中国原産。
これも、既に咲き終わりました……。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10natutou_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05natutou_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06natutou_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07natutou_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08natutou_08_4_21.JPG


続いて、ユキノシタ科を2種。
【ヒマラヤユキノシタ】
ベルゲニア、オオイワウチワとも。ユキノシタ科ベルゲニア属。ヒマラヤ原産。
これは、まだぎりぎり咲いています。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11himayuki_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12himayuki_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13himayuki_08_4_21.JPG


【ニッコウネコノメ】
日光猫の目。ユキノシタ科ネコノメソウ属。日本原産。
昨年、ヨゴレネコノメソウとして紹介しましたが、本日ここにおいて修正します。
これも、既に咲き終わりました……。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14nikkou_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15nikkou_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16nikkou_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17nikkou_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18nikkou_08_4_21.JPG


最後に忘れちゃいけないユリ科を。
【カタクリ&キバナカタクリ】
片栗。ユリ科カタクリ属。日本、朝鮮、中国原産。
これも、既に咲き終わりました。
今年は紫のものは、北鎌倉浄智寺境内でズーム撮影。黄花は北鎌倉円覚寺で接写できました〜♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19katakuri_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20katakuri_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21katakuri_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22katakuri_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
23katakuri_08_4_21.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
24katakuri_08_4_21.JPG










Posted at 16:37 | 季節の草花 | COM(8) | TB(0) |
2008.04.18

08年、路傍にて38。/黄色い貴公子08年版♪

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00toukai_7946.JPG

タンポポの写真も、撮り貯めてきました。
なんといっても、幼少時の原体験含め、タンポポは僕にもとても身近な草花でございます。
昨日今日と東京は冷たい雨が降っておりますが、春のタンポポ画像で和んでいってくださいね♪

【シロバナタンポポ】
白花蒲公英。キク科タンポポ属。日本原産。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01sirobana_0701.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02sirobana_0690.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03sirobana_0689.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04sirobana_8738.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05sirobana_0694.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06sirobana_0755.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07sirobana_0697.JPG


【トウカイタンポポ】
東海蒲公英。キク科タンポポ属。日本原産。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08toukai_7950.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09toukai_7954.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10toukai_7957.JPG


【カンサイタンポポ】
関西蒲公英。キク科タンポポ属。日本原産。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11kansai_1119.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12kansai_1133.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13kansai_1129.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14kansai_1122.JPG


【エゾタンポポ】
蝦夷蒲公英。キク科タンポポ属。日本原産。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15ezo_0672.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16ezo_0681.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18ezo_0679.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17ezo_0683.JPG


今回も全て在来種のタンポポ。
詳しくは昨年の記事をご覧下さい。

【オニタビラコ】
鬼田平子。キク科ヤブタビラコ属。日本、朝鮮、中国、東南アジア、インド、マレーシア、オーストラリア原産。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19onita_0710.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20onita_0707.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21onita_0716.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22onita_0746.JPG
こちらは、いまタンポポと同様にアスファルトの隙間にも咲くオニタビラコ。



さて、いつもぼやいていますが、花画像ストックが貯まりまくっている中、外来種のセイヨウタンポポ含め花期の長いタンポポを何故本日更新したのか?
それは、一昨日信じられないものを発見したからです。
急遽このための、緊急アップです。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
23obake_1542.JPG
ロゼット(葉が放射状に開く様子)の全形は、1メートル弱。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
24obake_1547.JPG
蕾の長さは、4センチはあります。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
25obake_1552.JPG

茎は、1センチほど。
萼の反り返りから、外来種の変異種だと思われます。
ネット上でも一件しか見あたりません。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
26obake_1545.JPG

名付けて、オバケタンポポでございます!
僕の腕時計の文字盤が3.2センチ。
花部は、なんと7〜8センチ!!

デカっ!!!!



♪色々なタンポポについては、ここが勉強になります。










Posted at 18:30 | 季節の草花 | COM(8) | TB(0) |
2008.04.16

08年、路傍にて37。/マメ軍団♪

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00akatume_08_4_16.JPG

本日も出社前に散歩してきました。花画像が貯まる一方……。
膨大なストックを消化するため、とりあえず科名で分けました。
そんなわけで、本日は現時点でのマメ科軍団でございます♪

【アカツメクサ】
赤詰め草、ムラサキツメクサ(紫詰め草)とも。マメ科シャジクソウ属。ヨーロッパ原産。
初ものは色も鮮やかです♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01akatume_08_4_16.JPG


