--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.29

08年、路傍にて18。/春一番♪

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
00oki_seru_08_2_29.JPG


【オオキバナカタバミ】
オキザリス・セルヌアとも。カタバミ科カタバミ属。南アフリカ原産。
前々回のフヨウカタバミと一緒に咲いていたのですが、不勉強で別にしていました。
これも、なかなか開いた様子に出逢えない花の一つ。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
01oki_seru_08_2_29.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
02oki_seru_08_2_29.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
03oki_seru_08_2_29.JPG


【カネノナルキ】
フチベニベンケイ、花月(花月)とも。ベンケイソウ科クラッスラ属。南西アフリカ原産。
鉢植えなどはよく見かけますが、地か植えのこんなに大きなものは、初めて見ました!
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
04kaneno_08_2_29.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
05kaneno_08_2_29.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
06kaneno_08_2_29.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
07kaneno_08_2_29.JPG


【ソシンロウバイ】
素心蝋梅。ロウバイ科ロウバイ属。中国原産。
ビックリです!
こんな実がつくんですね!!
花がなければ、僕には判別できなかったと思います。
見上げる高さから、ズーム撮影にて画像が粗いですが、大きな実なんですね。
本来の艶姿はこちらで♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
08sosin_08_2_29.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
09sosin_08_2_29.JPG







←ポチッとお願いします♪
スポンサーサイト

Posted at 20:19 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2008.02.27

08年、路傍にて17。/春一番♪

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
00moku_08_2_27.JPG


梅は~咲い~~たか♪ 
咲きました!

桜~は~まだかい~な~~♪
ってことで、桜弟一段カワズザクラ、咲きました!

【カワズザクラ】
河津桜。バラ科。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
01kawazu_08_2_27.JPG


カンヒザクラとオオシマザクラの交配種だそうで、今はまだ咲き始めです。
昨年は、3月中旬頃が満開でした。
いまはまだ白っぽいですが、満開時はもっとピンクが強くなります。

↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
02kawazu_08_2_27.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
03kawazu_08_2_27.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
04kawazu_08_2_27.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
05kawazu_08_2_27.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
06kawazu_08_2_27.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
07kawazu_08_2_27.JPG


2月もラスト!
なんとか不毛時期を乗り切れそうです。
そして、いよいよ3月♪
まだちょっと、寒いけど……。





←ポチッとお願いします♪


Posted at 17:28 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2008.02.25

08年、路傍にて16。/春一番♪

ツワブキの綿毛。
なかなか、風流です♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
00image_08_2_22.JPG


【オウバイ】
黄梅、ゲイシュンカ(迎春花)。モクセイ科ソケイ属。中国原産。
日が経つと、黄色の花弁が白くなるんですよね。
今回もベストな状態を逃してしまいました……。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
01oubai_08_2_22.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
02oubai_08_2_22.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
03oubai_08_2_22.JPG


【フヨウカタバミ】
芙蓉酢漿草、オキザリス・プルプレアとも。カタバミ科オキザリス属。南アフリカ原産。
寝坊で早寝だそうで早朝は開かず、夕方にはさっさと閉じてしまい、雨天曇天時も開かないという、中々シャイな花のようです。
どおりで、昨年撮ったものは閉じていたわけだ……。
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
04fuyoukata_08_2_22.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。05fuyoukata_08_2_22.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
06fuyoukata_08_2_22.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
07fuyoukata_08_2_22.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
08fuyoukata_08_2_22.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
09fuyoukata_08_2_22.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
10fuyoukata_08_2_22.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
11fuyoukata_08_2_22.JPG


ガザニアのようですが、品種名には辿り着きませんでした。
数週間前に撮りました。なんにも花がなかった時期だったので、ありがたく、掲載することにします♪
↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
12gazania_08_2_22.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
13gazania_08_2_22.JPG


↓画像をクリックして、正規サイズでご覧下さい。
14gazania_08_2_22.JPG






←ポチッとお願いします♪

Posted at 16:15 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2008.02.22

08年、路傍にて15。/春一番♪

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
00kyuri_08_2_22.JPG


ここ数日、比較的暖かい陽気が続いています。
昨日は忙しい上に、体調芳しくなく、本日こそはと会社近所の某公園を覗きに行ってまいりまいた。

【キュウリグサ】
胡瓜草、タビラコとも。ムラサキ科キュウリグサ属。日本、アジア原産。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
02kyuri_08_2_22.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
03kyuri_08_2_22.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
04kyuri_08_2_22.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
05kyuri_08_2_22.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
07kyuri_08_2_22.JPG.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
06kyuri_08_2_22.JPG

