--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.11.30

蕎麦好きの、シャクチリソバ観察記。

00sodesuka.JPG


蕎麦好きです!
まあ、noodlesですから麺類なら全て好きなわけですが、そもそも僕の麺好きは蕎麦から入ったようなものである。
20代のときは、ほうぼうの蕎麦屋を食べ歩いた。週末に作務衣を着けて蕎麦打ちするほどの重傷ではないが、蕎麦つゆはプロ用の文献を捲って体得したほどなのだ。(※僕の料理も観にきてね
そんな僕が10月に会社近所の某公演でソバの花を発見、撮影し、ブログに更新した。
ところが、先輩から「ちょっと、マッタ~!」コールがかかった。
で、実がついたら真偽が判明するのではないか? と思い、じっと待っていました。
そして再訪したところ、おお! ソバの実が~~!!
02sodesuka.JPG


03sodesuka.JPG


04sodesuka.JPG


05sodesuka.JPG


06sodesuka.JPG


07sodesuka.JPG



しかし、である……。
勿論、自分でもかなり調べてみた。
やはり先輩の助言どおり、ソバはソバでも“シャクチリソバ”ではないか? 
シャクチリソバ(赤地利蕎麦)、タデ科のソバ属。別名、宿根ソバともヒマラヤソバともいうそうで、インド・チベット・中国原産。
御本家の蕎麦は一年生で、種蒔きから2ヶ月あまりで実をつける。
シャクチリソバは塊根状の地下茎が越冬する多年生である。
いわゆる蕎麦や韃靼蕎麦のルーツだとされ、原産地では実をそば粉として、葉も食用されるそうだ。蕎麦よりもルチンが豊富だともてはやされる韃靼蕎麦よりも、さらに含有量が多く日本でも薬用、あるいはそば粉としても栽培されてきたため野生化したと考えられるらしい。

じゃ~、やっぱり蕎麦でいいじゃん! なのであるが、それでもシャクチリソバ(赤地利蕎麦)なのである。
では、決定的証拠写真を見ながら整理してみよう。

●シャクチリソバは背丈があり、1メートルほど ←当っている。
●シャクチリソバ(赤地利蕎麦)というだけあって、茎の根元が赤い ←???
●前述した塊根状の地下茎は? ←あるある!!

01sodesuka.JPG


08sodesuka.JPG


塊根状の地下茎で決定的ですね、間違いなくシャクチリソバ(赤地利蕎麦)です。

注)一昨日、“自然の摂理”などとカッコいいことをいってしまいましたが、あくまで僕の蕎麦好きからくる“食への探究心”から、根っこを引っこ抜いてしまいました(ごめん)。

いやはや、根っこを調べないと判別できないとは、やはり“タデ科”の植物には泣かされる。
まあ、よ~く考えたら公園の遊歩道脇に毎年誰かが蕎麦の種を蒔いてるはずもないしね。


でもさあ、この実がいったい何個あれば……、
09sodesuka.JPG

赤地利蕎麦のせいろになるのかなあ……。
10sodesuka.JPG


スポンサーサイト

Posted at 17:34 | 季節の草花 | COM(11) | TB(0) |
2006.11.28

厄介者は、いったい誰なんだ?

【セイタカアワダチソウ】キク科。アキノキリンソウ属。北アメリカ原産。
00seitaka.JPG


すっかり肌寒くなり、もう眼にすることがなくなったセイタカアワダチソウ。
つい最近まで線路脇や駐車場、空き地とあらゆるところに繁殖し、背丈の長いものは3メートルを越すものもあり、意識せずとも晩夏から秋にかけてご覧になった方も多いはず。

01seitaka.JPG


北アメリカ原産の帰化植物で、第二次世界大戦後に急速に広まったそうだ。
もとより観賞用として入ったとか、諸説あるようだが蜜源植物として優秀だったために養蜜業者が積極的に種子を散布したという話もあるらしい。
花粉を舞い散らせるのではなく、蜜蜂などによって花粉を媒介させるのだが“花粉症”の元凶であるなどと流布されたこともあり“厄介者”の烙印を捺されている哀れな植物だ。