【キヌサヤエンドウ】
絹サヤ豌豆。マメ科エンドウ属。
昭和初期にカナダから導入された品種だそうです。いつもお世話になっております♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02kinusaya_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03kinusaya_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04kinusaya_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05kinusaya_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06kinusaya_08_4_16.JPG


【ソラマメ】
空豆。マメ科ソラマメ属。地中海沿岸原産。
先日、神保町の居酒屋で美味しいのをいただきました♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07soramame_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08soramame_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09soramame_08_4_16.JPG


【ハナズオウ】
花蘇芳。蘇芳(すおう)とも。マメ科ハナズオウ属。中国原産。
日本へは江戸時代に渡来したとのこと。そこら中にあるのに、何故去年気づかなかったのか???
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10hanazuou_08_4_16.jpg


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11hanazuou_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12hanazuou_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13hanazuou_08_4_16.JPG


【シロバナエニシダ】
白花金雀枝。マメ科エニシダ属。ヨーロッパ原産。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14fumei_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15fumei_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16fumei_08_4_16.JPG




そして、実はこれが本日のメイン♪
一瞬、眼を疑いました。カラスノエンドウ?
葉も実も間違いないのだが、花が白い!!
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17sirokarasu_08_4_16.JPG
【シロバナカラスノエンドウ】
白花烏野豌豆。マメ科ソラマメ属。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18sirokarasu_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19sirokarasu_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20sirokarasu_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21sirokarasu_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22sirokarasu_08_4_16.JPG

別品種ではなく変異種だそうで、日本各地で目撃されている模様。
本家カラスノエンドウと、マメ科の花の構造についてはここでご覧下さい。

ご覧になったところで、あのスズメノエンドウの実です♪
ではでは〜。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
23sirokarasu_08_4_16.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
24sirokarasu_08_4_16.JPG








Posted at 18:40 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.04.14

08年、路傍にて36。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07odamaki_08_4_14.JPG


平日出社前、週末と路傍を歩けば花画像ストックが貯まるという、嬉しい日々でございます。が、それだけお通じも悪いというジレンマの毎日……。

まずは、キンポウゲ科の花々から。
【オダマキ】
苧環。アキレギアとも。キンポウゲ科オダマキ属。日本など温帯アジア中部ヨーロッパ、北アメリカ原産。
微妙に色味が違うのは、中○黒公園と北鎌倉円覚寺撮影のため。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01odamaki_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02odamaki_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03odamaki_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04odamaki_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05odamaki_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06odamaki_08_4_14.JPG


【クレマチス・アーマンディー】
アップル・アーマンディーとも。キンポウゲ科クレマチス属。中国原産。
相変わらず、強烈な芳香あり♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08kureaman_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09kureaman_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11kureaman_08_4_14.JPG


ここからケシ科の花々です。
【ムラサキケマン】
紫華鬘。ヤブケマン(藪華鬘)とも。ケシ科キケマン属。日本、中国、台湾原産。
咲きはじめの姿は、初めて見ました♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20murake_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21murake_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22murake_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
23murake_08_4_14.JPG


【ケマンソウ】
華鬘草。タイツリソウ(鯛釣り草)とも。ケシ科コマクサ属。中国原産。
全草にアルカロイドを含むため、有毒とのこと。注意しましょうね。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
24kemansou_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
25kemansou_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
26kemansou_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
27kemansou_08_4_14.JPG


【アイランド・ポピー】
シベリアヒナゲシとも。ケシ科。ケシ属。北アメリカ、ユーラシアの亜北極圏原産。
絵になるんで、つい撮ってしまいます。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
28airandopopi_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
29airandopopi3_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
30airandopopi2_08_4_14.JPG


【ヤマブキソウ】
山吹草。クサヤマブキ(草山吹)とも。ケシ科クサノオウ属。日本原産。
昨年秋に、シキザキヤマブキソウというのを撮りましたが、こちらが本家ヤマブキソウ。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
31yamabukisou_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
32yamabukisou_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
34yamabukisou_08_4_14.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
33yamabukisou_08_4_14.JPG









Posted at 19:39 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.04.11

08年、路傍にて35。/チューリップ♪

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00churipu_08_4_11.JPG


チューリップの球根を、植えたことがないという人はいないのではないだろうか。
少なくとも小学校時代、校内あるいは自宅の庭に球根を植えた経験があるはず。
そして、咲いた、咲いた〜のチューリップの歌を口ずさめない人もいないはず。
まずはチューリップの歌を諳んじながら、眺めてみてください♪
ね、歌の詩そのものでしょ?