若い花芽は、ピンク色♪

待ってました!
本日、午後2時半頃の撮影。
パラパラとですが、キュウリグサが咲きはじめました♪





←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

Posted at 16:21 | 季節の草花 | COM(8) | TB(0) |
2008.02.20

08年、路傍にて14。/春待ち♪

00image_08_2.JPG


本日は少し暖かいでしょうか?
会社近所の某公園では、待望の草花がスタンバイ中。

ジンチョウゲの花芽。まだ堅いです。
↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
01jinchoge_08_2.JPG


現在のスズメノエンドウ
葉の長さは3ミリ程度。
間違わない下さいね。右矢印がカラスノエンドウです。(接写ですから)
今年はキャノン・パワーショットG7で挑みます!
↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
02yochou1_08_2.JPG


こちらは、タチツボスミレ
↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
03yochou2_08_2.JPG


トキワツユクサもスタンバイ中。
↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
04yochou3_08_2.JPG


ホトケノザもね♪
↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
05yochou4_08_2.JPG


春よ来い。

こちらはミツマタ
毛皮のコートで、がっちり防寒中……。
↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
10mitumata_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
06mitumata_08_2.JPG


ん?
↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
07mitumata_08_2.JPG


おお!
↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
08mitumata_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
09mitumata_08_2.JPG


もうすぐだね♪
春よ来い、は~やく来い。





←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

Posted at 15:35 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2008.02.18

08年、路傍にて13。/春一番♪

00fukujyu_08_2.JPG


待ってました!
福寿草は、僕の環境下では、鎌倉辺りの寺の境内でしか見れません。
土の中から忽然と姿を現す、まるで睡蓮のような貴賓に満ちています。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
02fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
02fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
03fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
04fukujyu_08_2.JPG
【フクジュソウ】
福寿草、元日草とも。キンポウゲ科フクジュソウ属。シベリア東部、中国東北部、朝鮮半島、日本(北海道・本州・九州)原産。

晩秋に芽吹き、冬に開花する多年草。晩春には種を落として枯れてしまうそうですが、種子から開花まで5年の歳月を要するようで、春を祝う貴重な花としてこのめでたい名を頂戴したようです。
北国ではマンサクと呼ぶ地方もあるそうです。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
05fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
06fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
07fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
08fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
09fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
10fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
11fukujyu_08_2.JPG


花はさながらパラボラ・アンテナの役目を持っているそうで、太陽に向かって開花し、花の中心で集まった昆虫を暖めてやるんだそうな。
寒さや曇天で開ききっていないときは、手のひらで覆ってあげると、少しずつ開くそうですよ♪

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
12fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
13fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
14fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
15fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
16fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
17fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
18fukujyu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
19fukujyu_08_2.JPG


北鎌倉東慶寺、境内の一画。
鎌倉大功寺、境内の一画。
鎌倉宝戒寺、境内のあちらこちら。一番お薦め。

いま、見頃でございます♪





←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

Posted at 15:55 | 季節の草花 | COM(4) | TB(1) |
2008.02.15

08年、路傍にて12。/春一番♪

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
00sinaman_08_2.jpg


先日、大雪の中のマンサクを紹介しました。
その再撮(接写)に挑む前に、シナマンサクに出逢いました♪

トップ画像でも確認できますが、枯れた葉が枝に残っているのがオーソドックスな見極めのポイントとのこと。

【シナマンサク】
支那満作。マンサク科マンサク属。中国原産。
↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
01sinaman_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
02sinaman_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
03sinaman_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
04sinaman_08_2.JPG


春、先ず咲く、からマンサク。
花が枝いっぱいに咲くので、豊年満作からマンサク。
諸説あるようです。
樹皮が丈夫で、昔はもっぱら縄として利用したそうな。
4枚の花弁に4枚の萼、よく見ると雄しべも4本あります。
このシンプルな構成にもかかわらず、密集して咲く姿は非常に華やか。
しばし脚を止め、見上げてしまいます。



