--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.28

07年、路傍の草花68。

00jizou.JPG


本日のトップ画像は、鎌倉長谷寺の水子地蔵です。
それぞれの表情に、無事供養された水子の笑みが現れているようで、思わず撮ってしまいました。

さて、アップ予定の画像が、100点ほど渋滞しております。
サクサクいきます!



【ジンジャー】
縮砂、ハナシュクシャ(花縮砂)とも。ショウガ科シュクシャ属。東南アジア原産。
初登場。前回のクリーム色も綺麗でしたが、白花もいいですね♪
キューバの国花だそうです。
01hanashukusha_07_9.JPG


02hanashukusha_07_9.JPG


【シュウカイドウ】
秋海棠。シュウカイドウ科シュウカイドウ属。中国原産。
03shukaidou_07_9.JPG


04shukaidou_07_9.JPG


05shukaidou_07_9.JPG


IMG_7922.JPG


【タカサブロウ】
高三郎、モトタカサブロウ(元高三郎)とも。キク科タカサブロウ属。日本原産。
葉の形状などから、在来種(紀元帰化植物)のタカサブロウだと思われます。
アメリカタカサブロウはこちら。たぶんね……。
06takasabu_07_9.JPG


07takasabu_07_9.JPG


【アオチカラシバ】
青力芝。イネ科チカラシバ属。日本、東南アジア原産。
08aotikara_07_9.JPG


09aotikara_07_9.JPG


10aotikara_07_9.JPG


【チカラシバ】
力芝。イネ科チカラシバ属。日本、東南アジア原産。
11tikara_07_9.JPG


12tikara_07_9.JPG


13tikara_07_9.JPG


14tikara_07_9.JPG



【コスモス】
秋桜。キク科コスモス属。メキシコ原産。
15kosumosu_07_9.JPG


16kosumosu_07_9.JPG


17kosumosu_07_9.JPG


18kosumosu_07_9.JPG


【ツルマメ】
マメ科ダイズ属。日本(沖縄を除く)、朝鮮・中国・シベリア原産。
初登場。花部は3ミリぐらいです。この3枚しかまともに撮れませんでした。
ツルマメから、ダイズは食用に大きな実に改良されたそうで、だから大豆なんだって!
19turumame_07_9.JPG


20turumame_07_9.JPG


21turumame_07_9.JPG


【ヤマジノホトトギス】
山路の杜鵑草。ユリ科ホトトギス属。日本原産。
やっと、逢えました!
白地に赤紫の斑点が、素敵です♪
20yamajino_07_9.JPG


21yamajino_07_9.JPG


22yamajino_07_9.JPG


23yamajino_07_9.JPG


24yamajino_07_9.JPG


25yamajino_07_9.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪



スポンサーサイト

Posted at 16:28 | 季節の草花 | COM(2) | TB(1) |
2007.09.26

07年、路傍の草花67。

0000_07_9_25.JPG


昨夜は、中秋の名月。
いよいよ秋も深まってまいりました。

000ha_07_9.JPG


只今、忙しさの谷間。
その間隙を縫って、本日は、秋らしい花々で統一してみました♪



【シラハギ】
白萩。マメ科ハギ属。日本原産。
下のミヤギノハギの栽培品種とのこと。
00ha_07_9.JPG


02ha_07_9.JPG


03ha_07_9.JPG


04ha_07_9.JPG


05ha_07_9.JPG


【ミヤギノハギ】
宮城野萩。マメ科ハギ属。日本原産。
ヤマハギと違い、全体が枝垂れるのがミヤギノハギだそうです。
06ha_07_9.JPG


07ha_07_9.JPG


10ha_07_9.JPG


【キハギ】
木萩。マメ科ハギ属。日本原産。
これが、一番小さなハギでした。何枚撮ったことか……。
08ha_07_9.JPG


09ha_07_9.JPG


【ムラサキシキブ&シロシキブ(実)】
小紫式部&白式部。クマツヅラ科ムラサキシキブ属。日本原産。
以前、を披露しましたが、現在実がたわわ♪
11mura_07_9.JPG


12mura_07_9.JPG


12siro_07_9.JPG


13siro_07_9.JPG


14mura_siro.JPG


【シュウメイギク】
秋明菊、キセンギク(貴船菊)、キブネギク(貴船菊)とも。キンポウゲ科アネモネ属。日本、中国原産。
この花も、花弁のような萼から形成されています。花をつける茎には小さな葉しかないためか、なんとも優雅な浮遊感を醸しております。
15shumei_07_9.JPG