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01churipu_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02churipu_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03churipu_08_4_11.jpg


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04churipu_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05churipu_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06churipu_08_4_11.JPG


チューリップ(ユリ科のチューリップ属)は、およそ8000品種もあるそうで、日本だけでも約1000種類あるらしい。
既にトルコで16世紀まで園芸品種が作られていたそうで、元は近隣の地中海から中央アジア高地の乾燥地帯に分布していた原種チューリップであるとのこと。
原種だけでも当時既に150種以上存在していて、16世紀を境にヨーロッパに伝わったそうでございます。

【原種チューリップ・プルケア】
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07purukera_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08purukera_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09purukera_08_4_11.JPG


【原種チューリップ・トルケスタニカ】
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10torukesutanika_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11torukesutanika_08_4_11.JPG


【原種チューリップ・オルファニデア】
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12orufanidea_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13orufanidea_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14orufanidea_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15orufanidea_08_4_11.JPG


【原種チューリップ・イリエンシス】
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16iriensisu_08_4_11.JPG


【原種チューリップ・サクサテリス】
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17sakusaterisu_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18sakusaterisu_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19sakusaterisu_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20sakusaterisu_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21sakusaterisu_08_4_11.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22sakusaterisu_08_4_11.JPG


無条件で綺麗です♪










Posted at 18:22 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.04.09

08年、路傍にて34。/春の木花3♪

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00yukiya_08_4_9.JPG
木花だけでもかなりのストックが渋滞中。

【ユキヤナギ】
雪柳。バラ科シモツケ属。日本原産。
ユキヤナギの雪の意味に納得♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01yukiya_08_4_9.JPG


【アオキ】
青木。ミズキ科アオキ属。日本原産。
上2枚が雄花、下2枚は雌花。
大好きな花の一つ♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02aoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03aoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04aoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05aoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06aoki_08_4_9.JPG


【アカバナミツマタ】
赤花三叉。ジンチョウゲ科ミツマタ属。日本原産。
疾うに花期が過ぎてしまいましたが、お蔵入りさせるのは忍びない美しさ♪
四国(愛媛県とも高知県ともいわれている)の栽培地で、第二次大戦後に見つかった、黄花の突然変異種。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07akamitu_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08akamitu_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09akamitu_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10akamitu_08_4_9.JPG


【ベニバナトキワマンサク】
紅花常盤万満作。アカバナトキワマンサク(赤花常盤万作)とも。マンサク科ロロペタルム属。日本、中国、インド原産。
通常のマンサクより、花期が遅いです。このピンクには、とにかく圧倒されます♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11benitoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12benitoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13benitoki_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14benitoki_08_4_9.JPG


【ネコヤナギ】
猫柳。狗尾柳(えのころやなぎ) 、カワヤナギ、トウトウヤナギ、タニガワヤナギとも。ヤナギ科ヤナギ属。日本、中国原産。
以前、柵越しにしか撮れませんでしたが、偶然柵内に入れました♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15nekoya_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16nekoya_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17nekoya_08_4_9.JPG


【ヤクシマオナガカエデ】
カエデ科カエデ属。日本原産。
流通名は脇坂綿という園芸種だそうです。屋久島の固有種だそうで、これはフラワーセンター大船植物園では昭和48年に鹿児島大学より種子を入手、育成。班入りの貴重種だそうです。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18yakuonakae_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19yakuonakae_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20yakuonakae_08_4_9.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21yakuonakae_08_4_9.JPG













Posted at 19:02 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.04.07

08年、路傍にて33。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00genge_08_4_7.JPG
前回のゲンゲ。群生しておりました♪
このままいくと披露しきれない花たちがでてきそうなので、今回は点数が多いです。宜しくおつき合い下さいね。

【オカスミレ】
丘菫。スミレ科スミレ属。日本、朝鮮、中国(東北部)、シベリア東部原産。
まずは、スミレ科。昨年同様渋谷区某公園にて。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01okasumire_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02okasumire_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03okasumire_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04okasumire_08_4_7.JPG


【ヒゴスミレ】
肥後菫。スミレ科スミレ属。日本、東アジア原産。
これは、ハクモクレンを撮ったときと同じ日の撮影。
鎌倉覚音寺境内にて。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05higosumire_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07higosumire_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08higosumire_08_4_7.JPG


【タチツボスミレ】
立坪菫。スミレ科スミレ属。日本、朝鮮、中国原産。
やはり、春のスミレはこれでしょ!
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09tatitubo_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10tatitubo_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11tatitubo_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12tatitubo_08_4_7.JPG