こちらは交配種のようです。
花枯れ時期唯一のこの花を、あれこれいじりたくなる、いにしえの人々の気持ちもわかろうというもの。
ニシキマンサクでしょうか??
マンサクの交配種は豊富で、一概には断定できなさそうですが、オレンジ色が鮮やかです♪

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
05nisikiman_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
06nisikiman_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
07nisikiman_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
08nisikiman_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
09nisikiman_08_2.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

Posted at 16:06 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2008.02.13

08年、路傍にて11。/春一番♪

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
00kanbai_08_2.JPG


先日春一番の白梅を披露しましたが、本日は濃い桃色の八重咲きのものを♪

【ウメ】
梅。バラ科サクラ属。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
01kanbai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
02kanbai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
03kanbai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
04kanbai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
05kanbai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
06kanbai_08_2.JPG


こちらは、やや淡いピンクの一重咲きの梅♪

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
07kanbai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
08kanbai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
09kanbai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
10kanbai_08_2.JPG


そして、白梅の八重咲きの品種。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
11kanbai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
12kanbai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
13kanbai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
14kanbai_08_2.JPG


灰色の 空に舞う梅 舞妓の華(字余り)

梅は~咲い~~たか 桜~は~まだかい~な~~♪

くどいです。
寒過ぎです。 





←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

Posted at 15:10 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2008.02.12

08年、路傍にて10。/春一番♪

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
00hakobe_08_2.JPG


早々に見つけたオオイヌノフグリの傍で、ハコベ発見♪

【ハコベ】
繁縷、ハコベラ、アサシラズ、ヒヨコグサ、トキシラズとも。ナデシコ科ハコベ属。中国北部原産。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
01hakobe_08_2.JPG


やはり寒い日だっかせいか、開ききらないものが多かったですが、春一番に認定!

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
02hakobe_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
03hakobe_08_2.JPG


古くは万葉集に波久倍良(ハクベラ)の名で登場し、小鳥の餌としては、日本に限らず世界的に共通。
無論、我々には春の七草としても知られています。
意外だったのは、昔は歯痛止めとしても用いられていたそうで、そのためかハコベの葉を乾燥し、粉状にしたものに塩を混ぜて歯磨きに用いるハコベ塩というのもあったそうです。

僕の思い出としては、小学生だった頃、当時住んでいた平屋の公営住宅脇の路傍によくハコベが咲いていました。親父が金魚を飼う趣味がありまして、そのハコベの根元を掘り出し、糸ミミズを金魚の餌用に獲っていたのを覚えています。
たまたまだとは思いますが、いまだにハコベの花を撮っていると、この根元に糸ミミズがウジャウジャいるんだろうな? なんて思ってしまいます。

04hakobe_08_2.JPG


ってことで、採取して晩ご飯に食べました。
おひたしがシャキシャキして、いかにも歯に良さそうです♪

ハコベの脇でやはり春の七草の一つ、ナズナも咲いていましたが、これは勘違いクンのようです……。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
05hakobe_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
06hakobe_08_2.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪



Posted at 14:46 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2008.02.08

08年、路傍にて9。/春一番♪

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
00oinu_08_2.JPG


前回のカタバミの数メートル隣で、やはり一つだけ小さく咲いていました♪
会社近所の某公園、昨年春に散々スズメノエンドウを撮った辺り。

【オオイヌノフグリ】
大犬の陰嚢、ヒョウタングサ、テンニンカラクサとも。ゴマノハグサ科クワガタソウ族。ヨーロッパ原産。
あんまりな名前の秘密はここで。
昨年はまず、この花が春一番として登場しましたが、今年は4番目の登場です。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
01oinu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
02oinu_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
03oinu_08_2.JPG


なんといっても忘れもしない一昨年4月、息子と散歩中に初めて名も知れないこの花を接写したのが、僕が花を撮影することになったきっかけです。
実はその瞬間まで、路傍に草花なるものが全く見えていなかった。
でもそのとき、何故か脚もとに広がるこの花が見えてしまい、接写したのでした……。

渋谷に咲きだしているならと、一昨年の初めての出逢いの場所にも咲いているかも知れないということで、先週末土曜2月2日(大雪の前日)、隣区の田谷町の田んぼにチャリで出かけました。

ありましたよ!
寒さで、花が開ききっていませんでしたが、咲きはじめていました♪
何度撮っても、綺麗でめんこい。(こういうときだけ道産子です)