02seitaka.JPG


僕が足繁く通う自然保護区でも、このセイタカアワダチソウを絶やし、ススキを増やす試みをしており、入園者に伐採を呼びかけたりしていた。
しかし特定外来品種として扱われているわけでもなく、確かにいたるところで群生するセイタカアワダチソウは、ススキの群生を凌駕するいきおいではある。
ススキの方が風流に観えるのはわかるが、夏の終わりの強い日差しの中、鮮やかな黄色の花部と緑の茎・葉は眼を観はる美しさを放っていると、僕は思う。
実際、米国ケンタッキー州では、セイタカアワダチソウは州花だったりする。

03seitaka.JPG


セイタカアワダチソウは種子だけではなく地下根茎からも増殖するため、大繁殖する。
地下根茎からはアレロパシーという物質を分泌し、ススキやブタクサなど他の植物の発芽を強力に抑制するのだそうだ。
しかし、このアレロパシーが土中にたまり過ぎるとセイタカアワダチソウ自体も中毒を起こすそうで、何年か経つとススキなどに取って変わることもあるという。

04seitaka.JPG


05seitaka.JPG


旺盛な繁殖力を、自ら抑制する節度も持ち合わせているのである。
だから“厄介者”セイタカアワダチソウは、分をわきまえた植物であるともいえる。
最近では背丈の短いものも増えており、むやみに表土が流出することを抑制する貢献度もある。
住宅をフェンスのように覆ってしまう故、防犯上迷惑だといってもそれは人間のエゴでしかない。
人間だって増え過ぎると、“戦争”という愚かな自己淘汰をするではないか。
自然を克服することに全精力を費やして来た人類に、セイタカアワダチソウは真の“自然の摂理”を説いているような気がしてならない。







Posted at 13:10 | 季節の草花 | COM(10) | TB(0) |
2006.11.24

フラワーセンター大船植物園6。

【サルビア・ファリナセア】
シソ科。北アメリカ、メキシコ原産。
01saubiafarinasea1.JPG


02saubiafarinasea2.JPG


【ダイモンジソウ】
大文字草、ユキノシタ科。日本、中国原産。以前撮ったピンクのはこちら
06daimonjisou_ofu.JPG


【ナデシコF1テルスター】
撫子、ナデシコ科。
03nadesikoF1_1.JPG


04nadesikoF1_2.JPG


05nadesikoF1_3.JPG


【サザンカ】
山茶花、ツバキ科。日本原産。路傍のものは状態の悪いものばかりでしたが、何とか撮れました。
07sazanka1.JPG


08sazanka2.JPG


09sazanka3.JPG


【ナンテン】
南天、メギ科。中国原産。実がありませんでしたが、紅葉していました。
10nanten.JPG


【フユザクラ】
冬桜、バラ科。日本原産。
11fuyuzakura.JPG


【オオジシバリ】
大地縛り、キク科。日本原産。
12ohjisibari.JPG



前回に続き、大船植物園の花です。
またもや春のオオジシバリが、もう咲いていました。
「それにしても、春にもちゃんと咲いてくれるんだろうね?」




Posted at 18:08 | 季節の草花 | COM(4) | TB(0) |
2006.11.21

フラワーセンター大船植物園5。

【パンパスグラス】
シロガネヨシ(白金蘆)、アルゼンチン、ブラジル南部原産。
01panpasugurasu.JPG


【ベニバナイチゴノキ】
紅花苺の木、ツツジ科。
02benibanaitigo.JPG


03benibanaitigo2.JPG


【タイワンツバキ】
台湾椿、ツバキ科。ベトナム、台湾、中国原産。
04taiwantubaki.JPG


【ヒャクニチソウ・キューピット】
百日草、キク科。メキシコ原産。
05hyakuniti1.JPG


06hyakuniti2.JPG


07hyakuniti3.JPG


08hyakuniti4.JPG


【ブロワリア・トムサム・ディープブルー】
ナス科。コロンビア原産。
09burowaria.JPG


【テイオウダリア】
帝王ダリア、キク科。メキシコ、コロンビア原産。
10teioudaria.JPG


【アサガオ】
朝顔、ヒルガオ科。中国、東アジア原産。
11asagao_ofu.JPG


【ソバ】
蕎麦、タデ科。チベット、中国原産。
12soba_ofu.JPG


13soba2_ofu.JPG



菊展で賑わっていたフラワーセンター大船植物園の常設の草花です。
10月末と11月中旬の2回分をまとめました。
そろそろ路傍の草花は乏しくなってきましたが、植物園ではまだ元気な花がいっぱいです。