16shumei_07_9.JPG


17shumei_07_9.JPG


18shumei_07_9.JPG


19shumei_07_9.JPG


20shumei_07_9.JPG


21shumei_07_9.JPG


22shumei_07_9.JPG


23shumei_07_9.JPG


24shumei_07_9.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

Posted at 16:38 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2007.09.19

彼岸花、咲いた。/07年、路傍の草花66。

00higan_07_9.JPG


彼岸花咲きました。
今年は、周囲の水田脇や鎌倉の寺々で、咲き乱れております。

昔、埼玉県飯能市に住む知人宅を訪ねたおり、案内された河川敷で見事な群生を目撃したことがあります。
それほどの群生には未だ出逢っていませんが、今年は悲願の白花にも出逢いました。
では、ごゆっくりどうぞ。

【ヒガンバナ】
彼岸花、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)、死人花(しにびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)とも。
ヒガンバナ科ヒガンバナ属。中国原産。


01higan_07_9.JPG


02higan_07_9.JPG


03higan_07_9.JPG


04higan_07_9.JPG


05higan_07_9.JPG


中国からの帰化植物で、一株の球根から日本各地に株分けして広まったのだとか。
だから、雄株、雌株の区別がなく、種子で増えることがないそうです。

06higan_07_9.JPG


07higan_07_9.JPG


08higan_07_9.JPG


09higan_07_9.JPG


10higan_07_9.JPG


11higan_07_9.JPG


12higan_07_9.JPG


13higan_07_9.JPG


14higan_07_9.JPG


お彼岸の時期に咲くから、彼岸花。
しかし、全草有毒でアルカロイド(リコリン)を含むそうで、誤食した場合中枢神経麻痺により死に至ることもあるそうです。
そのため、食べた後は彼岸(死)しかない、ってことで彼岸花。
墓地に多いのは、虫除けのため。
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)は、法華経中の梵語に由来するそうです。

さくさく~っと、Wikipediaより引用しましたが、いずれにせよ、数々の異名を見ても“死”と関連付けられた名が多いですね。

僕には、徒花(あだばな)ってイメージがぴったりときます。





←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

Posted at 15:10 | 季節の草花 | COM(10) | TB(0) |
2007.09.14

07年、路傍の草花65。

00kosu_07_9.JPG

梨、葡萄、栗と、秋の味覚が美味しくなってきました♪
そして、過ごしやすい気温になってきました♪



【ワレモコウ】
吾亦紅。バラ科ワレモコウ属。日本、シベリア、ヨーロッパ原産。
花弁はなく、これは萼の集合だそうです。
お寺の境内なので、接写不可。どこかでリベンジしたいと思います。
蛇足ながら演歌(フォーク?)の世界では、今、すぎもとまさとの“吾亦紅”という歌が大ヒット中。
今年の紅白に出るかも。
01waremo_07_9.JPG


02waremo_07_9.JPG


03waremo_07_9.JPG


04waremo_07_9.JPG


【ジンジャー】
花縮砂、シュクシャ、コロナリウムとも。ショウガ科シュクシャ属。インド原産。
でっかくて、派手です!
05jinjyar_07_9.JPG


06jinjyar_07_9.JPG


07jinjyar_07_9.JPG


【ノブドウ(実)】
野葡萄。ブドウ科ノブドウ属。東アジア原産。
おお~っ! お菓子のような実ですね♪
はこんな感じでした。
08yamabu_07_9.JPG


09yamabu_07_9.JPG


10yamabu_07_9.JPG


【オオボウシバナ】
大帽子花、アオバナとも。ツユクサ科ツユクサ属。中国原産。
ツユクサの栽培変種だそうです。大きさは4センチ弱でした。
一枚目の画像中、苞部分に白い毛が生えています。大きさと毛が見分けるポイント。
ミッキーではなく、コアラな感じ♪
18oubousi_07_9.JPG


19oubousi_07_9.JPG


【オリーブ(実)】
モクセイ科オリーブ属。地中海原産。
無事、オリーブの木に実がつきました♪
採って、つまみにしたいところですが無理。実はこんな環境なんですよ。
14olive_07_9.JPG


16olive_07_9.JPG


15olive_07_9.JPG


17olive_07_9.JPG


【フヨウ】
芙蓉。アオイ科フヨウ属。日本、中国原産。
すぐそこに咲いているので、撮るのが遅くなってしまいましたが、花期は長いです。
20fuyou_07_9.JPG