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
04oinu_08_2.jpg


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
05oinu_08_2.jpg


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
06oinu_08_2.JPG


花に興味がなかった頃の僕でも、TVの園芸番組に頻繁に登場していた、園芸研究家の柳宗民(やなぎ むねたみ)氏は見知っていました。
そんな縁で昨年買った、氏のエッセイ『柳宗民の雑草ノート(ちくま学芸文庫)』にも、このオオイヌノフグリの記述がある。

「春空を映したような空色の花は、芯が白く抜け、これがよきアクセントとなって、より愛らしく映る」

と表現されているだけあって、氏が学生の頃、東京農大で遺伝育種学を研究されていたとき、この花に魅せられ空色、ピンクがかったものなど様々な濃淡の株を採取して品種改良し、園芸化を試みようとなさったそうです。
しかし、同時期に取り組んでいたパンジーの採取にかまけて、その夢は叶わなかったそうで、

「私の園芸化の夢は実現しなかったが、野辺に群がり咲くその野生の姿や、同じ頃に咲くホトケノザと混成している光景と、両者共にそのままの方がよいように思う」

と結んでいる。

うん。
僕もそう思います♪

07oinu_08_2.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

Posted at 11:26 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2008.02.06

08年、路傍にて8。/春一番♪

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
00katabami_08_2.JPG


【カタバミ】
酢漿草、片喰。カタバミ科カタバミ属。南アメリカ原産。
↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
01katabami_08_2.JPG


春一番、小さい小さいカタバミ見つけた!
枯葉に匿われて、霜を凌いだのでしょうか?

ところが! 枯葉を静かに除けてみると……。
花部の下に、なにやら細長い尖った物体が?
↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
02katabami_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。

03katabami_08_2.JPG


なんと、実がついていました。
1月30日、菜の花と同じ日の撮影。
通例では、カタバミは春から夏頃まで開花し、秋口に実をつける。
たまたま遅咲きのものが枯葉の下で保温され、サイクルがずれたまま実をつけ、ついでに花まで咲かせてしまった??

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
04katabami_08_2.JPG


ま、いずれにせよ花部分だけは、春一番に認定~♪
それにしてもこの子は、このままオンシーズンも外れものとして、生きていくのだろうか?

今朝も渋谷は、雪がちらちら舞い降りています……。





←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

Posted at 12:16 | 季節の草花 | COM(5) | TB(0) |
2008.02.04

08年、路傍にて7。/雪化粧♪

00yuki_08_2.JPG


いや~、春一番シリーズの途中だというのに、昨日大雪に見舞われてしまいました。
家事手伝いに来ている父と、息子が風邪ぎみってことでここぞとばかりに一人で北鎌倉・鎌倉へ。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
01yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。

02yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
16yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
05yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
17yuki_08_2.JPG


初の出逢いのシロマンリョウは、いみじくも真っ白!
“ まず咲く ” マンサクも、雪景色での出逢いとなりました。


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。

03yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
04yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
07yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
08yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
09yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
10yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
11yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
12yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
13yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
14yuki_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
15yuki_08_2.JPG


電車がなかなか来ず難儀しましたが、同じように雪景色の鎌倉を記録しようと、カメラをぶら下げた方々も多かったです。

お馴染みの花々ですが、まあ、記録ですので……。





←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

Posted at 14:03 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2008.02.01

08年、路傍にて6。/春一番♪

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
00hakubai_08_2.JPG


【ハクバイ(梅)】
白梅。バラ科サクラ属。日本原産。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
01hakubai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
02hakubai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
03hakubai_08_2.JPG


梅は~咲い~~たか 桜~は~まだかい~な~~ 柳~なよ~なよ~風次第~~♪
山吹ゃ浮気で~ 色ばっかり しょんがいな~♪(冒頭抜粋)

まさにこんな気分でございます。

それにしてもこの有名な江戸端唄は、単に花見の唄だとばかり思っていました。
恋する旦那が花見酒にうつつをぬかし、なかなか会いにきてくれないことをぼやいている、吉原の花魁の恋心を唱ったものだったのね……。

↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
04hakubai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
05hakubai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
06hakubai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
07hakubai_08_2.JPG


↓画像をクリックすると大判写真が観れます。
08hakubai_08_2.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

Posted at 14:21 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。