Posted at 16:00 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2006.11.17

秋の華、菊2。

【バーレクィン】
00barrekuin.JPG


【ドラマティック】
02doramateikku.JPG


【ダックス】
03dakkusu.JPG


【フィデサ】
04fidesa.JPG


【ジェム】
05jemu.JPG


【サーモングランス】
06sarmonguransu.JPG


【パプリカ】
07papurika.JPG


【ファンシャイン】
08fanshain.JPG


【江戸菊下谷詩人】
09edogiku_simoyasijin.JPG


【ポリッシュマーブル】
10porisshumarburu.JPG


【ピンクマーブル】
11pinkumarburu.JPG


【古典菊】
12kotengiku.JPG


【食用菊 もってのほか】
12mottenohoka.JPG


【小菊(盆栽)】
13kogiku1.JPG


14kogiku2.JPG


15kogiku3.JPG


16kogiku4.JPG


17kogiku5.JPG




000kikuten.JPG


先日お伝えしたフラワーセンター大船植物園の菊展で、各賞が決定したとのことで先週末行ってきました。文部大臣賞とか色々ありましたが、僕には皆似たように見えてどこが優秀なのかわかりませんでした。
薔薇園(昨日更新)も素敵でしたが、まだまだ小菊の様々な品種がありましたので、一気にご紹介します。ごゆっくりどうぞ……。



Posted at 12:00 | 季節の草花 | COM(8) | TB(0) |
2006.11.15

悟りの仙人、降臨なり。

さて、9月初旬に発見したセンニンソウ。
このときは、草花世界に未熟な僕には未だ名前の由来が飲みこめていなかった。
01se.jpg


そして、9月下旬に髭がはえ、仙人に変貌した姿を発見。
そのとき色々調べたが、この仙人はさらに悟りの境地へと達観すると知り、以来そのお姿になるのをじっと見守ってきた。
そう、この仙人は浮き世に身をやつし、菩提樹の下で悟りへと向かう若かりし仏陀同様、修行途中であった。
02se.jpg


13se.jpg


先週日曜、限りなく澄み渡り、地平線に沿って雲が這いつくばる、なにやら“あのお方”の降臨を予感させるような神秘的な蒼空の下……。
00se.JPG


03se.JPG


04se.JPG


05se.JPG


06se.JPG


07se.JPG


08se.JPG


09se.JPG


ヘクソカズラくんも実となり、仙人様が興ずる蹴鞠となりけり……。
10se.JPG






どうですか!!
達観した老仙人様達が、浮き世の戯れ言をあざ笑うかのように乱舞していましたよ!

この仙人が“仙人草”と同調して観えるかどうかは、貴方のイマジネーション次第なり。
11se.jpg


【センニンソウ】
仙人草、ウマクワズ(馬喰わず)とも、キンポウゲ科。日本、中国原産。
毒草であるが、漢方として珍重され扁桃腺を患う方が必死で探しまわる草花でもある。





Posted at 17:53 | 季節の草花 | COM(12) | TB(0) |
2006.11.14

薔薇の華。

【トーナメント・オブ・ローゼス】
01tournament of roses.JPG


【紫雲】
02shiun.JPG


【タイムレス】
03timeless.JPG


【サマー・ウィンド】
04summer wind.JPG


【コンラッド・ヘンケル】
05konrad henkel.JPG


【ソリドール】
06soledor.JPG


【連弾】
07rendan.JPG


【マーガレット・メリル】
08margaret merril.JPG


【オレンジ・メイアンディア】
09orange meillandina.JPG



フラワーセンター大船植物園、第2段。
園内のバラ園は約350種、1200株のバラに360度視野で取り囲まれている。
春は未だあまり興味がわかなかったが、何故か今回は撮ってみたくなった。
先週末、独りで行ったので息子に邪魔されずにじっくり回れたこともあるかも知れない。
既に終わりかけのものが多かったのですが、状態の良いものをピックアップしてみました。
まあ、相変わらずの接写主義ですが、ごゆるりと……。