21fuyou_07_9.JPG


22fuyou_07_9.JPG


23fuyou_07_9.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪

Posted at 14:49 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2007.09.12

07年、路傍の草花64。

IMG_6874.JPG


台風、秋雨前線と、雨続きでストックが減りぎみです。
小出しで、いきます。



【ヒヨドリバナ】
鵯花。キク科ヒヨドリバナ科。日本、朝鮮、中国原産。
無事、鎌倉鶴ケ丘八幡境内で、発見♪
それにしても、あの花は何なんだろう?
00hiyo_07_9.JPG


002hiyo_07_9.JPG


01hiyo_07_9.JPG


02hiyo_07_9.JPG


003hiyo_07_9.JPG


【シモツケ】
下野。バラ科シモツケ属。日本原産。
6月に撮ったシモツケが今頃?
最初は、憧れのシモツケソウかな? と思ったのですが葉が違いました。
検索したら、シモツケは初秋にも再び開花することがあると記述がありました。
03simotuke_07_9.JPG


04simotuke_07_9.JPG


05simotuke_07_9.JPG


06simotuke_07_9.JPG


【タマスダレ】
玉簾、ゼフィランサスとも。ユリ科ゼフィランサス属。南アメリカ原産。
今年は、一ヶ月前から開花を確認していました。
属名がユニークです!
他HPで検索しても、みな一様に雌しべが、中心から外れてオフセットしています。
初めて気がつきました。
07tamasudare_07_9.JPG


08tamasudare_07_9.JPG


09tamasudare_07_9.JPG


10tamasudare_07_9.JPG


11tamasudare_07_9.JPG


12tamasudare_07_9.JPG


【名称不明】
何方か、お知恵を下さい。
カメラが壊れたのかと心配しました。
なんせ、全くピンがこない!
植栽されていたので、園芸品種かと推測しますが、お手上げでございます。
13_07_9.JPG


14_07_9.JPG


ところで、アベちゃん、ケツまくっちゃいました……。
失礼。安倍総理、辞任しちゃいました。





←癒されましたか? ポチッとお願いします♪






Posted at 15:18 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2007.09.10

07年、路傍の草花63。(箱根編)

【マツムシソウ】
松虫草。マツムシソウ科マツムシソウ属。日本、朝鮮原産。
初登場。微妙な色合いで苦労しましたが、清々しいです。
04matumisisou_07_8.JPG


02matumisisou_07_8.JPG


03matumisisou_07_8.JPG


00matumisisou_07_8.JPG


【トウキ】
当帰、ヤマトトウキ(大和当帰)、オオブカトウキ(大深当帰)とも。セリ科シシウド属。日本、朝鮮、中国原産。
初登場。根を生薬として使うそうです。
06touki_07_8.JPG


07touki_07_8.JPG


09touki_07_8.JPG


10touki_07_8.JPG


11touki_07_8.JPG


【ハクチョウソウ】
白蝶草、ヤマモモソウ(山桃草)とも。アカバナ科ガウラ属。北アメリカ原産。
今年は、結局ピカピカのガウラには出逢えませんでした……。
12gaura_07_8.JPG


13gaura_07_8.JPG


【アゲラタム】
カッコウアザミとも。キク科アゲラタム属。メキシコ、ペルー原産。
見事な群生でした。
16agera_07_8.JPG


15agera_07_8.JPG


14agera_07_8.JPG


17agera_07_8.JPG


【タンジー】
コモンタンジー、ヨモギグサ(蓬草)とも。キク科シロバナムシヨケギク属。北ヨーロッパ原産。
今年も無事、出逢えました。大好きな花の一つ。
18tanji_07_8.JPG


19tanji_07_8.JPG


20tanji_07_8.JPG


21tanji_07_8.JPG


22tanji_07_8.JPG







←癒されましたか? ポチッとお願いします♪




Posted at 16:26 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2007.09.05

07年、路傍の草花62。(箱根編)

00otokoesi_07_8.JPG


今回の箱根行客は、小田原から登山電車を乗り継ぎ大湧谷でススキやイタドリなどを撮影。強羅温泉で一泊。
翌日、強羅からゴンドラを乗り継ぎ、芦ノ湖へ。
基本的に芦ノ湖湖畔の“芦ノ湖野草園”でほとんどの花を撮影しました。
山ひとつが、自然な状態の山野草で埋め尽くされ、大満足でした~♪
箱根編はあと2回続きますが、宜しくおつき合いくださいね。