【カキドオシ】
垣通。カントリソウ(疳取り草)とも。シソ科カキドオシ属。日本、中国、シベリア東部原産。
シソ科の草花も咲きはじめています♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13kakidosi_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14kakidosi_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15kakidosi_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16kakidosi_08_4_7.JPG


【キランソウ】
金欄草。地獄の釜の蓋とも。シソ科キランソウ属。ヨーロッパ原産。
地獄の釜の蓋! HMです!!(毎年同じこといってます)
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17kiran_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18kiran_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19kiran_08_4_7.JPG


【ツタバウンラン】
蔦葉海蘭。キンバラリア、ツタガラクサ(蔦唐草)とも。ゴマノハグサ科ウンラン属。地中海沿岸原産。
ここからゴマノハグサ科。近所のお宅の玄関先で勝手に野生化しています。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20tutaunn_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21tutaunn4_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22tutaunn3_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
23tutaunn6_08_4_7.JPG


【ムラサキサギゴケ】
紫鷺苔。ゴマノハグサ科サギゴケ属。日本原産。
いや〜、悲願達成! やっと接写できる野生のものを見つけました〜♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
24murasagigoke1_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
25murasagigoke2_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
26murasagigoke4_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
27murasagigoke3_08_4_7.JPG


【シロバナサギゴケ】
白花鷺苔。サギシバとも。ゴマノハグサ科サギゴケ属。日本原産。
これはかなり珍しいのではないでしょうか?
ムラサキサギゴケとダブルで幸運です♪
ヒゴスミレ同様、鎌倉覚音寺境内にて。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
28sirosagigoke1_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
29sirosagigoke3_08_4_7.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
30sirosagigoke2_08_4_7.JPG












Posted at 20:11 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.04.04

08年、路傍にて32。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00genge_08_4_4.JPG


昨年は、3月31日に花見のついでに、田谷町の田んぼでゲンゲの群生に出逢いました。

今年は桜よりも早く、さすがにまだ群生には至っておりませんでしたが、先月22日には昨年と同じ場所で咲きはじめていました。

【ゲンゲ】
蓮華、蓮華草とも。マメ科ゲンゲ属。中国原産。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01genge_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
02genge_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03genge_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04genge_08_4_4.JPG


【ツクシ】
土筆。トクサ科トクサ属。北半球温帯以北原産。
これもゲンゲのすぐ近く、同じ日の撮影。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05tukusi_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06tukusi_08_4_4.JPG


【シラユキゲシ】
白雪芥子。ケシ科シラユキゲシ属。中国原産。
これは初登場。日陰の女王だそうです。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07siragesi_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08siragesi_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09siragesi_08_4_4.JPG


【イワヤツデ】
岩八手。タンチョウソウ(丹頂草)とも。ユキノシタ科ムクデニア属。中国~朝鮮半島原産。
これもお初。goro'sさんより僕のシマに加えてよしとの承諾を得た公園で発見。葉も見あたらず同定に難儀しそうなので、ストックが渋滞していることにかまけて放置しておりました。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10iwayatude_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11iwayatude_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12iwayatude_08_4_4.JPG


ここからは、鎌倉東口駅前の大巧寺境内のもの。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13iwayatude_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14iwayatude_08_4_4.JPG


15iwayatude_08_4_4.JPG
ヤツデのような葉が確認できました。おまけに花名もね♪

【ハナニラ】
花韮。ネギ科(ユリ科)イフェイオン属。メキシコ、アルゼンチン原産。
僕の自宅周辺で、いま最も路傍に蔓延している花です。
白いものがほとんどですが、綺麗な紫色のものを発見しました♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16hanani_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17hanani_08_4_4.JPG


【キボウホウヒルムシロ】
ミズサンザシとも。レースソウ科(属名不明)南アフリカ原産。
名札には “ アフリカ喜望峰のヒルムシロ ” と記されていました。
これも大巧寺境内で発見。是非再撮したいです。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18hirumusiro_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19hirumusiro_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20hirumusiro_08_4_4.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21hirumusiro_08_4_4.JPG











Posted at 20:08 | 季節の草花 | COM(8) | TB(0) |
2008.04.02

08年、路傍にて31。/小っさいことも、いいことだ♪

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
00karasu_08_4_1.JPG
【カラスノエンドウ】
烏野豌豆。ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)とも。マメ科ソラマメ属。ユーラシア原産。