Posted at 17:17 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2006.11.10

秋の華、菊。

【大菊(厚物)】
直径18センチ以上のものを大菊と分類するそうです。
00ogiku.JPG


【大菊(管物】
01ogiku2.JPG


02ogiku3.JPG


【古典菊】
03kotengiku.JPG


04kotengiku2.JPG


05.JPG


【小菊】
07kogiku.JPG


08kogiku.JPG


【コスモス】
09kosumosu_f.JPG


【コスモス(ピコティ)】
10pikotei.JPG


【コスモス(キャンディコスモス)】
11kyandeikosumosu.JPG


【コスモス(八重咲き)】
12yaezaki.JPG


【コスモス(センセーション白)】
13senseishjon.JPG


【コスモス(丁字咲き)】
14choujizaki.JPG


【コスモス(イエローキューピット)】
15yeroukyupitto.JPG



先日、フラワーセンター大船植物園に行った。
偶然、菊の大イベントが開催されており、いつもは静かな植物園がたいそう賑わっていた。
厳密にいうと、菊のルーツは中国だそうで3000年の歴史を誇り、改良されたものが奈良時代中期に遣唐使などによって日本に渡ったといわれる。
本日は全国の愛好家の方々の労作と園内に咲き乱れる菊、同じキク科のコスモスをピックアップしてみました。


Posted at 14:36 | 季節の草花 | COM(8) | TB(0) |
2006.11.09

路傍の草花24。(息子の花デビュー付き)

【ニシキギ】
錦木、ニシキギ科。日本、中国原産。
00.JPG


【ダイモンジソウ】
大文字草、ユキノシタ科。日本、中国原産。とある蚤の市で鉢植えで売っていたものです。
01.JPG


【キク(ベルギーマム)】
キク科。アメリカで品種改良された洋菊。
02berugi-_mamu1.JPG


03berugi_mamu2.JPG


【キク】
菊、キク科。日本原産。
04kiku1.JPG


05kiku2.JPG


06kiku3.JPG


【エボルブルス】
アメリカンブルーとも、ヒルガオ科。北、南アメリカ、東南アジア原産。
07eboruburusu1.JPG


08eboruburusu2.JPG


【クコ】
枸枯、ナス科。中国原産。あのクコの実のクコ。路傍にぽつんと生えていました。
09kuko.JPG



【マリーゴールド】
キク科。メキシコ原産。夕暮れ時に撮影。9月末に撮ったものはこちら
10mari_gorudo.JPG


【キンシバイ】
金糸梅、オトギリソウ科。中国原産。また咲いていました。6月初旬に撮ったものはこちら
11kinsibai_d.JPG


【トサミズキ】
土佐水木、マンサク科。日本原産。春のものが早咲きしてるようです。
12sosinroubai.JPG


13sosinroubai2.JPG


【シロザ】
アカザ科。ヨーロッパ原産。食用になるそうです。
14IMG_7578.JPG


【ヤツデ】
八手、ウコギ科。日本原産。
15yatude1.JPG


16yatude2.JPG



いや~、今回は花名検索に難儀しました。

ところで、ついに小学5年の息子が花探しに文句をいわなくなったんです!!
不意に思いついて、散歩に出かけるときに息子にも以前使っていた古いデジカメを持たせたんですよ!
息子は車が好きで、国産車の名前は全ていえるほど。
で、○○○くんも走っている車とか、駐車している車の写真でも撮れば? ってな感じで誘ったわけです。
後日、どこかでなんと花の写真を撮ったらしく自慢げに見せるんですよ~!
「どう? お父さんより上手いでしょ?」
17higan_musuko.JPG

多分ヒガンバナ(白花)の終わりかけだと思うんですが?
たった一枚しか撮ってないので、わからないよ~、これじゃ……。


追記)たった今ゴローさんからのコメントで、判明しました!
※息子の花は、【ハマユウ】浜木綿、ヒガンバナ科。熱帯アジア原産。





Posted at 17:07 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2006.11.07

紫陽花の思い出。

000aji.JPG


【ウズアジサイ】渦紫陽花、ユキノシタ科。
00aji.JPG


01aji.JPG


03aji.JPG


04aji.JPG


05aji.JPG


06aji.JPG


07aji.JPG


08aji.JPG


09aji.JPG


10uzuajisai.JPG


11aji.JPG



【ヒメアジサイ】姫紫陽花、ユキノシタ科。
12aji.JPG


13aji.JPG


14ajisai1.JPG


15aji.JPG



我が家の夏の思い出。
庭に家内の実家からもらってきた紫陽花を、挿し木したのは何年前だったろうか?
数年を経て、大輪をつけるようになったが昨年まで全く記憶がない。
今年の春まで、いかに僕が花なんぞ意識の外だったかが思い知らされる。
そんな荒んだ僕が、今年は夢中で庭の紫陽花を観察していたのだから、人間変われば変わるものだ。
紫陽花といえば、子供の頃北海道の自宅の庭にもあり、中学一年から油絵を始めた僕はよく庭の紫陽花を描いていた記憶がある。同時にマーガレットも描いていたな……。
けっこう、花好きだったのか? 俺。
で、この夏庭で日々の紫陽花の様子を撮り貯めたものを披露します。