【オトコエシ】
男郎花。オミナエシ科オミナエシ属。日本、朝鮮、中国原産。
オミナエシ(女郎花)に対しての名前で,オミナエシに比べて強壮(男性的)な感じがするからとのこと。いずれにしても初対面です♪
01otokoesi_07_8.JPG


02otokoesi_07_8.JPG


03otokoesi_07_8.JPG


04otokoesi_07_8.JPG


【ホトトギス】
杜鵑。ユリ科ホトトギス属。日本原産。
以前、タイワンホトトギスを披露しましたが、こちらは花弁が開ききらない在来種のようです。
05hoto_07_8h.JPG


06hoto_07_8h.JPG


07hoto_07_8h.JPG


【レンゲショウマ】
蓮華升麻。キンポウゲ科レンゲショウマ属。日本原産。
初登場! 綺麗です♪
08rensho_07_8.JPG


09rensho_07_8.JPG


10rensho_07_8.JPG


【ヤマユリ】
山百合、ヨシノユリ(吉野百合)、エイザンユリ(叡山百合)、ホウライジユリ(鳳来寺百合)とも。ユリ科ユリ属。日本原産。
まだ、箱根には咲いていました。ついつい撮ってしまいます。
11yayu_07_8.JPG


12yayu_07_8.JPG


【ツリガネニンジン】
釣鐘人参。キキョウ科ツリガネニンジン属。沖縄を除く日本、樺太、中国原産
これもお初! よく検索中に眺めていたので、出逢えて感無量。
13turigane_07_8.JPG


14turigane_07_8.JPG


15turigane_07_8.JPG


16turigane_07_8.JPG


【ツルボ】
スルボとも。ユリ科ツルボ属。日本、中国、朝鮮原産。
以前も披露しましたが、やっと群生に出逢い、美人に撮れました~♪
17turu_07_8.JPG


18turu_07_8.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪


Posted at 21:56 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2007.09.03

07年、路傍の草花61。(箱根編)

【キツリフネソウ】
黄釣船。ツリフネソウ科ツリフネ属。日本原産。
黄色のものは、初めてです♪
00kiturifune_07_8.JPG


01kiturifune_07_8.JPG


02kiturifune_07_8.JPG


【ツリフネソウ】
釣船草、ムラサキツリフネ(紫釣船)とも。ツリフネソウ科ツリフネ属。日本原産。
03turifune_07_8.JPG


04turifune_07_8.JPG


05turifune_07_8.JPG


06turifune_07_8.JPG


【ビロウドモウズイカ】
天鵞絨毛蕊花。ゴマノハ科モウズイカ属 。ヨーロッパ原産。
いわれるほど、葉の表面はビロウドじゃなかった。
でも、モウズイカの仲間を検索すると、どうもビロウドモウズイカのようである。
07mouzuika_07_8.JPG


08mouzuika_07_8.JPG


09mouzuika_07_8.JPG


10mouzuika_07_8.JPG


【ロベリア・シフィリチカ】
五色サワギキョウ、宿根ロベリア、インディアン・タバコとも。キキョウ科ミゾカクシ属。北アメリカ原産。
これも初登場♪
11roberia_07_8.JPG


12roberia_07_8.JPG


13roberia_07_8.JPG


14roberia_07_8.JPG


【ギンミズヒキ】
銀水引。タデ科ミズヒキ属。日本、東アジア原産。
以前のミズヒキの白花です。
でも、花弁の先端に赤い色が確認できます。
厳密には、ギンミズヒキではないのでしょうか?
でも、これはこれで、可愛いです♪
15ginmizu_07_8.JPG

16ginmizu_07_8.JPG


17ginmizu_07_8.JPG


【カリガネソウ】
雁草、ホカケソウ(帆掛草)とも。クマツヅラ科カリオプテリス(カリガネソウ)属。日本、中国原産。
初登場。在来種とは思えない、モダンな造作です♪
18kariganesou_07_8.JPG


19kariganesou_07_8.JPG


20kariganesou_07_8.JPG



【イヌゴマ】
犬胡麻、チョロギダマシとも。シソ科イヌゴマ属。日本原産。

今年はお初ですね♪
22inugoma_07_8.JPG


23inugoma_07_8.JPG


24inugoma_07_8.JPG


25inugoma_07_8.JPG






←癒されましたか? ポチッとお願いします♪



Posted at 17:16 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。