ストックが渋滞ぎみでございます。(かなり焦ってます)
桜もいっぱい撮りましたが追いつかないので、そろそろ路傍の草花に注目します♪
トップ画像は、ご存知カラスノエンドウくん。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
01suzume_08_4_1.JPG
こちらは、スズメノエンドウ!
エンドウ兄弟、満を持しての登場です。
極小の草花は数あれど、このスズメノエンドウちゃん、シベなどの特徴が確認できないし、肉眼はおろか昨年の今頃使っていたカメラでは、ピンがほとんどこないのであった!!
【スズメノエンドウ】
雀の豌豆。マメ科ソラマメ属。日本、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ原産。


そんなこともあり、今年は気合い入れて待ってました。
ある意味、このために一年を移ろい過ごしたといっても過言ではありません。(他にもあるけど……)
さすがに昨年より、花の様子がよくわかります♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪02suzume_08_4_1.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
03suzume_08_4_1.JPG


大きさはこんな感じ! 人差し指ですからね。(ちょい太めですが)
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
04suzume_08_4_1.JPG


さあ、もっと拡大して観察してみましょう♪
こんなに小さくても、ちゃんと繊毛もあります。淡い紫が楚々として愛らしい。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
05suzume_08_4_1.JPG


えっ? もっと大きく?(贅沢なっ)
これでどうじゃ!!
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
06suzume_08_4_1.JPG
ところで、マメ科の植物たちはシベを露出していないのに、どうやって受粉すのるのだろう?
旗状花(画像中のリボンのような部分)をつけるマメ類の花は、シベを舟弁(画像中の淡い紫の部分)の中に隠し、蜜を花の奥に分泌して花をこじ開ける習性のないハエやアブ類を完全にしめだす。そして花を押し開けることのできるハナバチ類のみに豊富な餌を用意し、花粉を媒介してもらいます。とのこと!
あ〜、すっきりした♪

ここで、ちょっと余興です。
いま咲いている小さな草花たちを比較してみましょう。(いっぱい咲いているんで勘弁ね)
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
07suzume_08_4_1.JPG
左からキュウリグサ、ナズナ、スズメノエンドウ、カラスノエンドウ、タチイヌノフグリ、オオイヌノフグリでございます。
カラスノエンドウとオオイヌノフグリ以外は、みな3ミリ程度といったところ。

以前早々にキュウリグサを披露しちゃいましたが、noodles3は釣った魚に餌を与えない、なんていわれたくないので、旬の姿も披露しちゃうぞ。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
08kyuri_08_4_1.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
09kyuri_08_4_1.JPG
【キュウリグサ】
胡瓜草、タビラコとも。ムラサキ科キュウリグサ属。日本、アジア原産。


さて、お次に控えし小花に注目!
これまた小っさいでしょう? 1ミリほどでしょうか。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
10yaemugura_08_4_1.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
11yaemugura_08_4_1.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
12yaemugura_08_4_1.JPG
ヤ・エ・ム・グ・ラ。ヤエムグラと申します。以後ごひいきに♪
背丈は10センチ強。
【ヤエムグラ】
八重葎。アカネ科ヤエムグラ属。ヨーロッパ、北アフリカ、東西アジア原産。


これは、わかりません。
ヤエムグラと似ていますが、背丈は70センチほど。葉全体の大きさは6センチほど。葉にツヤがあり棘があります。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
17kurumaba_08_4_1.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
18kurumaba_08_4_1.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
19kurumaba_08_4_1.JPG


こちらは、ハナイバナと申します。
葉と葉のあいだに花が一つずつつきます。葉内花(ハナイバナ)です。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
15hanaibana_08_4_1.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
16hanaibana_08_4_1.JPG


17hanaibana_08_4_1.JPG
【ハナイバナ】
葉内花。ムラサキ科ハナイバナ属。日本、東~東南アジア原産。


オランダミミナグサにも登場してもらいましょう♪
ヨーロッパ原産の帰化植物。外来ということでオランダと宛てたようです。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
20orandamimi_08_4_1.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
21orandamimi_08_4_1.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
22orandamimi_08_4_1.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
23orandamimi_08_4_1.JPG
【オランダミミナグサ】
阿蘭陀耳菜草。ナデシコ科ミミナグサ属。 ヨーロッパ原産。


せっかくだから、最後にまたまた大きさ比べを♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
13yaemugura_08_4_1.JPG
左からカラスノエンドウ、ハコベ、ハコベの下に隠れちゃったのがスズメノエンドウで、キュウリグサ、オオイヌノフグリ、タチイヌノフグリ、ヤエムグラです。
noodles3の画像はでかいからといって、勘違いしちゃいけませんよ。
基本的にみな極小ですからね。
並べるだけでも苦労するんですから!
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい♪
14yaemugura_08_4_1.JPG


わかったでしょ?








Posted at 20:11 | 季節の草花 | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。