注)昨日からワン・テーマのストック画像になっておりますが、他意はなく、単に現在新しい花画像の名前検索に難儀しているということで、ひとつよしなに……。

かくして、我が家の紫陽花はウズアジサイとヒメアジサイという最もポピュラーな2種だったことが、今更判明したわけであります。
いやはや。




Posted at 16:48 | 季節の草花 | COM(6) | TB(0) |
2006.11.06

鳴かないホトトギス。

00hototogisu_itati.JPG


01hototogisu_itati2.JPG


03hototogisu_itati3.JPG


04hototogisu.JPG


05hototogisu.JPG


06hototogisu.JPG


07hototogisu.JPG


08hototogisu.JPG


09hototogisu.JPG


10hototogisu.JPG


11hototogisu.JPG


12hototogisu.JPG


13matukazehototogisu.JPG


14matukazehototogisu2.JPG



僕が草花に興味を持つようになって、この秋魅了されてしまった一つ、ホトトギス。
山、林、民家の庭など、あちらこちらで観察できます。
そんなわけで毎週末の花探し散歩で、出逢ってきたホトトギス画像です。
白花、黄花、様々な品種もあるようで、僕の撮ったものも園芸の世界では細かい分類があるようですが、そこまでの智識も持ち合わせていないのでひたすら並べてみます。
よく視ると、色味や花弁の形が微妙に違ったりします。
斑点模様が苦手な向きもあるようですが、なかなか風情のある花だと思います……。

【ホトトギス】杜鵑、ユリ科。




Posted at 18:31 | 季節の草花 | COM(14) | TB(0) |
2006.11.02

はじめまして。(路傍の草花23)

00sora_k.JPG


【ワタ】
綿、アオイ科。インド、中南米原産。
開花直後は白、その後薄いクリーム色になり、さらにピンクになるそうです。
01wata.JPG


02wata2.JPG


03wata3.JPG


04wata4.JPG


【リンドウ】
竜胆、リンドウ科。日本原産。
05rindou_tera.JPG


06rindou2_tera.JPG


【ヒメツルソバ】
姫蔓蕎麦、タデ科。インド北部、ヒマラヤ原産。
07himeturusoba.JPG


【ヒメツルソバとリンドウ】
08himeturu&rin.JPG


【コスモス】
キク科。メキシコ原産。
09kosumosu_tera.JPG


10kosumosu_tera2.JPG


【クワクサ】
桑草、クワ科。
11kuwakusa.JPG


【ヤマザクラ】
山桜、バラ科。日本原産。
12yamazakura.JPG


【キツネノマゴ】
狐のまご、キツネノマゴ科。日本、東南アジア原産。
13kitunenomago_k.JPG


【トラデスカンティア シラモンタナ】
ツユクサ科。メキシコ原産。
一目でツユクサの仲間だとわかりましたが、下を噛みそうな名前。
園芸種としてはシラユキヒメ(白雪姫)、流通名はホワイトベルベットだそうです。
14totadesukanteia siramontana.JPG


15totadesukanteia siramontana2.JPG


【ジュウガツザクラ】
十月桜、バラ科。日本原産。
16jyugatuzakura.JPG


【ススキ】
薄、イネ科。
17susuki_tera.JPG



はじめまして。
本日から、こちらのサイトにて日々出逢った草花を更新することになりました。
過去の記事は管理人の姉妹サイト『レッドストライプ』内のカテゴリーを一部修正して再掲載したものです(プロフィール欄参照)。
何分4月から突然、路傍の草花に取り憑かれた素人です。
花名検索には細心の注意をはらっているつもりですが、間違えなど発見されましたら厳しくコメントにてご指摘いただけると幸いでございます。
この日記はnoodles3こと、僕の草花との出逢いと記録(撮影)による癒しをテーマとしております。
ご覧になったみなさんも癒されていただければ、この上もない励みになります。
ではでは。




Posted at 15:56 | 季節の草花 | COM(14) | TB(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。